tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

露天風呂で【バラバラの果てに】…<ALL CP>  短編①





【恋人時代のF3&T3】


司とつくしが日本出張で一時、帰国して来たので、司&つくし・総二郎&優紀・あきら&桜子のCPで、メープルのラウンジのVIPルームに集まり、飲む事に成った。


類は、フランス支社に勤務の為、離婚していた静と再会した後、密かに、付き合いが、続いているらしい。


そして、類はフランスの為、滋はドバイの為、今回の集まりには、不参加だった。



あきらが、第一声、話し出した。


「何か、久々だよな、このメンツ…⁉」


総二郎&優紀・あきら&桜子は、日本の為、ちょくちょく、集まっていた。


「ああ、そうだな。
 俺等は、NYで忙しかったからな…。」



そして、それぞれの近況報告会の様相に成って居た。



桜子は、つくしに聞いて居た。


「先輩、今でも、桜庭コーポレーションの副社長、何ですか?」


つくしは、首を捻りながら、桜子に返答していた。


「うん、そうだよ。
 何で…?」
「じゃあ、道明寺さんと、結婚為さっても、桜庭コーポレーションの副社長職のまま何
 ですか?」


つくしは、先の事は、分からないとでも、言いたげに、桜子の問いに応えていた。


「婚約はして居るけど…。
 今後の事は、何も決まってないの?
 一応、進が、桜庭コーポレーションの日本支社に就職して居て、今では、主任職なの。
 入社1年目、何だけど…ね。」
「じゃあ、今回の帰国の目的は、道明寺さんのお仕事を手伝うとかじゃなかったんです
 ね?
 てっきり、そうだと思ってました。」


つくしは、桜子の返答に笑い出した。


F2&T2は、怪訝な顔をしていた。
何故、つくしが、笑い出したかが、分からないのだから、致し方なかった。


「如何したんですか、先輩…?」
「えっ??
 ごめん、ごめん。
 否ね…(笑)。」


つくしは、笑いを堪えるのに必死に成って居た。


「お兄様が、進もお兄様の“兄弟だ…‼”って、日本支社の社員に公表したもんだから…。
 進も、今じゃあ、『桜庭主任』で、通ちゃってね…。
 進なんて、“直ぐに返事出来なくて、困ってるよ…。”って、言って来たの。
 だから、進まで、“桜庭家の戸籍に入れようか?”って、話しに成ってね…。
 進が、慌て出して…。
 で、今、お兄様が、説得に当たってるの。」


優紀も、桜子も、展開の凄さに、驚愕していた。


尚も、つくしは、話しし出した。


「だから、お父様が、今回の日本への出張を、私に言って来たの。
 進を、“説得して来い‼”って…。
 丁度、司も、日本に出張だったらしいし…ね。
 で、一緒に帰国したって訳…。
 で、この間、牧野家の実家に、久々に帰って居て…ね。
 その事を、両親と進に話ししたら、3人共、驚愕しててね。
 進が、“前向きに考える。”って、言ってくれたの。
 でも、その時の3人の驚愕顔を思い出すと、笑けてくるの。
 ほんと、『開いた口が塞がらない』って、状態って言うのか…⁉
 進は、お兄様から、何回も打診を受けて居るのに…ね(笑)⁉」


と、言いながら、また、笑い出したつくしだった。


“凄い展開に成って居るんだなぁ~⁉”と、更に、驚愕している優紀と桜子だった。


F3は…。
“進が優秀じゃねぇと、例え、身内でも、1年目からは、主任にしねぇだろうから…。
 進を取り込みたい程、進は、優秀なのだろう‼”と、分析していた。


進が、主任に成る時に、つくしから、その事を聞いて居た司は…。
中学生の頃の進を知って居るので、現在の進の状況に、驚愕して居るのは、言うまでも無かった。



そして、話しは、とんでもない方向に向かって居た。


桜子が、急に、話しを振り出した。


「今年の冬は、気温の差が激しいですよね?」


優紀は、寒さに弱い様子だった。


「うん、でも、去年より、寒く感じない?」
「そう何だ?
 NYの冬は、物凄く寒いから、寒さには、慣れたかな⁉」


つくしは、『日本の冬』と言うモノ自体、かなり、ご無沙汰なので…。
話しが合わないのは、致し方ないと思う、優紀と桜子だった。



だが、司は、呆れてつくしに言って除けていた。


「つくしは、良く言うよ?
 お前は、殆んど、外に出ねぇだろ?」
「まあ、そうとも言うよね(笑)?」


“きゃーきゃー”と、笑い出したつくしだった。


F2&T2は、今日のつくしは、“良く笑うな‼”と、呆れていた。


しかし、司は、つくしが、“酔っ払い出したな‼”と、分析していた。




其処で、桜子から、提案が為された。


「道明寺さんと先輩は、まだ、日本に居られるんですよね?」


つくしが、頷いて見せた。


「だったら、1泊でも良いので、温泉に行きません?
 冬景色の温泉って、綺麗らしいんですよ。
 特に、露天風呂は…。」


何故か、全員一致で、話しが纏まっていた。



後は、日にちを決めるだけだった。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。