tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

取り戻したい…<総優>  9.




そんな時だった。


優紀の携帯が鳴り出した。
優紀は携帯に出た。
誰からのTELかは、予想出来た優紀だった。


「もしもし。」
“優紀、今、何処に居るの?”


携帯の画面を確認せずにTELに出ていた優紀は、“やっぱり…⤵。”と、思っていた。


「社長…⤵。」
“社長じゃないでしょ?”
「………」


優紀は答えられずに居た。
社長は、何と無く予想出来ていた。


“まあ、良いわ。
 取り敢えず、戻って来て‼
 皆、困ってるのよ。”
「分かりました。
 戻ります。」


優紀はTELを切った後…。


「すみません。
 戻らないと…。」


TELの感じで、総二郎は、予想が就いていた。


「ああ、送るよ‼
 俺が連れ出したんだし…。」
「大丈夫です。
 また、マスコミがホテル前に居ないとも限らないので…。」
「それなら、尚、良いよ。
 バレた方が行動しやすいだろ?」


また、総二郎は、優紀が驚愕する様な事を言い出した。


「何なら、kissしながら、通って遣るか?
 “遣る事、遣って来ました。”って、公表するか?」
「何もないのに…?」
「俺等は、既に、そういう関係だろ?
 もう、忘れたのか?」
「かなり、昔のお話しですよね?」
「もう、何時でも、そう言う関係で居られるだろ?
 何なら、今、此処で…。」


優紀は、総二郎の言葉に被せる様に言って除けた。


しません‼
「はぁ~⤵。
 今は、分かってるよ‼
 今度、会う時は、俺が無理だろうけどな‼」
「もう、知りません‼」


優紀は、そっぽを向きながら、総二郎に言っていた。


「相変わらずだな。
 揶揄し甲斐が有るよ、ったく‼」



“俺等は、撮られても良い‼”と、恋人繋ぎで手を繋ぎ、ホテルの玄関を通って車に乗った。


案の定、撮られていて、ゴシップ誌に掲載され、かなり、噂に成った。


F3&T3&静は、かなり心配してくれて居たらしいが、俺と優紀の二人は覚悟を決めていたので、ケロッとしていた。


25歳と24歳の男女のCPだぞ‼
何時までも、心配してもらう様じゃあ、情けねぇだろ?


俺と優紀の二人は、オープンに行動し、二人の交際を隠さずに行動した。


しかし、何のコメントも出さない事にマスコミからもクレームが起こり、仕方なく優紀は、記者会見に臨む事に成った。



優紀が話す事に寄っては、俺も覚悟を決めなくてはなら
 ねぇ。』
俺は、そう思っていた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。