tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もう一度、取り戻す…<つかつく>  16.




司会者が、促し始めた。


「ご静粛にお願いします‼」


実は、記者達は、司がつくしに騙されているという風に話しを持って行きたかったのだ。
ところが、司の母親で有る、あの『鉄の女』が、異を唱えたのだ。


誰も何も言えなかった。


楓は話しを続けた。


「司が約10年前にメディアに残した『4年後、迎えに行きます。』と公言した例の相手の
 女性がつくしさんです。
 つくしさんが、余りにも綺麗に女性らしくなってらっしゃるから、皆様、お気付きに
 成ってらっしゃらないようですわね(微笑)。」


記者に寄って、笑顔の記者、驚愕の記者、苦笑している記者等、様々で有った。
楓は、俄かに楽しんでいるようにも見えた。


「オフレコでしたが、約6年前、私(わたくし)の主人が2回目に倒れた時、司には、“現
 を抜かしている時間はない。”と、申しておりましたので、NYに留まらせ、道明寺HD
 の副社長としての責務を全うさせました。
 つくしさんには、その事を伝えておりましたので、司とつくしさんは別れていた事に致
 しましたの。
 で、司とつくしさんには、そろそろ、けじめを付けさせる気でおりました処、この様な
 事態になったという訳です。」


楓は一息を突き、ウォーターを口に含ませた。
そして、前を見据えて、宣言をした。


「此処で、私共の愚息 司と牧野つくしとの婚約記者会見と致します。」


記者から、歓声が上がった。


記者達にとっては、思ってもいない事だった。


この事に寄り、司の恋人はつくしで有り、婚約者として、世間に周知された。



また、この事に慌てたのはF3だった。


「何故、司だけが…。」


と、成り、また、それぞれのF3の親達も、婚約発表を慌てて行うと言い出した。



この事に寄り、奇声を発し出したのは、世の良家のお嬢様方。


司に続いて、F3もが、婚約発表を行ったのだ。


ショックを起こさない方が可笑しいだろうと、言われていた。


道理で、F4の親達は、お見合いを断る筈だと、良家の親達も納得していた。



道明寺HDでは、社員が、つくしの仕事振りを見て、また、司の婚約者として、つくしに『よいしょ』をし始めた。


つくしは仕事がし難い事、この上なかった。


其処で、前々から考えて居た事を楓は行おうとしていた。
楓の鶴の一声で、つくしは、司の専属秘書になった。


勿論、司の専属第1秘書は、西田。
第2秘書に、つくしを据え置いた。


秘書課の女子社員は、つくしの秘書課への移動に狼狽えた。


何故なら、司のイチャ付き振りが、目障りだったからに他ならない。
仕事に成らないのだ。
しかし、つくしが秘書課に居る事で、司の仕事の効率が極端に上がっている為、周りは何も言えずに居た。


楓もその一人だった。



今日も、司は幸せ一杯、仕事の効率が良く、道明寺HDの業績も鰻上りに上がっていた。



この1年後には、結婚した司とつくしとの間に、待望のつくしの妊娠が発覚するので有った。



やっと、司とつくしは、幸せを噛み締める事が出来たのであった。



fin




バラバラの果てに…<ALL CP>  4.




一方、あきらもイギリスに戻って直ぐ、イギリス郊外の視察の為、ウィンザー城の近くに仕事で行っていた時、友人達と観光で訪れていた桜子と偶然、再会した。


あきらは思わず桜子に声を掛けていた。


「桜子だよな?」
「えっ??
 美作さん…?」
「久し振りだな‼
 何年振りだ。」
「あの~
 ……。」


あきらは桜子の言葉に被せるように、声を掛けた。


「なぁ~、桜子‼
 少し、時間ねぇか?」


桜子は迷っていた。
友人達は、ドイツ人。
片言なら英語もOKだけど、友人達だけにして大丈夫だろうか…?


そんな風に悩んでいた時、あきらから声を掛けた。
あきらには桜子が悩んでいる意図が分かったので有る。


「桜子、桜子の友人達の相手を、うちのドイツ語も出来る秘書にさせるのは如何だ?
 観光案内もさせるから…。」


桜子は友人達に確認して、OKを貰えたので、あきらと一緒に行く事を決めた。


“友人達からは、後で、色々、聞かれるだろうけど…。”と、桜子は、思っていた。



その後、あきらと一緒にレストランに入り、久し振りの高級感溢れるひと時を桜子は過ごしていた。


「こう言うのは、久し振りってとこか?」
「そうですね。
 ドイツでは、セレブの友人より庶民の友人の方が多いですから。
 先輩の影響でしょうか?」
「そう言えば、桜子は今の牧野の現状を知らねぇんだよな?」
「先輩、見付かったんですか?」
「ああ、意外な所に居たよ。」
「意外な所??」
「椿姉ちゃんの所に居た。
 しかも、『桜庭家』の養子に成ってた(笑)。」
「………、はぁ~??
 確か、『桜庭家』って、道明寺さんのお姉様の婚家ですよね?」
「ああ、そうだ‼
 あの時、椿姉ちゃんが牧野を拉致ったらしい。」
「如何いう事ですか?
 あの時って、先輩が高校3年に上がる直前に居なくなった時って事ですよね?」
「そう言う事だ‼」


