tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

誤解だ…(好きなのに…(続編))<総優>  1.


【恋人 編】


俺にとって、ほんと、マジ厄介な事が起きた。
本当に誤解なんだから、それ以上、どう説明すれば良いというんだ?
今の俺にとって、俺の一番は今や優紀で、優紀以外、要らないというのに、何故、態々、危険を冒してまで、『3回ルール』を復活させなくてはいけないんだ。


『優紀、俺を信じろよ‼
 誤解なんだ‼』と、叫びたい。



事の発端は、先日、開催された、道明寺HD主催のパーティーでの事。
司はパートナーの牧野と、あきらはパートナーの桜子と、類は日本に一時帰国していた静をパートナーとして、俺はパートナーの優紀と一緒に居た。
今回、滋はドバイの為、欠席。


で、俺ら、8人で一緒に居た。
端から見れば、かなり目立っていたとは思う。
そんな時、司の母ちゃんが、司と牧野を迎えに来た。


「司、つくしさん、そろそろ、ご挨拶が始まるから、壇上に上がりなさい。」


司と牧野は、軽く頷き、俺達から離れた。
その隙を狙っていたかどうかは知らないが、俺達を見ている女3人組が居たらしい。
類は透かさず、確認していた。


そんな時、優紀がレストルームに行くと言って、席を離れた。
その後を女3人組の内の1人が優紀の後を付けて行ったらしい。
類が見ていてくれた。


「総二郎、あそこに女2人が居るよね?
 ほんとは、3人居たんだよね。
 その内の1人が松岡の後を付けて行ったみたいだよ。
 気を付けた方が良いかもよ。」
「えっ??  類、サンキューな。
 了解、俺、行って来るわ。」


そこに、桜子が…


「西門さん、私が行った方が良くありません?
 西門さんなら、中に入れませんよね?
 それに、西門さんだったら、相手を喜ばせるだけですわ。」
「桜子、悪ぃ、頼むわ。」
「承知致しましたわ。」


レストルームにて…
女が行き成り、優紀に詰め寄って来た。


「あなた、どういうおつもり?」
「何のことでしょうか?」


「あなた、どうやって、総二郎様に近付いたというの?
 厭らしい女狐でいらっしゃる事。」


優紀は首を捻りながら訪ねた。


「あの~、何を仰っているのか、分からないのですが…?」


女は尚も優紀に詰め寄る。


「あなた、総二郎様には『3回ルール』というお遊びが有るという事、ご存知ないの?
 あなた、もしかして、それを利用して、総二郎様に近付いたのね?
 そうでしょ、厭らしい女狐でいらっしゃる事。
 今でも、なさっていらっしゃるようね、総二郎様の『3回ルール』。」
「………」


そこに真打登場。


「あなた、○○産業のお嬢さんでいらっしゃいますね。」
「あなたは何方?」
「三条桜子ですが。」
「三条さん…??」


女は首を捻りながら…。


「あなた、もしかして、三条の大奥様のお孫さん??」
「ええ、そうですが…。」


女はヤバいと思ったのか、少し身体を仰け反らせた。


「此方は私の従姉妹よ。
 それに、家元夫人に認められているのよ。」
「ええっ??」 
「この事を知ったら、私の祖母も西門家も婚約者の西門総二郎さんも黙っていな
 いでしょうね。
 あなたのお父様の会社、明日には、無くなって居るかも…ね、楽しみね。」
「………」


慌てて、女はレストルームから出て行った。


「桜子さん、有難う、でも、私を従姉妹って言って良かったの?」
「大丈夫ですよ。」


桜子は優紀が安心するように、そっと肩を抱き締めて笑って見せた。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。