tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  8.



<あきらside>


ここ最近、桜子が俺を避けてるような気がするのは、俺の気のせいか?
否、強ち間違っていないと、思うんだが…。


「類、ここ最近、俺、桜子から避けられてると思わねぇか?」
「やっぱり、あきらもそう思うんだったら、そう何じゃない。
 俺も気に成っていたんだよね。」
「やっぱ、そうか⤵。
 桜子に気付かれたかもな⤵。」
「そうだと思うよ。
 じゃなきゃ、辻褄が合わないもん。」
「だよな⤵。」


はぁ~⤵。
何で、バレてんだぁ~??


まさか、牧野??
司に探りを入れてもらうか?


司にTELを入れた。


「司、牧野、其処に居るんか?
 居るんなら、別の所で、話ししてもらえねぇか?」


牧野には聞かれたくねぇから、司には移動してもらった。
多分、司は牧野から疑いの眼差しで見られるだろうがな…。
許せ、司‼


「ああ、分かった。
 ………、移動したぜ。
 如何したよ?」
「司、頼みが有んだ。
 多分だけどよ、牧野から桜子に、俺の気持ちがバレてんだよ⤵。」
「それって、マジなのか?」
「『見た感じ』だけどな⤵。
 類もそう言ってる。」
「類がそう言うなら、マジっぽいな。
 で、俺は何を遣れば良い?」


司にしたら、呑み込みが早ぇな?
お前もかなり、牧野に遣られてるからか?


「牧野に探りを入れて欲しいんだ。」
「ああ、分かった。
 マジ、つくしだったら、あきら、済まん。」
「まあ、何れはバレる事だからよ⤵。
 でもよ、バレるなら、自分の口から言いたくてよ⤵。」
「そりゃあ、そうだよな⤵。
 マジ、済まん。」
「司から、謝られても…よ。
 何も答えられねぇよ。」
「だよな⤵。
 取り敢えず、つくしに探り入れるわ。」
「頼むな‼」


そう言って、司とのTELは切った。


司、頼んだぜ‼





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。