tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  16.




<一部の表現に不快に感じるで有ろう言葉が有ります。
 お詫びします。>



総二郎は、優紀が挨拶をして帰ろうとして居る所を、咄嗟に優紀の腕を掴んで制止した。


「優紀ちゃん、こんな時間で夜も遅いし、女性一人の夜道は危ないから、俺が送るよ⁉」
「えっ、でも…?」
「悪ぃ何て思わねぇで良いよ‼
 俺が送りたいんだから…。」
「じゃあ、お願いします。」


で、総二郎と優紀は、F2に挨拶をして、帰って行った。


またもや、F2は、総二郎を弄り出した。


「総二郎、『送りオオカミ』に成るんじゃないの?」
「如何だろうな?
 しかし、総二郎、優紀ちゃんにマジに成ったのか?」
「其れこそ、野暮じゃ無いの?
 あれは、如何見てもマジでしょ‼」
「何か、遣ってられねぇな
 あっちもこっちもって…。」
「で、如何するの?
 こっちは…?」
「まあ、つくしちゃんが、“SPに預けてくれ‼”って、言ってんだから、それで良いんじゃ
 ねぇか?」
「だね。
 じゃあ、俺等は帰りますか?」
「そうだな。
 帰るとしようか。」


で、滋はSPに預けられ、類とあきらは帰って行った。



滋は、朝起きた時、自室のベッドで寝ていた為、何時(いつ)帰って来たのだろうと、不思議に思っていた。




一方、司とつくしは、メープルの最上階に有る司のキープして居るスウィートに入り、つくしは、司に寄って、ソファに座らせられた。


そして、つくしは、行き成り、司の太腿に跨がされる形で司に抱き締められ、kissをされた。
しかも、徐々に、深く成って行くkissに戸惑いを隠せないつくしだった。


司の唇が離れたと思ったら、つくしの耳元に司のとんでもない言葉が放たれた。


「つくし、俺、今まで、女に触れられる事も、俺から触れる事も嫌ぇだったんだ。
 と、言うより、嫌だったんだ。
 出来なかったんだ。
 気色悪ぃと思ってた。
 でも、つくしなら、触れられるのも良いが、俺から、触れてぇんだ‼
 さっき、つくしを抱き締めていた時に良~く分かったわ。
 好きな女から、触れられるって、気持ちが良いんだな‼
 つくし、こんな俺じゃあ、ダメか?」
「………」


つくしは言葉に詰まってしまった。


司はつくしに、『寂しげな切なげな顔』をして見せて、名前を呼んで訴えかけた。


「つくし…⁉」


つくしは頷いてしまっていた。


司は、此れを了承と見做し、つくしをお姫様抱っこをして遣り、そのまま、ベッドに連れて行った。


其処で、つくしが切なそうに小さな声で、司に聞いた。


シャワーは浴びなくて良いの?


その声に司は、お姫様抱っこをしたまま、バスルームに連れて行った。


一緒に入ろうとする司と、それを阻止しようとするつくしとで、一時、冷戦状態だった。


が、一旦、司が身を引いた形にしたが、つくしが油断している間に、そーっと、バスルームに入って来た司だった。


つくしは、気付かずに居たが、背後から司に抱き着かれては、『後の祭り』だった。


愚痴を言おうとしても、司に寄って、つくしの唇は塞がれ、何も言えずに居た。


その後は、司の独壇場だった。


その時、司は、つくしも初めてだった事を知った。


司はお互いが初めて同士だった事が、嬉しくて堪らず、つくしに無理をさせた事を反省していた。


司は、朝、目覚めた時、つくしを抱き寄せ、額にkissをした。
その時、つくしも目覚めた。


「つくし、ごめんな、無理させて…。」
「うん、大丈夫だから。」


つくしは、今日、仕事だった事を思い出した。


「今日、仕事だよね?
 取り敢えず、帰る支度して、一旦、邸に帰るね‼」
「そうだな。
 急だったし、何も用意出来てねぇし…。
 悪ぃな‼」
「うん、良いよ‼
 お姉様には何て言おうか?」
「何か、突っ込まれそうか?」
「多分だけど…ね。
 取り敢えず、少しでも早く帰るね‼」
「ああ、一緒に出よう‼
 邸まで、送るよ‼」
「うん。
 有難う‼」


こうして、取り敢えず、司とつくしは、ホテルを後にした。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。