tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

取り戻したい…<総優>  12.




そんなある日の事だった。


優紀が所属していた芸能事務所の社長から、優紀が呼び出しを受けた。
何やら、優紀に相談が有るとの事で、総二郎は優紀と一緒に、社長に会いに行った。


社長曰く…。


「新しく、タレントかモデルを発掘したいと思っているんだけど…。
 誰か紹介出来る人、居ない?」


優紀は、社長の言葉に驚愕していた。


「えっ??」


総二郎は首を捻りながら言った。


「そうそう、居ないでしょ⤵。」
「其処を何とか…。」


優紀は意を決した様に、言った。


「居ない訳では無いんですが…⤵。」


総二郎は優紀の発言に吃驚していた。


「はぁ~??
 誰だよ、優紀?」


其処で、優紀は飛んでも無い事を言い出した。


「滋さん…⤴。
 如何かと思ったんですが…?」
「優紀、お前なぁ??
 寄りにも寄って、『滋』って…⤵。」


優紀は、独り言の様に言っていた。


「やっぱり、ダメかな?」


“そんな可愛い顔をして言われてもなぁ…⤵。”と、総二郎は思っていた。


「ダメとかじゃなくて、困るのは社長だろ⤵。」


社長は不安そうに聞いて来た。


「そんなヤバい娘(こ)なの?」
「飛び跳ね女ですよ。
 俺等、F4も遠目から見る様な女ですよ。
 感覚的には、俺等と同性的な感じと言えば分かり易いですか?」


社長は、首を傾げながら聞いた。


「じゃあ、その娘(こ)には、F4の中に彼氏は居ないって事?」
「そう言う事です。」


社長は、不思議そうだった。


「F4って、優紀の親友達とお付き合い、もしくは、結婚していると、思っていたけ
 ど…。」
「F4の中の3人はそうですが、1人は、俺等F4の幼馴染と、もう直ぐ結婚しますよ。
 だから、滋は浮いた形ですよ。」



優紀は、滋が、“優紀を羨ましく思っているみたいだ。”と、T2に後から聞かされていた。


滋は、優紀を見ていて、密かに、芸能界への憧れを抱いて居る様子だった。



優紀は、滋を、誉め始めた。
優紀は、必死で、滋をプッシュし始めた。


「滋さんって、スレンダーで、女性では背は高い方だと思うし、美人だし、女性の私から
 見ても羨ましいし、生まれも育ちも生粋のお嬢様だし、言う事無いと、思うんですけ
 ど…?」
「見た目はな。
 だから、惑わされる男も多いだろ?」
「………」


優紀は答えられずに居たが、社長は、ピピっと、来たらしい。


「そうなのね。
 その方が面白いかも…⤴。
 今度、此処に連れて来てよ。」
「社長、チャレンジャーですね。
 了解しましたよ。
 優紀、滋に連絡入れとけよ‼」
「了解しました。」


優紀は、総二郎の了承を得れた事にほっとしていた。



その後、優紀の思惑通り、事務所の社長と滋は、意気投合し、“先ずは、モデルから…⤴。”って事で、滋は、芸能界の仕事を始めた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。