tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>42.


【花沢つくし 編  42.】


この時点で、孝はつくしの行動が全く読めないでいた。


秘書より、伝言を伝えて来た。


「つくし専務、本日は、社長と奥様は藤堂家にご挨拶に出向かれた様でございまして、直
 帰なさるそうです。
 先程、社長秘書から連絡がございました。」
「そう、了解しました。
 有難う、下がって良いわよ。」
「承知しました。」


う~ん??
藤堂家……藤堂商事?


お爺様の代からの古い付き合いとは聞いているけど、ここ最近は仕事の絡みは無い筈…。
何故、急に…??
何か有れば、パパが事前に言ってくれる筈…よね?


確か、F4が幼馴染って、言ってたっけ…??
何か有るわよね…?
皆に、集合してもらおう‼


海外組のお兄様と滋さんを外した6人バージョンの『F4&T4LINE』に集合メッセージを入れた。


『今日、空いてますか?
 聞きたい事が有るの?』


皆の返事は即、『OK‼』 だった。


何時ものF3&T3が、いつものレストランに集結した。


「つくしからの招集って、珍しくないって…?
 初めてじゃないの?
 しかも、つくしが時間通りに来てるし…。」
「………」


つくしは行き成り、切り出した。


「聞きたい事が有って…、単刀直入に聞くわね。
 『藤堂静さん』って、私、知ってる?? 
 って、言うより、花沢とは縁が有るようだけど、お兄様にも関係有り??」


全員が無言になった。


「「「「「………」」」」」
「何??
 皆、揃いも揃って、だんまりって…?」


司が確認した。


「急に、どした?」
「う~ん?
    私の知る限りでは、殆んど、縁は切れ掛かっていた筈なのに、秘書の話しでは、パパ
 とママが、藤堂家にご挨拶に出向いていて、今日は直帰するって、連絡して来たらしい
 の。」


あきらが、透かさず、フォローに回る。


「仕事絡みじゃねぇのか?」
「仕事絡みなら、私にも情報が下りてくる筈なのよね?
 それにプロジェクトに繋がる絡みも無かったの。
 完全なるプライベートだと思うの?」


優紀もつくしが心配になり、聞いて来た。


「つくしが知らないような隠し事が有るかもって、思っているの?」
「そうだとしか思えないの。
 パパとママの動きが怪しいのよ?
 何か知っている事が有るなら教えて欲しいの。」


皆、フランスで何か起こっているんじゃないかと、察知したものの、教えて良いものか迷っていた。


つくしが最後のお願いかのように、懇願して来た。


「教えてもらえない様なら、『静さん』って方の画像だけでも良いから見せて~。」


つくしは、皆に手で拝むように懇願して来た。


皆は迷って、司の方を見ていた。


“おい、皆で俺を見るな。
目配せするな、ややこしいわぃ!”


取り敢えず、画像だけを見せる事にした。


あきらが持っていた、静がフランス留学する時に空港で取ったF3&静の画像をつくしに見せた。
画像を見たつくしは、途端に頭を抱えて、一瞬、蹲り出した。


それも2~3分くらいの事だったので、皆は気にして居なかったが、何か有れば病院に行くと約束させられて、つくしは皆とは別れていた。


司はあの時、ちゃんと着いて居て遣るべきだったと、後悔していた。
あの日以来、つくしの様子が可笑しくなって行った。






 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。