tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

やっぱり、私は…<つかつく>  20.




<司side>


俺は、ババアの挑戦状を受けて立つ事にした。
つくしの成人式の為…に。


俺が、日本に帰国するまで、西田と此のプロジェクトの作戦を立てて居た。


俺が、日本に帰国して居る間は、西田は、NYに残る予定だ。


進歩状況を踏まえて、俺に随時連絡が入る事に成って居る。


ババアとの約束を果たす為、俺は、ぜってぇ、此のプロジェクトをモノにして遣ると誓っていた。



<椿side>


私は、つくしちゃんの成人式の準備の為、日本に帰国して来た。


やっと、この日が来たのよ。


“何と、清々しいのかしら…。”と…。
そんな事を考えながら、日本の地に降り立った。


世田谷の道明寺邸に着いたら、もう既に、つくしちゃんは、邸に着いて居た。


そして、私は、つくしちゃんとディナーを楽しみ、つくしちゃんに晩酌も一緒に付き合ってもらって、寝るまで、私は、つくしちゃんと語り合った。


「つくしちゃん…。
 此れからは、つくしちゃんは、もう、私の家族よ‼
 お父様とお母様が、つくしちゃんを司の婚約者に認めたの‼」
ええっ~??


つくしちゃんは、盛大な声で、叫んでいた。


そのつくしちゃんの声に、我に返った私は、お母様に言われた言葉を無にしてしまった事に気付いた。


“つくしさんは、まだ、私(わたくし)達夫婦が、つくしさんを司の婚約者と思って居る
 事を気付いて居ない様ね。
 困った娘だ事…。
 椿、つくしさんが気付くまで、この事は、黙って於いて頂戴…‼”


ああ、遣ってしまったらしい…。


「椿お姉様…⁉」
「まあ、そう言う事。」


もう、誤魔化しようが無い…‼
仕方ないか⁉


“今日は、もう遅い‼”と、私は、誤魔化す様に、私とつくしちゃんは、自分達の部屋にそれぞれ入って行った。



<つくしside>


私は、椿お姉様の言葉をしっかりリピートしてしまい、眠れずに居た。


『つくしちゃん…。
 此れからは、つくしちゃんは、もう、私の家族よ‼
 お父様とお母様が、つくしちゃんを司の婚約者に認めたの‼』


確かに、お義父様とお義母様には、私を認めて下さった事は有難いと思って居る。


でも、『司の婚約者』とまで、認めて下さったとは…‼
思いも寄らなかった。



私は、結局、眠れず仕舞いで…。
私は、寝不足な顔で、朝を迎える事に成ってしまった。



<タマside>


あたしゃ、つくしの寝不足の顔を見て、昨日の椿お嬢様とつくしとの会話を思い出していた。


多分、坊っちゃんとの婚約の事に言及した椿お嬢様の言葉に、眠れずに居たのだろう。


こんな事で、“将来の『道明寺夫人』が務まるのかね?”と、些か、不安に成っていた。


案の定、椿お嬢様が、ご準備されたエステの間中も、寝てしまったつくしは、その後も、昼寝をした様子だった。


夕方頃、起きて来たつくしは、申し訳無さそうに、椿お嬢様とあたしに詫びを入れて来た。


「申し訳ありません。
 寝てしまった様で…。」
「良いのよ、つくしちゃんっ‼
 もう、此処は、貴女のお家(うち)同然なんだから、気兼ねしないで…。」
「つくし、こんな事で、将来の『道明寺夫人』が務まるのかい?」


つくしは、盛大な声で、叫んでいた。


ええっ~??
「つくし、煩いよ‼」


つくしは、項垂れる様に、俯き、詫びを入れて来た。


「すみません。」


ほんとに、大丈夫だろうか?


あたしゃ、更に、不安感を募らせていたのだった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。