tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もう一度、取り戻す…<つかつく>  11.




あれから、つくしは、司と寄りを戻し、現在、道明寺邸で司と同棲をしている事を優紀に、伝えて居なかった。


なので、つくしが道明寺邸で司と同棲をして居る事を知らない優紀は、休日に、つくしが以前、住んで居たマンションに借りていた本を返しに来ていた。


もし、つくしが居なくても、ポストに入れて置いて、後で、LINEでもしようと、優紀は思っていた。


それが、部屋の玄関の表札を見て吃驚したのだが、優紀の知らない氏名の表札が掛かっていた。


それで初めて、つくしが引っ越しをして居る事を知った優紀だったのだ。


優紀は、慌てて、つくしに連絡を入れた。


「つくし‼」
“優紀‼
如何したの?”
「“如何したの?”じゃないわよ‼
 今、何処に住んでんのよぅ~?」
“えっ、道明寺邸だけど…⤴。”
「道明寺邸…?
 如何言う事?」
“あっ、言ってなかった?
 ごめんね‼
 司と寄り戻したの…⤴。
 で、お義母様…、あっ、司のお母様に、道明寺邸で住む事を進められて…。
 住む事に成っちゃった…。
 えへへ‼”
「“えへへ。”って…⤵。
 借りてた本を返そうと、つくしの前のマンションに行ったんだけど…⤵。
 別の方が住んでて…。
 借りてた本、如何したら良い?」
“また、会う時で良いよ‼”
「うん、分かった。」


そう言って、つくしと優紀はTELを切った。



優紀は、総二郎にこの事を伝える事にした。


「あのね、今日、つくしのマンションに借りていた本を返しに行ったんだけど、つくしの
 部屋だった所に別の方が住んで居て、つくしが引っ越しして居る事が、今日、分かっ
 て、つくしに連絡したのね。
 そしたら、つくしがね、“道明寺邸に住んでる。”って言うの…。
 如何も、道明寺さんと寄りを戻したみたいで、道明寺さんのお母様に、道明寺さんと一
 緒に住む事を強要されたみたいなの。」


総二郎は、優紀の話しを聞いて、驚愕していた。


「はぁ~??
 司も何も言ってなかったぞ。
 類とあきらにも報告だな。
 司を呼び出して、司と牧野をお仕置きだな‼」


優紀は、“お仕置きって…⤵。”と、思っていた。



総二郎は、類とあきらに、優紀から聞いた話しを聞かせ、その話しを聞いたあきらが桜子に話しし、桜子から、滋に話しが伝わった。


その際、総二郎は、優紀には、
“T2には、俺からF2に話しして、その流れでT2に話しを流してもらうから、優紀は動くな‼”と、言われていたので、優紀は素直に、総二郎の指示に従っていた。


F3&T2は、司とつくしに連絡を入れ、仲間で集まり、
司とつくしをお仕置きしなければ、埒が明かない
と、全員の意見が一致していた。


優紀は、総二郎に伝えた事が果たして良かったのかと、悩む事に成った。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。