tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  13.




真っ赤に成って司に抱き締められているつくしと、つくしを抱き締めたまま離さない司を放って置いて、一同、ソファに座って喋っていた。


類は、例の如く、ソファに寝っ転がったままだったのだが…。


「優紀ちゃんって、つくしちゃんとは如何いう関係?」


優紀は、如何答えたら良いのか、困惑していた。


「あの、如何話ししたら良いのか…何ですが…?」


滋は、事投げに言って除けた。


「優紀ちゃん、大丈夫だよ。
 皆には、白状させられてるから…‼」
「その言い方、人聞き悪くねぇか?」
「でも、結局はそうでしょ?」
「まあ、成り行きだろ?」
「まあ、如何でも良いけど…。」


優紀は、3人のテンポに着いて行けなかった。


「あの…?
 宜しかったでしょうか?」
「ああ、良いよ‼」


優紀は、触りだけは話そうと思っていた。


「つくしとは、中学校からの同級生で、親友、何です。」
「じゃあ、つくしちゃんがどんな子だったか、良~く知ってるんだ。」
「はい、高校までは同じ学校だったので…。
 学校の成績はつくしの方が遥かに良かったんですけど…。」


総二郎の突拍子も無い言葉に、優紀は、呆気に取られていた。


「へぇ~、ところで、優紀ちゃんって、何か遣ってるよな?」
「へっ??」


優紀は、尚も、総二郎から言われた言葉に吃驚したのか、素っ頓狂な声を出していた。


「優紀ちゃんってさ、茶か、華を遣ってる?」
「えっと、茶道を嗜んでいます。」
「へぇ~、そうなんだ。
 何処の流派?」
「あの~、西門さんは、『間宮』って、知ってますか?」
「『間宮』って、『間宮先生』の事か?」
「はい。
 私の母方の祖母、何です。
 なので、幼少の頃より、お茶を嗜んでいます。」


総二郎は驚愕して、声が出せないで居た。


あきらが、総二郎に声を掛けても、総二郎の反応は無かった。


「総二郎、如何した?」
「………」


総二郎は、優紀の声に気付き、慌てて、反応した。


「あの~??」
「あっ、何?」
「いいえ、大丈夫ですか?」
「ああ、大丈夫だ。
 優紀ちゃんって、本当に、間宮先生の孫さん何だ?」
「はい、そうです。」
「今度、うち(西門流)の茶会に来ないか?
 間宮先生の孫さんなら、大歓迎だよ。」
「祖母と相談してからで、良いですか?」
「ああ、分かった。」


あきらは、如何言う事なのか、総二郎に聞いて来た。


「さっきから、総二郎と優紀ちゃん、何の話ししてるだ?」
「ああ。
 優紀ちゃんの祖母さんってのが、うち(西門流)の重鎮の先生のうちの一人なんだよ。
 お袋も何も物が言えねぇ様な重鎮の先生なんだ‼」


類が、急に、起き出して、総二郎に向かって、話し出した。


「総二郎、そう言う事だったんだね?」
「はぁ~??
 類、急に起き出して、何を言い出すんだよ?
 寝てなかったのかよ?」
「う~ん、寝転んで居たでしょ?」
「って、事は、話しは聞いてたって事か?」
「まあ、そう言う事だね。」


類は楽しそうにしていた。
総二郎は不安でしかなかった。


総二郎は思っていた。
“類にバレると厄介なんだよな…。”と…。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。