tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

やっぱり、私は…<総優>  20.




<一部の箇所に、不快で有ろう部分が在ります。
 お詫びします。>



<優紀side>


7日の朝、滋さんからLINEが入った。


『優紀、今日のお昼前には空港に行くから、地下駐車場に下りて来て‼』
『了解しました。』


私は、西門さんにも、伝えた。


「西門さん、滋さんからLINEが入って、地下駐車場にお昼前には、下りて来て欲しいそ 
 うです。」
「ああ、分かった。
 まだ、時間有るよな?
 もう1回、イっとく‼」
「しません。」
「何で…⁉」
「もう、十分です‼」
「じゃあ、“PJの中でする方が良いか?”
 “今か?”って、聞かれたら、どっちが良い?」
「えっ??
 ………、どっちも無理です。」
「折角、優紀に選択権与えて遣ってるのに…⁉
 選べないんだぁ~?
 じゃあ、俺が選んで良い?
 まだ、シャワー前だから、今から…な‼」


って、西門さんは言いながら、また、私は、ベッドに沈められてしまった。


しかも、1回って、言ったのは、西門さんの筈…⁉


何で、約束が違うのよ…‼


結局、私は、起き上がる事が出来ず…。


シャワールームには、西門さんに抱き上げられて連れて行かれ、身体と頭を洗ってもらい、身体を拭かれ、下着・服を着せてもらった。


“恥ずかし~い‼”ったら、無かった。


そして、地下駐車場には、抱き上げられた状態で、連れて行ってもらい、F2&T3からは、揶揄られたのは言うまでも無い。


ほんと、いい加減にして…西門さん‼



<総二郎side>


俺は、あいつ等に、俺と優紀の姿を見せびらかしたくて仕方なかった。


俺に、こんな、行動を起こす情熱が有る事を、今まで、俺自身も考えた事が無かった。
否、知らなかったという方がしっくり来るか?



だから、朝から、俺の悪戯心に火が付き、優紀を苛めたくなった。


今までは、牧野を冷かして遊んでいた悪戯心を、愛する女を苛める事で、優越感に浸っている俺って…⁉


やっぱり、俺は…。
鬼畜か…?


でも、仕方ねぇだろ?
優紀が可愛過ぎんだろ‼



<優紀side>


何故か、リムジンは、つくしが、道明寺邸から乗って来たという、道明寺家のリムジンにT4が乗車し、滋さん家(ち)のリムジンは、F3が乗車する事に成った。


だから、私は、T3から、揶揄われる対象に成っていた。


「ちょっと、優紀っ‼
 如何言う事よ⁉」
「すみませんでした。」
「2日の夜から、私達の部屋には、全く戻って来なかったでしょ?」
「ほんと、今日まで、5日間も…?
 何してたんですか?」


私は、顔だけでなく、全身、真っ赤に成ってしまっていた。


「ちょっと、優紀…‼
 そんな、赤く成って居たら、“そう言う事を5日間、ずーっと、シてました‼”って、言っ
 てる様なもんじゃない?
 如何なの?」


私は、滋さんと桜子さんに責められ続けて、逃げ出したく成っていた。


態とですよね?
滋さんが、F3とT4を分けて、リムジンに乗車する様に提案したのは…?


このままだと、滋さん家(ち)のPJに乗っても、ヤバそう⁉


今、白状した方が、身の為かも…?
そんな、気がして来た私だった。


仰る通りです‼


私は、T3に聞こえない様に、白状したつもりだったのに…。
こういう時に限って、滋さんは、ちゃんと、拾うんだな…これが‼


「やっぱり…‼
 で、初めての感想は如何なのよ‼」
「………」


私は、答え様が無かった。


否、つくしは、苦笑いしてるし…。
つくし、助けて…よ⁉


こうなったら、もう、隠し切れない事は、十分、実証済。


如何しよう‼


「ふ~ん、優紀さん…⁉
 私達に、何か隠してますよね?」


ほら、桜子さん…。
何か、勘付いた…?
ヤバいんですけど…。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。