tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

bad love…<つかつく>  20.




ここ最近のつくしの様子が変な事に司は、気付いた。


「つくし、何か有ったのか?」
「えっ??
 そんな事無いよ…。」
「そうでも無さそうだな⁉
 俺に言えねぇ事か?
 俺は、そんな頼りねぇのか?
 言ってみろ‼
 お前を助けて遣れるかも知れねぇじゃねぇか?」


つくしは言おうか迷った。
でも、言えば、間違いなく滋に怒られると思うつくしだった。


「プライベートの事だし、ましてや、家族の事だから、余り、曝け出したくないか
 も…。」
「家族って、また、姉ちゃんの事か?」
「えっ??」
「やっぱりな‼
 お前が悩むとか、家族の事で悩むとかって言えば、お前の姉ちゃんの事以外ねぇだ
 ろ?」
「そうだよね…。
 そう何だ、お姉様の事なの。」
「何か有ったのか?」
「うん、何か有ったんじゃなくて、私がお姉様を探ら無きゃならないの。
 お姉様を探るだ何て、出来そうにも無くて…。
 罪悪感しか残らないでしょ?」
「じゃあ、探らなきゃあ、良いんじゃねぇのか?」
「そうはいかないの。
 パパの命令だから…。」


司は、何か、ややこしい事を、つくしが親から頼まれたのだろうと推測した。
なら、“俺も手助けして遣ろう。”と、思った司だった。


「どんな探りの命令を親から受けたんだ?
 言ってみろよ‼
 此処まで、聞いたんだ。
 俺も手助けして遣るよ‼」


つくしは言って良いものか迷ったが、口が勝手に口走っていた。


「お姉様に何方かお好きな方が出来たみたい何だけど…。
 何方か、“探りを入れろ‼”って、パパから言われたの⁉」
「へぇ~??
 あの姉ちゃんを受け入れてくれる奴が居んのか?」
「そんな言い方、酷い‼
 仮にも、婚約者のお姉様でしょ?」


つくしは、真っ赤な顔をして、プリプリして怒っていた。


司は自分自身で言ってしまった失言に気付いたが、『後の祭り』だった。


つくしの手助け処ではなく、つくしの機嫌を取る事の方が先に成っていた司だった。


しかし、失言に失言を重ねてしまい、より一層、つくしを怒らせてしまった。


「つくし、そんなに怒ったら、眉間に皺が寄ってしまうぞ‼」


笑わせ様と、思って言った言葉が、更に墓穴を生む。
もう、司は、遣る瀬無さが募るばかりだった。


つくしはベッドから出て、シャワーを浴びにバスルームに向かおうとしていた。


其処を制したのは司だった。


「何だよ、何処行くんだよ?」
「帰るの‼」
「はぁ~??
 何でだよ?」


つくしは、無言だった。


司はどんな失言を吐いてしまったか、最早、忘れてしまっていた。
無意識に発した言葉だったのだ。
司が覚えている筈はなかった。


しかし、つくしは、容赦ない態度だった。


「私を怒らせた言葉、司が言った言葉、覚えてる?」
「………」


司は、覚えて無いのだから、無言に成らざる負えなかった。


謝る事が、今や、司の最終手段。
今や、つくしは司にとって、絶対的な存在だった。
今、つくしを失ってしまったら、何も出来なくなるのが分かって居る司だった。
“こんな風に謝るのは、つくしだけ…。”と、思ってしまう司だった。


「つくし、悪かった‼
 つくし、機嫌、直してくれ‼
 謝るから…。
 なっ、ごめんな‼」


後は、つくしが司の顔の中で弱い『寂しげな辛そうな顔』を、つくしに見せて、つくしを擽るだけの司だった。
笑い転げるつくし。


つくしは、呆れて、許してしまう。


バカップルのイチャ付きは此れにて終了‼


後は、司の独壇場だった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。