tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

忘れていた気持ち…<つかつく>  5.




<司side>


あいつが、働いて居る会社に、プロジェクト会議を遂行する様に連絡を入れた。


「明日、プロジェクト会議を遂行したい‼
 予定を頼んだ‼」
“賜りました。”
「後、其れから…。
 専務の第2秘書が、優秀だと、聞いた。
 うち(道明寺HD)との仕事の間、俺に就かせてくれ‼
 大阪の事は、分かって居る様で、分からねぇ所も有る。
 なので、俺の世話役に就けてもらいてぇ‼」
“賜りました。
 専務に、申し伝えさせて頂きます。”


此れで、取り敢えず、あいつも、プロジェクト会議には、出席してくるだろう。


勿論、プロジェクト会議は、あいつの会社で行う。


俺が、あいつの会社に行く等、普通は考えられねぇだろう?


しかし、例え、うち(道明寺HD)で、会議を遂行したとしても、あいつが居ねぇんじゃあ、意味がねぇんだよ。


別に、あいつの会社じゃねぇと行けねぇって、訳でもねぇ。


唯、あいつが、俺には、必要なだけだ‼


だから、じわりじわり、あいつを追い詰める為に、俺は、此の会社と提携打診してんだ。


あいつを俺の手元に入れ込んだ後は、将来的には、あいつが、現在、勤めてる此の会社を傘下に入れる予定では有るが…。



<つくしside>


またもや、専務に呼び出されていた。


嫌な予感しかしなかった。


そして、私は、専務の部屋の前に来ていた。


【コンコン】…つくしが、ドアをノックした。


「牧野です。」
「どうぞ、入ってぇ~。」


入って直ぐ、専務は、上機嫌で、私に対面していた。


「つくしちゃんに頼みが有んのよ‼」


如何も、私の嫌な予感は的中したらしい。


「如何言った用件でしょうか?」


専務は、笑いながら、言って来た。


「つくしちゃん…(笑)。
 そんな怖い顔で、私を見んといてよ?
 言い辛いやろ?」


私は、まだ、内容を聞いた訳じゃないけど…。
一応、謝った。


「申し訳ありません。」


其処で、専務は、話しを進めて来た。


「でね、例のプロジェクト、本格的に始動するらしいんよ。
 その相手企業の支社長さんからなぁ…。
 つくしちゃんを、“お世話役に就けて欲しい‼”って、打診が有ったらしいんよ。
 今度は、お見合いとちゃうから、ええやんねぇ?
 仕事やし…。」


私は、心の中で、溜息しか出なかった。


“はぁ~。”


けど、これも、私にとっては、仕事‼


だから、受け入れるしかなかった。


「承知しました。」


専務は、間髪入れずに、話しを繋いできた。


「ほな、明日、会議やねんて。
 其のつもりで居って(おって)なぁ。」
「………」


私は、専務に、何も言えなかった。



そして、次の朝、プロジェクト会議が始まるまでに、会議室を準備して、余念がない様に、整えて、一旦、会議室を後にしていた。


そして、私は、プロジェクトが始まる時間までには、会議室に入り、一番後ろの席で、先方様が、入って来られるのを、じーっと、待って居た。


そして、私の眼は、『目が点』に成ってしまった。


此れは、如何言う事…?


現在の道明寺HDの支社長は、確か、道明寺HDの役員の筈…?


如何して、道明寺が此処(つくしの会社)に居るの?
如何しても、分からなかった。


私は、プロジェクト会議中、殆んど、頭に何も入って来ない程、動揺してしまっていた。


私は、心の中で、叫んでいた。


“頭にスーッと、何も入って来ない。
 如何しよう‼”と…。


普段の私からしたら、有り得ない事。


会議中に、全ての事を把握する事は、秘書の勤め…。


其れが、何も入って来ない何て…。


それ程、私は、動揺していた。



後で、分かった事だったのだが…。


専務は、道明寺HDの初回の担当者は、『支社長』だと、認識していたらしい。


『副社長』と、聞いて居れば、“此の件は、断って居たかも知れないのに…。”と、心の中で、叫ぶしかなかった私が、其処には居たのだった。



<司side>


俺が、会議室に入って来た時のあいつの驚愕した顔は、面白かった。


瞼が見開き、瞳(め)が、落ちて来そうな程に成ってんぞ‼


まあ、無理もねぇだろうな?


予期してねぇ事だろうから…な。



で、初回のプロジェクト会議の終了後…。


俺は、社長から、あいつを紹介された。


『俺の女』、何だから、良~く知ってんだが…な。


「道明寺副社長…。
 此方が、私共の秘書課の牧野と申します。」


で、あいつに俺は、紹介された。


だから、俺は、あいつと、“打ち合わせしてぇ‼”と、言って、社長には、席を外させた。


丁度、西田は、社長の秘書と、今後の日にちの遣り取りで、席を外して居たので、良いタイミングだった。


で、社長が、退席をした後、俺は、会議室の部屋のドアのカギを閉めて遣った。


あいつは、会議後の後片付けをして居る様で、俺の動きには、気付いて居ねぇ様子だった。


だから、俺は、あいつに近付いて、声を掛けて遣った。


「久し振りだな‼
 元気だったか?」


あれからも、SPをあいつに就けてんだから…。
あいつの動きは、何もかも、知ってんだけど…な。


一応、そう言って、つくしに声を掛けて遣った。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。