桜子は信じられないでいた。
“椿さんも先輩も、私達がどれ程、心配していたか知っているので有ろうか?”と…。
“今度会ったら、突っ込まなくちゃ‼”と、桜子は心の中で悪態を付いていた。


あきらは、話題を変えようとしていた。


「なぁ~、桜子。
 俺達、何年もバラバラだっただろ?
 また、こうやって再会出来たんだ。
 また、連絡取り合わねぇか?」
「他のメンバーは如何なんですか?」
「司の記憶はまだ戻ってねぇと思う
 この前、牧野の桜庭家の養子の報告パーティーで、類と総二郎と滋には会った。
 勿論、牧野とも会ったけど…。
 優紀ちゃんだけがまだ、見付かってねぇんだよ。」
「優紀さんなら、今、京都に居る筈ですよ。」
「………、京都?
 また、何でだ?」


“F3は未だに、西門さんが優紀さんを傷付けていた事を知らないんだぁ~。”と、桜子は、思い出していた。


「美作さんは、優紀さんが何故、京都の大学を選んで、そのまま、京都に居ると思いま
 す?」
「………」
「そうですよね?
 美作さんはご存知無いですよね?」


『総二郎について』の話しを桜子から聞いて、あきらは驚愕していた。






もう一度、取り戻す…<つかつく>  15.





つくしは、楓から出された課題を熟そうと必死に成っていた。


司も会社内では、つくしに協力的に成っていた。


実は、このプロジェクトのプロジェクトリーダーにつくしが楓より任命された。
勿論、総責任者は、司が就いた。


プロジェクト会議、司の執務室での司との打ち合わせと、司とは、会社・邸に関係なく顔を突き合わさない日が無い程、常に一緒に居た。


司は夢心地では有ったが、つくしは圧迫感が有り、絶えれない日も有った。


だが、つくしは、司の寂しそうな・辛そうな顔を見てしまうと、何故か、許してしまうつくしだったのだ。


半年掛けて、やっと、楓の前で、プレゼンが出来るまでに、完成した。


楓の前でプレゼンをする日が遣って来た。
将来的には、嫁の立場のつくしでも、容赦のない楓では有るのは、つくしは実証済。
成らば、絶対、手を抜く事がない様に、つくしは考えて居た。


楓の仕事に向ける姿勢を見たつくしは、“やはり、お義母様には敵わない。”と、思うので有った。



そして、プレゼンの結果、楓より、お墨付きをもらった。
此れで、つくしは約束通り、司との結婚にGOサインを出すと、司は思っていた。
しかし、つくしは、まだ、最後まで、この商品を見届けてから、結婚したいと言い出した。


「社長から言い渡された猶予期間は1年でしょ。
 まだ、半年残っているでしょ?
 商品を見届けてからでも、良いでしょ?」


司は思惑が外れて、“はぁ~??”で、有った。



商品広告の展開と共に、商品を売り出す事に成った。



この広告が、中々の好評を得ていた。


~~  キャッチコピー…


【あなたは、この香りに騙されて…
  あなたは香りを魅せれる…それとも、香り貧乏??】


芳醇な香りの様で、其処まで、芳醇じゃない…。


シャワー後に付けるボディクリームのような、甘さを蓄えた香り…。


ほんの少し、香りを付けただけで、あなた自身の香りが変わる…。
  
そんな香りを付けてみませんか?   ~~



モデルも、旬の若手アイドルを起用し、他人(ひと)に(香りを)魅せる様な、色香を纏った様なCMに成る様、制作を心掛けた。


全体的なCMには、『香りを魅せる』イメージを心掛けた。
  
CM受けも良く、つくしは、やっと、肩の荷を下ろしていた。



ところが、CM制作に携わっている間、司とつくしは、常に、一緒に行動を共にしていた事も有り、パパラッチにマークされていた様だった。


まさか、つくしは、パパラッチに後を付けられているとも知らずに居たのだ。
外出した際は、メープルに司と立ち寄り、食事をする機会が増えたので、パパラッチに写真を撮られていた…等と、知らずに居たつくしだった。


司は知っていたが、態と、写真を撮らせる様に仕向けていた。
そうとは知らずに居たつくしだった。


商品が売り出された事に寄り、広告が雑誌に掲載された。
と、同時に、司とつくしのゴシップも掲載された。


ゴシップに司とつくしの件が掲載される事は、既に、楓の知る処で有った。


道明寺HDとしては、何の反応も示さない事から、世論が騒ぎ出し、記者会見をしなければならなくなった。


楓も急遽、日本に帰国し、司とつくしと一緒に、記者会見に応じた。



司会者が『楓』と『司』の紹介をした後、楓が応じた。


「先程、ご紹介を受けました、道明寺HD 社長を致して折ります道明寺楓でございま
 す。
 今回、私共の愚息でございますと 道明寺HD 広報部に在籍致して折ります牧野つ  
 くしに関しまして、私(わたくし)が説明致します。
 司とつくしさんとの出会いは、英徳高校時代に遡ります。
 一方的に司がつくしさんに恋をし、最初は、つくしさんは、司から逃げていたと司の
 親友から聞いています。」


記者達は、ざわ付き始め、驚愕していた。