tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

切な過ぎる二人…<総優>  12.




<総二郎side>


Twitterで、俺と優紀の画像が投稿されて以来、優紀の身辺も危なく成って来た事から、親父が西門家の伝手を使って、議員の先生に頼んで、優紀を休職扱いにしてもらって、西門邸に住まわせる事に成った。


其処で、親父とお袋に会った優紀は、ご対面の挨拶をした。


「お初にお目に掛かります。
 『松岡優紀』と、申します。
 宜しくお願い致します。」
「優紀さん、私(わたくし)は、『初めて』じゃないのよ。
 お忘れ…かしら?」
「えっ??」
「あら、優紀さんが高校生の頃、更さんとご一緒に此方(西門邸)にお越しに成ったわよ
 ね?
 お忘れだった?」
「………、いいえ、忘れてはおりません。」


俺は、優紀の顔が、苦しそうに見えた。


そりゃあ、そうだよな?
俺に言われた言葉を思い出したんだろうな…。


お袋の野郎、余計な事を言いやがって…(怒)。


「お袋、その頃の事は、此れからは、禁句な‼」
「あら、何故ですの?」
「取り敢えず、禁句だっ‼」
「総二郎にとって、都合悪い頃の事だからでしょ?」


分~ってるじゃねぇかよ⁉
じゃあ、言うなっ‼


「総二郎は、相当、今まで、優紀さんを傷付けていた様ね?
 優紀さんには、謝ったの?
 優紀さんに許してもらったの?」


何処で、仕入れたよ、その頃の事を…よ⁉


優紀の顔が、俺に、“それ以上、掘り起こすな‼”って、言って居る様で、俺は、お袋にそれ以上、反論出来ずに居た。


取り敢えず、俺は、お袋に無難に応えていた。


「ああ。」


なのに、お袋は、俺より優紀らしく、優紀を援護する様な言葉を言ってやがる。


「優紀さん、此れからは、今まで総二郎が優紀さんを苛めた分、私(わたくし)が、優紀
 さんを守るわ‼
 総二郎に何か言われたり、総二郎が、お痛した時は、何時(いつ)でも、私(わたく
 し)に仰って頂戴ね‼」
「有難うございます。
 宜しくお願い致します。」
「はぁ~??」


何だよそれっ‼
優紀まで何だよ⁉
俺が、また、優紀を苛めるとでも、思ってんのかよ⁉


まあ、苛めるとしたら、別の意味だろうけど…よ。


「あはははは~。
 そりゃあ、良いな‼
 嫁姑で、息子に対する共同戦線って…か?
 そりゃあ、楽しみだ‼
 頼もしいな、西門家の女性は…。
 なぁ、総二郎、そう思わんか?」


親父まで、何なんだよ⁉
てか、いい加減にしろよ‼


俺を出しに使うな‼


「取り敢えず、俺の嫁さんに成るんだから、大切に扱ってくれよ‼」
「あら、私(わたくし)は、息子より、優紀さんよ‼
 こんな愚息を男にしてくれたんですもの。
 大切にしなきゃあ、罰が当たりますわ‼」
「はいはい、愚息で申し訳なかったな‼」


優紀は、何か、居た堪れねぇって、感じだな。


だが、俺は、気付いてしまった。
親父とお袋と、こんなに俺は、親子の会話をして居る事を…。


しかし、俺も、やっぱり、この場が居た堪れねぇ…。



此れは、早目に退散した方が良さそうだな⁉


「取り敢えず、今日のうちに、優紀の両親にも挨拶を済ませて於きてぇから、今から、優
 紀と、二人で言って来るわ‼」
「そうだな。
 そうしなさい。」
「優紀さんのご両親には、先に伝えて有るのね?」
「優紀が伝えてくれてる。」
「はい、伝えて有ります。」
「そう、じゃあ、行ってらっしゃい‼」



こうして、俺と優紀は、松岡宅に、挨拶に向かって居た。




慕情そして恋情…<つかつく>  28.




