tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  14.




<司side>


本当は、俺はつくしと一緒に、このまま抜けたかった。


しかし、つくしには、厄介な姉ちゃん付き何だよな。
ほんと、この姉ちゃんと言うのが、この上なく厄介なんだよ…
誰か、この姉ちゃんをお持ち帰りする勇気の有る奴は居ねぇのかよ?


俺は未だ、つくしを抱き締めたままだった。
本来は、つくしにkissをしたい俺だったが、つくしの姉ちゃんがこっちを見て、眼を光らせてやがる。


仕方ねぇので、つくしの耳元に俺の唇を近付けて、つくしに小声で、俺は声を掛ける事にした。


「つくし、このまま抜けねぇか?」
「ダメだよ。
 お姉様が居るもん。」


やっぱり、そう来るか?


「だよな。
 何で、姉ちゃんを呼ぶんだよ。」
「だって…。」


理由は分かってるけど、この状況だと、愚痴を言いたく成るだろ?


「ダチを紹介する為だろ?」
「うん。」


じゃあ、妥協案を出して遣った。


「仕方ねぇな。
 明日、仕事終わり、迎えに行くから、空けとけよ‼」
「えっ、何で?」


俺は、恋人として、言ってんだよ。
少しは、俺の気持ちをそろそろ分かれよ…。


「お前な、俺等は付き合ってんだよな?
 一々、“宜しいですか?”って、確認すんのかよ。」
「だって…。 
 私は、まだ、其処まで、気持ちは高ぶってないよ。」
「何だよそれ⁉
 俺の事、嫌ぇなのかよ?」
「嫌いじゃないけど…。」
「じゃあ、何だよ?
 いい加減、俺に堕ちて来いよ⁉
 うち(道明寺HD)とお前ん家(ち)(大河原グループ)は、提携してんだ。
 どっちにしても、もう、俺からは逃げれねぇだろ?
 素直に俺に堕ちた方が得だろ?」
「恋愛は、得とか損とかでするものじゃないでしょ?」


今は、損得で物が言いてぇんだよ‼
ほんと、お前は鈍感だよな?


「俺等の場合は、損得で言えば、得だろ‼
 それに、俺が抱き締めたままでも、お前はじーっと、俺に抱き締められたままだろ‼
 此れは、俺が好きって証拠だろ?」
「そう言う訳じゃないけど…。
 お姉様の顔が見えてないんだけど、睨んでない?」
「ああ、さっきから、俺、睨まれたままだよ(笑)。」
「でしょ?
 だから、ソファに行き難いなぁって、思って…。」
「だったら、イチかバチか、此処を更けるか?」
「えっ、ダメだって?」


生憎、俺は、『going my way』精神の持ち主何だよ。
許せよ、つくし‼




あいつ等の話しが途切れた頃を見計らって、俺はあいつ等に声を掛けた。


「悪ぃ、俺等、此処を抜けるわ。」


案の定、つくしの姉ちゃんがソファから立ち上がって、一言、言って来やがった。


「ちょっと、道明寺司?
 妹を如何するつもりよ?」
「はぁ~??
 俺等は付き合ってんだよ。
 婚約もしてる。
 あんたが、姉ちゃんだろうと、俺は恋人で、婚約者‼
 分かってっか?」
「つくし、こいつに着いてくの?
 それとも、如何するの?」
「お姉様っ‼」


つくしは、婚約者と姉の間で、板挟みに成っていた。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。