tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

やっぱり、私は…<つかつく>  22.




<一部の箇所に不快に感じるで有ろう箇所が有ります。
 お詫びします。>



<つくしside>


私は、司の拗ねて・いじけて・不貞腐れて居る姿に、驚愕しか無かった。


私は、慌ててしまった。


なんせ、成人式は、明後日なんだから…。



で、私は、司に愛想を振り撒き、司に愛想良く居てもらえる様に、徹していた。


「ねぇ、司…。
 司に帰国してもらえた事が、吃驚だったの。
 でも、嬉しかったのよ‼」


と、言いながら、私は、司に抱き着いた。


媚びたくないけど…。
今日は、仕方ない。
不貞腐れられる寄り、マシ‼


そうしたら、私の言葉に気を良くした司が、飛んでも無い事を言い出した。


「じゃあ、許す代わりに、『今から、一緒に風呂に入る』で、手を打って遣る‼
 如何する、つくし⁉」


私は、悩んだ。
だって、唯じゃ、済まない事は、私だって、熟知している。


だが、私は、譲歩してしまっていた。


「じゃあ、条件が有る。
 明後日は、成人式で、エステと着付けが有るの‼
 跡、付けない…?」


司は、直ぐには、応えなかった。



<司side>


俺は、直ぐには、応えて遣らなかった。


何の為に、当面の仕事を遣り切って、ババアとの約束の1日早く、帰国したと思ってやがんだ。


何もかも、想定済みで帰国して来てんだよ‼


しかも、目立つ所に付ける物付けて於かなきゃな、意味がねぇんだよ‼


俺とつくしは、婚約してんだ。
その事は、周りのうち(道明寺家)のスタッフは、全て、了承済だっつーの‼


何時まで経っても、庶民感覚の抜けねぇ奴っ‼


そうは思う俺だが、そう言う女だから、俺はつくしに惚れたんだろうが…な。


だから、今日は、“着けねぇ‼”って事で、了承して於いた。


「ああ、分かった。
 気を付ける。」


だが、いざと成ったら、俺も分かんねぇがな…。



で、俺とつくしは、一緒にバスルーム入った。


俺は、バスルームに入るなり、つくしを離せなかった。


此処何日間か、エステでボディを磨かれて居るからか…?
年末年始に見た時より、艶っぽく、色艶が良く成っていた。


“ヤベっ‼”って、成って居る俺は、気が急くばかりで、落ち着きが無かったと思う。


つくしが、首を捻りながら、“如何したの?”って、顔付きで、俺を見やがる。


知ってか、つくしさん…よ?
その顔、俺を煽ってるって…⁉


先ず、お前は、そんな事、分かってねぇで俺を見詰めてるんだろうけど…よ⁉


まあ、俺が、お前の姿で、煽られてんだから…。
やっぱ、他の男が居る様な場所じゃ、やべぇよな⁉


やっぱ、着ける物、着けとかなきゃな⁉


後で、つくしに殴られるかも知れねぇが…⁉
そんな事より、『男除け』は、やっぱ、必要だろ⁉


これが、一番の『男除け』に成るんだから…よ。


まあ、つくし、許せぇ~‼



って、事で、俺は、俺の成すが儘につくしを翻弄して遣った。


まあ、目立つ所に2つ程、着けたそれを見たつくしから、かなり、吠えられた。


「ええっ??
 司、話しが違うじゃない?
 如何するのよ⁉」
「お前が、悪ぃんだよ⁉
 俺を煽るから…。
 着けなきゃなんねぇ程、お前が可愛いのが悪ぃ‼
 『男除け』だ、男除け‼」
「はぁ~??
 私に近寄って来る男性は、『司』位でしょ⁉」


俺は、何も、分かってねぇ、恋人に溜息しか出なかった。


「はぁ~。」


で、俺は、次の日も、つくしを離して遣る事は出来ずに居た。



勿論、姉ちゃんとタマからは、呆れられたのは言うまでも無かったが…。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。