<オリキャラが出て来ます。   申し訳御座いません。>



<翼side>


類おじさんとあきらおじさんと桜子さんにメープルのラウンジのVIPルームに集まって頂いた。


あきらおじさんが口火を切ってきた。


「俺等だけか?
 珍しいメンツだよな?」
「翼が悩み事が有るらしくてね。
 司と牧野には、話し出来ない。
 総二郎と松岡が居ると話しし難いって言うからさ。
 だから、このメンツ‼」
「翼、悩みって何だよ?
 言ってみな‼」


で、俺は、俺の悩みをF2のおじさん達と桜子さんに話しした。


「成程な‼
 そりゃあ、総二郎と優紀ちゃんが居れば、話しし難いわな。」


俺が好きに成った女性は、母さんの第1秘書で、総二郎おじさんと優紀さんの姪っ子さん…。


名前は、『西門麻耶』さん。
姉弟は、お弟さんが居るらしい。


「翼、告らねぇのか?」
「出来たらそうしたいけど…
 恋人が居るかも聞いて無いし、恋人が居たらショックでしょ⁉」
「翼、マジで、司の息子(こ)か?」
「一応…は。」


此処で、桜子さんが助け舟を出してくれた。


「私から、先輩と優紀さんに話ししてみましょうか?」
「えっ、良いですか??」


急に、俺の気分は浮上した。


「そうだな。
 桜子に、話ししてもらう方が、良いかもな⁉
 桜子はこう言うの得意だろ⁉
 上手く立ち回ってくれるぞ、翼‼」


類は、呆れていた。


「はぁ~
 あきら、こんな所で、奥さんの事で、惚気ないでよ‼」
「はぁ~??
 惚気てんじゃねぇの。
 ほんとの事だろ?」


そう言いながらも、俺の事を心配してくれるおじさん達には感謝だよな。


ほんと、父さんの息子(こ)として、生まれて来て、良かったよ。



あれから、数日が経ったある日、あきらおじさんから、連絡が来た。


“翼、桜子が、牧野と優紀ちゃんに話ししたらしい。
 今日にでも、牧野から、何か聞かれるかも知れない。
 心して掛かれよ‼”
「おじさん、有難う御座いました。
 桜子さんにも宜しくお伝え下さい。」
“了解‼”


上手く行くかは分からないが、何とか、母さんに分かってもらえる様、話ししないとな‼




<つくしside>


桜子が、突然、私の執務室に現れたかと思えば、物凄い爆弾的言葉を紡ぎ出した。


「先輩、知ってます~⁉」
「何を??」
「翼君に好きな女性が現れたらしいですよ‼」
「はぁ~??」
「翼君も、もう30オーバーですよね?
 そろそろ、好きな人が居ても可笑しくないでしょ?」
「そりゃあ、早く現れて欲しいとは思っているけど…⁉
 で、桜子は知ってるの、翼の好きな娘(こ)って…?」
「はい‼」
「“はい”って…。」
「知りたいですか?
 先輩の身近な女性ですよ‼」
「私の身近な女性??」


私は、首を捻りながら、暫し、考えて居た。


其処に、私の執務室に麻耶ちゃんが、珈琲を持って入って来た。


私は、麻耶ちゃんの顔を見て、暫し、見詰めてしまっていた様で、麻耶ちゃんが不思議な顔をして、私に声を掛けて来た。


「専務っ?」


私は、覚醒したが如く、我に返り、思わず、大きな声で叫んでしまった。


桜子、もしかして、麻耶ちゃん??


桜子は耳を塞ぎ乍ら、私に言い返してきた。


「先輩、声、大きいですよ‼
 麻耶さんも吃驚してますよ。
 そうですよ‼」


私は、嬉しかった。
翼が、麻耶ちゃんを好きに成ってくれた事が…
だからだろうか?
私は、異常に、テンションが高かったらしい。


「ちょっと、大変じゃない?」
「麻耶ちゃん、翼を呼んで‼」


名前を言われている麻耶ちゃんも驚愕していたが…。
桜子は、更に、驚愕した様な顔付きをしていた。


「先輩、翼君を此処(つくしの執務室)に呼んで如何するんですか?」
「だから、翼に真意を確認するの?」


桜子は、呆気に取られた様な顔付きをしていた。
如何やら、私は、桜子から、呆れられたらしい…。




切な過ぎる二人…<総優>  11.




