tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  7.




つくしの実家は、所謂、牧野財閥は、日本5大企業の一つに数えられる為、つくしは、中々、真の友人には巡り合う事が出来ずに居た。



*現在の日本5大企業とは…


1位…道明寺HD(道明寺財閥)


2位…牧野コーポレーション(牧野財閥)


3位…花沢物産


4位…美作商事


5位…大河原グループ(大河原財閥)


と、なっている。


僅かの差では有るのだが、6位に藤堂商事も続いている。



道明寺家に近付く事は簡単ではないが、牧野家は柔らかい人種が多いと言われていた。


その為、つくしに近付く事が、企業繁栄の為と、親御さんが自分の子供に、“つくし様と友達に成って、気に入られて来い‼” と、幼少期の頃より、教えられているようだった。


此れでは、つくしは、真の友人どころか、知り合いさえも出来ずに居たので有った。


そんな時だった。


つくしは、有る出会いをしていた。
この出会いのお陰で、つくしは、真の親友の存在を知る事に成ったので有る。


その出会いとは…。



西門家 長男 祥一朗の一本のTELから始まっていた。


「かよさん、久し振りだね。」


祥一朗は実家で有る西門家にTELを入れていた。


「まあまあ、祥一朗様ではございませんか?」


『かよさん』とは、西門家に古くから仕えてくれている使用人頭である。


祥一朗は、かよにお願いをしていた。


「かよさんに頼みが有るんだけど…。
 頼まれてくれないか?」


滅多にお願い事等しない祥一朗に不思議がりながらも、話しを聞いていた。


「まあ、私に如何いった頼み事でしょうか?」
「お茶の先生を紹介して欲しいんだ。」


かよは、更に、祥一朗に対して驚愕さを滲ませて聞いていた。


「まさか、祥一朗様が為さる訳ではございませんよね?」
「そりゃそうだろ。
 お茶の世界から逃げた人間がすると思うか?」


かよは、更に、祥一朗に対して怪訝さを滲ませていた。


「では、如何いう意図がお有り何でしょうか?」


祥一朗はやっと、本題を話し出した。


「実は、俺の知り合いの妹さんが高校生で、通っている高校の選択授業でお茶の稽古の授
 業が有ったらしいんだ。
 初めてお茶の稽古を受けて、茶道に感銘を受けたらしいんだよ。
 高校だから、稽古と言っても授業での範囲内だから、簡略的らしいんだ。
 きちんとした形で習ってみたいそうなんだけど、何処に聞けば良いか分からないし、学
 校に聞くのは本人が嫌らしくて、知り合いから俺に相談されたんだよ。
 だから、かよさんから先生を紹介してもらえたらと思ってね。」


話しを聞いて、かよは納得していた。


「まあ、そう言うお話しでしたら、考えてみますよ⤴。
 また、ご連絡します。」
「了解‼
 宜しく頼んだよ、かよさん‼」
「承知しました。」


取り敢えず、かよは、祥一朗の頼み事を聞いてみる事にした。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。