tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

後悔と言う名の元に…<つかつく>  4.




<少し、一部に、不快に思われる箇所があります。  お詫びします。>



<司side>


俺は、西田にあの時の出来事を包み隠さず、話しして聞かせた。


「俺は、あの日、つくしとの約束を果たす為、つくしのアパートの部屋で鍋を食べて居た
 時、滋のSPに拉致られて、俺とつくしは滋ん家(ち)のクルーザーに乗せられたん
 だ。
 その時、船の中が一時、停電に成り、つくしの悲鳴に慌てて、つくしの所に行ってみる 
 と、今でも何故だか分からねぇんだが、つくしがシャワールームから裸で出て来たん
 だ。
 その時、俺は、“NYに行くと決めたんだ‼”と、俺の理性を総動員させていたんだが、つ
 くしと離れられねぇ気持ちの方が勝ってしまい、逃げる様にシャワールームに入って行
 くつくしに続いて、思わず、俺はシャワールームに入って、無理矢理、俺はつくし
 に…。
 その後も、ベッドルームに連れて行って、俺はつくしに…。」


俺は男泣きをしていた。
つくしとそう成った事を後悔してる訳ではねぇが、今と成っては、後悔しかねぇ。
“何故、俺は、子供等の存在を知らずに居れたんだ‼”と…。


西田は、“そんな事が有ったのか…。”と、驚愕していた。


俺は、西田に話した上で、西田に懇願した。


「西田、頼む‼
 つくしを探し出してくれ‼」
「承知致しました。
 しかし、この事は社長にお伝えしなければなりません。」
「伝えるにしても、俺は、つくしと子供等とは離れるつもりはねぇぞ‼
 良いんだな‼」
「その事も含めて、社長とお話し合いが必要かと…。
 坊ちゃんとお嬢様の将来の為です。」
「分かった。
 しかし、ババアには言って於け‼
 “勝手な事はするな‼”と…。」
「賜わりました。」




<西田side>


直ぐ様、西田によって、楓に翼と蘭の事が伝えられた。


「西田、つくしさんの居所を直ぐに探し出しなさい。」
「承知致して折ります。」


楓はTELの向こうで、ぼそっと、呟いていた。
“私(わたくし)にも、孫を会わせてもらいたいわ‼”


私は思った。
“社長は既に、つくし様とお子様方を受け入れられている。”と…。


私はつくし様の現状を調べる事に全力を尽くしていた。




<つくしside>


先輩女医から、つくしは言われていた。


「つくし、いい加減、手術に応じたら如何?」
「先輩、手術しても成功する確率は何%ですか?」
「つくしに嘘を言っても通じないわよね⤵。
 50%有るか如何かよ⤵。」
「五分五分ですか?」
「そうね。
 『医者の不養生』って、良く言ったものよね⤵。
 つくしでも、自分自身の身体の事は気付かなかった…、何て⤵。」
「身体内部の事は疎いんです⤵。」
「はいはい、それが良い訳じゃないでしょ?」
「………」


つくしは言い返せなかった。


先輩女医が切り出した。


「つくし、この事は子供達には伝えたの?
 手術しても寿命が行き成り延びる訳じゃないけど、このままだと、後、2年持つか如何
 かよ?
 分かってるの?」
「先輩、まだ、あの子達は高校生です。
 不安定な時期なんです。
 言わないで於いてもらえますか?
 そうじゃなくても、私の事で、間違いなく動揺していると、思うんです。」
「………」


先輩女医は何も言えなかった。



その時、扉の向こうで動揺して聞いている一人の男が居た。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。