<総二郎side>


俺と優紀は、暫しの離れ離れに成る。


優紀は、涙目に成っていた。
俺は、そんな優紀を見て居て、傍に居て遣れねぇ事を悔やんでいた。


だが、それも、後もう少し…。
“束の間の日々だ‼と、俺は、優紀に伝えていた。
“ぜってぇ、迎えに来る‼”と、俺は心に誓って…。


「優紀、後、もう少しだ‼ 
 また、TELする。
 優紀、愛してるからな‼」


そんな言葉を投げ掛けながら、俺は優紀を抱き締めて、軽~いkissから深いkissを施して遣った。
そして、中々、離れられねぇ俺と優紀が其処には居た。


漸く、俺と優紀は唇を離しはしていたが、俺が優紀を抱き締めて居る状態には変わりなかった。


優紀は、真っ赤な顔に成りながら、ニコっと、微笑んで、俺の言った言葉に、優紀は、俺に頷いて見せてくれた。


そんな所を、偶々、観光に来ていたCPに見られ、Twitterに画像を掲載されてしまった。


如何も、俺が何者かを知っている様子だった。


俺は、こんな所とは言ってはいけねぇが、油断していた。
“まさか…⁉”だった。


でも、俺も優紀も、此れで覚悟が出来た。


だが、それに慌てたのは、親父とお袋…だった。


まだ、公表出来る段階に無いのだから、当然ちゃあ、当然の理由だった。


だが、俺は、至って冷静でいた。
何故なら、公表される、されねぇに関係なく、初めから、俺には、優紀しか居ねぇんだから…。


親父とお袋には、言って除けて遣った。


「丁度、良かったんじゃねぇ‼
 公表する手間が省けて…。」
「総二郎、そう言う、問題じゃないでしょ?
 詰めが甘いのよ、総二郎は…?」
「どっちにしても、俺は、優紀以外、考えられねぇ‼」
「それは、十分過ぎる位、分かってる。
 お前を男にしてくれた優紀さんを迎え入れる事は、もう、西門家では、了承してい
 る。
 だからこそ、言うんだ。
 優紀さんを傷付けない様にしないといけない。
 それに、優紀さんのご両親は、寝耳に水の話だろうから…な。」


俺は、親父の言葉にハッとした。
そうだ、優紀の両親には、まだ、会っても居ねぇ…。


俺とした事が…。


俺は、慌てて、優紀にTELして、確認していた。


「優紀、優紀の両親は俺等の事、知ってんのか?」
“聞かれましたけど…。”
「何て、応えたんだ?」
“お付き合いさせてもらっていると…。”


総二郎は、優紀の言葉が嬉しかった。
恋人として、紹介してもらえた事が…。


「分かった。
 親父達が心配してたから…よ。
 そう伝えとくわ。」


優紀は、小さな声で、“はいっ‼”と、言って居た。



で、俺と優紀の事を心配してくれていたあいつ等が、俺等に連絡して来た。



【F4&T4LINEにて】


『総二郎、Twitter見たかよ?』
『ああ、見た‼』
『お前、自棄(やけ)に冷静だな‼』
『もう、親父とお袋も、優紀の両親も知ってるから、逃げも隠れもしねぇで良いしよ。』
『成程…ね。
 コトは着々と進行しているって訳なんだ。』
『まあ、そう言う事。』
『優紀、良かったね‼』
『うん、つくし、有難う‼』
『ほんと、良く耐えられましたよね⁉
 私達が居ないし、一人だったのに…。』
『そんな事無いよ‼
 T3からは、励ましてもらってたもん。』
『お前等T3のお陰だよ‼
 優紀を励まして遣ってくれて、サンキュな‼』
『如何致しまして‼』
『何のこれしき‼』
『滋さん、何時(いつ)の時代の言葉ですか?
 でも、本当に良かったですね。』
『サンキュ‼』
『有難う‼』


総二郎と優紀は、これ以上に無い親友のF3&T3に感謝の気持ちで一杯だった。