tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 9.

【花沢つくし 編  9.】


クリスマス・正月・バレンタインデー・皆、それぞれのバースデイと、行事は過ぎ、4月になり、F3・滋は大学2年、つくし・優紀は大学1年、桜子は高校3年になった。


それぞれが忙しくなり、仲間で集まる機会も減ってきていた。
つくしは社交界デビューに向けて、お嬢様教育が本格的に成り、中々皆と会う機会も儘ならない状態が続いていた。


また、F3・滋もそれぞれの家業の仕事が本格的になりつつ有り、親に就いて廻る日々が続き、時間に余裕が出来ないでいた。


唯一、時間に余裕が有るのが、女子大に進んだ優紀と高校生の桜子だけだった。
優紀はバイトをしていたが、比較的、時間は取れる状態ではあった。


二人は、意外にも気が在った様で、時間を見付けては、会うようにしていたのだ。


まあ、優紀は桜子の策士振りに、若干、舌を巻いている節も見え隠れしていたのは言うまでもないが…。



そんな時だった。
優紀と桜子は、相変わらず、女遊びの絶えない総二郎とあきらに表参道で声を掛けられた。


「あれ~、優紀ちゃんと桜子じゃねぇ?  
 珍しい組み合わせじゃねぇ…か?」
「えっ、西門さんと美作さんじゃないですかぁ?
 お久し振りですね。」


「お仕事、お忙しそうですが、まだ、女遊びは止められないみたいですね?」
「それって、嫌みか?  桜子…。」
「そう、取って頂いても構いません。」


「はは~ん、もしかして、嫉妬か?」
「嫉妬な訳ないじゃないですか?」
「良いから、良いから、それなら、そうと早く言えよぅ。
 女なんか誘わず、飲みに連れて行ってやるのによぅ。」


「悪いけど、そういう事だから、また。」
女達「………」


「良いんですか?」
「良いの、良いの、気にしない、気にしない。」
「仲間の方が大切しょ。」
「まあ、そういう事にしておきますか?」



かくして、4人は時々会うようになっていった。






伝え忘れ…。

こんにちは。
amiです。


皆さん、ご承知頂いているかと、思いますが、今回のつかつく、一つ一つの話の流れが、現在は短めです。


もう少ししたら、長め(?)になると、思います。(私情比?)


短めになっていると思えば、2話連続投稿すると、思われます。


皆さん、抜けずに、ご覧下さいませ。


決して、楽しようしていませんよ(笑)。


お話しの流れ上、切った方がと、思い、ぶった切ってます(笑)。



今日の夜中投稿、総優の時間設定…、予約投稿し忘れて投稿していたようで…。
ある作家さんに教えて頂いて、“あちゃぁ~”って、なっています。
皆さん、複雑な感じですかね?
すみません。



“総優”熱、皆さん少なめですか?


皆さん、目覚めて~‼ (強要するなって…、きゃーー)


意外と、優紀には総二郎が似合っていると、思うんですが…。


皆さん、総優と思わず、ちょっと、否、壁から覗き込むように、そっーっと、チラ見してご覧下さいませ。


ami





好きなのに…<総優>  1.

総二郎はF3から“メープルに来い。”と、呼び出された。


到着するや否なや、総二郎はあきらから、
「どした?  その顔色?」と、心配がられた。
「えっ?」と、言われている意味が分からず、首を傾げていると、
「鏡、見て来たら…。」と、類からも言われる始末。


今日は、大学を休んで、ずーっと、邸でボーっとしていた。


優紀に会えなくなって、今日で3週間。
何もする気が起きず、自分でも、“何やってんだ。”って、思うんだから、F3からしたら、“しっかりしろ。”って、言いたいんだろうな。


「つくしがな、“最近の西門さん、何か変じゃない?”って、言ってんだが、“俺は何も知ら 
 ない。”って、言って於いたぞ。」と、司にまで原因を知っているぞと、言わんばかり
に言われた。
「はぁ??」と、答えると、
「自分で分かってないの?  総二郎。」と、類にまで、言われている俺って。


分かっているに決まってんだろ。
だから、苦しんでんだろ。


もう、どうにでもなれと、「原因は分かっている。」って、答えてやった。


そしたら、司が、
「何なら、昔、Wデートしただろ?  また、するか?
 今度は、俺とつくしが協力してやるぜ。」


上からか?と、言いたいが、勝手に口から出てきた言葉は心にもない言葉だった。
「ああ、宜しく頼む。」


「何時、Wデート、したんだよ~?」って、間の抜けた声が聞こえてきた。


「高校の時にな、俺とつくしを引っ付ける為に、総二郎が松岡にウソのデートを仕掛  
 ける手伝いをお願いしたらしいだよ。
 ウソのデートだったはずなのに、思い掛けず、楽しいデートになったって訳。」


「その後は大変じゃなかったっけ?」
「………、類、思い出さすな。」
「自分から、言ったんじゃん。」
「………」
「おいおい。」


「今度は司と牧野が優紀ちゃんを騙すって訳…か。」
「騙すとは、人聞き悪ぃな?」
「でも、そう上手くいくの?」
「まあ、総二郎次第だろ。」


「どうやって、優紀ちゃんを呼び出すんだ?」


「う~ん!、実は、俺とつくし、婚約したんだわ。 
 そんで、邸で一緒に住む事になったんだわ。」
「どさくさに紛れて、自分の報告?」


「まあ、聞けって。
 で、うちの邸でパーティするからって、つくしに松岡を呼び出させる。
 総二郎と松岡は、うちの邸で散歩しろよ。
 ムード出させてやるからよ。」


「良いのか?」
「良いも悪いもねぇだろ?
 初めて、お前のそんな苦しそうな顔見たら、協力したくなるだろ。」


「司も片思いの苦しさは分かってるんでしょ。」
「まぁ~な。」