tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

NYで会えるなら…<つかつく>  2.



つくしと進は渡米後、おじさんの籍に入り、養子となり、つくしは、大学を英徳大学からNYの大学に編入し、進もNYの高校に編入した。
つくしと進は、NYではおじさんの計らいで、語学(英語は勿論、フランス語・イタリア語・ドイツ語・中国語)を修得し、マナーも学ばせてもらい、英才教育を余す事無く受けさせて貰って、セレブの仲間入りをしていた。


おじさんの名前は…『ロバート・クラウン』
         『クラウン・コーポレーション』のCEO
         (最高責任者も兼ねている。)
         日本で言う所の『クラウン財閥』が前進となる。


つくしのアメリカ名を『ミッシェル・クラウン』とし、既に、大学に通いながら、経営の勉強をする為、クラウンCEOの秘書として働き始めていた。
アメリカ企業での『ミッシェル・クラウン』としての評価は鰻上りで有るが、誰も、『ミッシェル・クラウン』の存在を知らなかった。
将来的には、つくしを『COO』にしようと、クラウンCEOは画策していた。
つくしが、経営に加わる様になってからは、業績も著しく顕著に良い方向に現れ出していた。


また、進のアメリカ名を『ケイン・クラウン』とし、現在は、学業に徹しているが、将来的には、『クラウン・コーポレーション』の担い手として、成長する事となる。



一方で、道明寺HDは、司の頑張りで、道明寺会長が倒れてからも持ち堪える事が出来、業績も安定していた。
やっと、つくしと、向き合えると思っていた時、類がNY出張の折り、司を訪ねて来た。


類から、つくしの失踪を聞いた司は、落胆し、楓に如何いう事なのかと、確認した。


司は、楓の『全てはあなたの為にした事』と、言いながら、楓が話しした全ての言葉に、『今までの頑張りは何だったのか?』と、自分自身で、自分を解釈する事が出来ず、殻に閉じ籠り、表情を表に出す事が出来ず、冷徹人間に成り下がってしまった。


楓の助言は一切、聞かず、暴走する余り、司の評価は、ダダ下がりと成り、誰も手を付けられなく成ってしまった。


この事態を知った道明寺会長は、つくしを調べ上げた。
そして、嘗てのつくしの論文を、フォーラムが行われた会場で聞いていたという、日本支社の専務に道明寺会長は、確認を入れていた。


「その当時、素晴らしい学生が居ると、楓社長に報告書を提出しております。
 今直ぐにでも、取り込む事をお勧めすると、申し伝えております。
 しかしながら、その件に関しては、“私(わたくし)に任せて欲しい。”と、仰り、それ
 以降、話しは進んでいなかったかと、記憶しておりますが…。」


と、言う事だった。


“如何いう事だ。”と、道明寺会長は、首を捻るしかなかった。
自分が倒れてから現在まで、経営に関しては楓社長に一任して来た。
しかも、身体に良くないからと、会社の情報は道明寺会長の耳には一切、入らない様に成っていた。


“これがこの結果か?”と、楓は道明寺会長より、罵倒されていた。
もう、楓の力では成すすべも無かった。



楓の思惑通りに進んでいた筈だったのだが…



楓は、この失態に寄り、夫で有る道明寺会長の信頼を失墜させる結果となってしまった。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。