tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もう一度、取り戻す…<つかつく>  4.





つくしが道明寺HDに出向して居る事が司にバレたのは…。


ある日の事だった。
司が日本に帰国して居ると聞いたあきらが司にTELを入れて来た。


「よう、司、日本に帰って来たんだろ?
 何年振りだぁ…、8年振りだよな?
 久し振りにF4で飲まねぇか?」


まあ、飲む必要はねぇが、久し振りだしな、“会うか…。”って事で、司は、西田に伝えて、20時で上がる事にした。



あきらが、声を掛けて来た。


「よう、司、先に遣っているぞ‼」
「ああ。」


総二郎が不意に言い出した。


「司、牧野が道明寺HDで働いているらしいな?」
「はぁ~??
 如何言う事だよ?」
「はぁ?
 俺が聞いてるんだけどな…⤵。」
「否、俺は聞いてねぇ⤵。」
「優紀が言うにはよ、半年位前から、牧野が道明寺HDで働いてるらしいぞ‼」
「優紀?」


類が、“ああ…⤵。”って、思い出した。


「司は知らないんじゃない?
 総二郎と松岡が付き合ってる事…?」


総二郎も思い出した。


「そうか?
 司がNYに渡米した後か、俺と優紀が付き合い出したのは…⤴。
 優紀は俺の彼女‼
 優紀は牧野の親友で、高校の頃、牧野と一緒に団子屋でバイトしてた子。
 カナダにも一緒に旅行に行ってるんだけどな…⤴。」


司は思い出していた、つくしと一緒に居た優紀の事を…。


「ああ、思い出したわ。
 余り目立たない子だったよな?
 へぇ~、総二郎、あの子と付き合ってんのか?」
「ああ、優紀と付き合い出して、5年に成るか…⤵。
 俺は、優紀以外考えられねぇから、“早く結婚してぇ。”って、何回も言うんだけど
 な…。
 牧野が幸せに成らねぇなら、自分もまだ、“結婚出来ねぇ。”って、言いやがんだよ⤵。
 早く、牧野を司の者にしろよ‼
 じゃねぇと、俺の幸せはまだねぇらしいからよ(笑)⤵。」


“何だよそれ?”と、言いたい司だったが、つくしが道明寺HDで働いている事が本当なら、寄りを戻すつもりで居るので、口を慎んだ。


あきらが話し出した。


「因みに、俺の彼女は桜子‼」
「はぁ、三条か?」
「ああ。
 総二郎から遅れて1年後に付き合い出したから、もう直ぐで4年に成るか。」
「そうなのか。
 じゃあ、類は?
 まさかとは思うが…、そうじゃねぇよな?」


類は、“出た、独占欲‼”と、思っていた。


「違うよ‼
 牧野とは4年は会って無いし…⤵。
 付き合ってるって、言えるのか如何か分からないけど…⤵。
 俺がフランス支社に出張に行った時、離婚してた静と再会して、それからは、TELとか
 LINEとかで遣り取りしてるよ⤴。
 俺がフランス支社に出張する時は、静と会ってるし…ねぇ⤴。」


司はあから様に、“ほっ”とした顔をしていた。



そして、楓が帰国して帰って来た際、楓に会って、つくしの事を確認した。
で、つくしが道明寺HD 日本支社で、本当に働いて居る事が分かった。


楓の了承を得れたので、司は、つくしに向かう事を決めた。


司は、誓った。


『ぜってぇ、つくしを逃がさねぇ‼
 ぜってぇ、もう一度、取り戻す。』と、心に誓う司だった…。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。