tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  12.




つくしは総二郎に押し切られる形で司の誕生日パーティーに出席していた。



その時、道明寺家に60年使用人として仕え、現在は使用人頭をしているという老婆 タマに声を掛けられた。


「あんただね、司坊っちゃんの想い人は…?」


つくしは驚愕して、首を捻っていた。


「えっ??
 如何言う意味でしょうか?」


タマは、聞いている通りだと、感心し切りだった。


「はぁ~⤵。
 成程、相当、鈍感だね⤵。」


タマは小さい声で言っていた。


つくしは聞き取れなかった為、聞き直した。


「えっ?
 何と仰いました?」


タマは、この娘(こ)なら…と、思ったのであった。


「まあ、良いよ⤴。
 司坊っちゃんを見捨てないでやっとくれよ⤴。」


つくしは首を捻るしかなかった。


「えっ??
 私が…ですか?」


何を今更と思いながら、言っているタマで有った。


「そうだよ⤴。
 司坊っちゃんは幼少期からずーっと一人、寂しい思いをして来られて、暴君だったの
 に…⤵。
 お嬢様に会ってから、何か毎日が楽しいらしくてね。
 表情が柔らかく成ったんだよ⤴。
 お陰で道明寺邸は毎日が平和だよ⤴。」


つくしは、溜息しか出なかった。


「はぁ~⤵。
 そんなに違うんですか?」
「違うってもんじゃないよ‼
 『天と地』程、違うんだよ‼」
「………」


つくしは言葉に成らなかった。


「司坊っちゃんがお嬢様に捨てられでもしたら…⤵。
 また、司坊っちゃんは『元の木阿弥』だよ⤵。」


タマは擦り手で拝むような仕草をしながら、つくしにお願いしていた。


「頼むから、司坊っちゃんを見捨てないでやっとくれ‼」


“もう、脅しじゃん。”と、つくしは心の中で叫んでいた。


「それって、脅しですか?」
「そう取りたいなら、そう取ってくれても構わない⤴。
 道明寺家の未来の為だから…ね。
 司坊っちゃんが初めて、女性を好きに成ったんだ⤴。
 応援しない筈無いだろ?
 それと言って於くけど、司坊っちゃんの事は、当主の司坊っちゃんのお父上とお母上
 は、もう既に知っているよ⤴。
 今日、お嬢様に会える事を楽しみにしてらしているよ。
 お嬢様のお父上とお母上にもお話しは入っている筈だよ⤴。
 勿論、西門家にも…ね。
 もう、お嬢様は周りに固められているんだよ。
 道明寺家からは逃げられないよ。
 観念しなよ‼」
「………」


つくしは、『万事休す』だと悟っていたので有った。


「はぁ~⤵。」←つくしの心の声…。
        溜息ともいう⤵。



逃げられないと悟った時、背後から声を掛けられた。


後ろを振り向いたつくしは驚愕していた。



つくし、万事休す…⤵⤵。






 

打ち上げ花火…<つかつく>  4.





<司side>


打ち上げ花火…あの夜、あいつと一緒に見た時、あいつは言っていた。


『打ち上げ花火』って、『空に輝く花』って言うだって…。
 本当の打ち上げ花火の意味は、先祖を祭る為の『精霊送り』が語源何だって…。
 鎮魂が込められているんだって…。
 闇夜を一瞬にして明るく照らし出して、“さあっ”と、散って行く…。
 誰もが思う打ち上げ花火は、一般的には、華やかで明るい…、だと思うけど、
 私の思う打ち上げ花火は、儚く寂しさを感じて…。
 でも、その一方で、去り際が、潔くてカッコいいって、思うの。
 私は、誰かの打ち上げ花火には、成れないかも知れないけど…、
 私が思う誰かの打ち上花火には成りたいなぁ…って思うの。」


『俺はそんな事言うなよ。』って、心の中で叫んでいた。


その後、直ぐだった。
俺がNYに連れて行かれたのは…。




俺は、あいつを失いたくなくて…、ババアと対峙する為、NYに戻った。


俺はババアに言った、牧野の置かれていた現状を…。


俺は西田から聞いた、
*牧野の親父さんのリストラの件
*タイミングの良い家族での関西移住の件
*牧野のイギリス留学の時期の件


あきらから聞いた、
*情報操作の件


そして、
*裏帳簿の件


全て、ババアが絡んでいる事を突き止めた俺は、ババアを追い詰めた。



ババアは動じる事無く、ババアは俺に言い訳をして来た。
最もな言い訳として…。


「何もかも、道明寺HDの為、強いては、あなた、司の為に行った(おこなった)までで 
 す。」
「あんた自身の、ババアの為に行った(おこなった)の、間違いじゃねぇのか?
 俺をババアの意のままに操る為に…。」


ババアは絶句していた。


「俺から4年は、道明寺HDの為に尽くすと約束した。
 その後は解放してくれと言った。
 それを了承したのはあんた、ババアだろ?」
「4年で道明寺HDが終わると言うのですか?
 終わりではなく、始まりです。
 あなたが納得するように、了承はしましたが、認めた訳では有りません。」
「今更だろ、了承は了承だ。
 サインも有るんだ。」
「親子の間の誓約書です。
 世間が認める筈は有りませんし、何より、私が認められる筈は有りません。
 道明寺HDの法律は私(わたくし)です。
 あなたが4年後も此処(NY)に残ると思っていました。
 私(わたくし)を捨てられる筈等無いと…。
 あなたは、私(わたくし)を捨てられるの…?」


ババアは此処に来て、感情論で俺に揺さ振りを掛けて来た。
まさかだったが、俺は動じなかった。
俺はあいつが居てくれれば、それだけで良かったから…。



「ああ、ババアは捨てられるが、あいつは捨てられねぇ。」


ババアは絶句して何も答えられねぇでいた。



此処で、ババアとの話し合いは平行線のまま終わった。



そして、俺は日本に帰国して、後悔する事に成った。



俺がババアに言った一言のせいなのか…?






従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  11.




つくしが英徳高校に編入時に、司はつくしに一目惚れしていた。


つくしと間合いを詰める為、総二郎を通じて、F4ラウンジで会うように心掛けていた。


今日も会う為に、F4ラウンジに行くと、総二郎に何やら話ししていた。


つくしは首を捻りながら、総二郎に確認していた。


「総兄、最近、道明寺さんと良く一緒になるよね?
 態と…??」


普段、“『鈍感少女つくしにしては鋭いな”と、総二郎は思っていた。


「否、そんな事はねぇぞ‼」


つくしは不思議で仕方なかった。


「じゃあ、何で…?」


総二郎はつくしが司に恐怖を感じていない様に見えるので、聞いてみた。


「つくしは、司が怖いか?」


つくしは、司に対して、“そう言えば、怖くない⤴??”と、自分自身に??だった。


つくしは、つくし自身に驚愕していた。


「えっ、そんな事無いけど…⤵。
 もう、慣れたし…⤵。」



この半年間、司はつくしに間合いを詰めながら、つくしに馴れてもらう事ばかり考えていたが、“それが、この仕打ちか?”と、大きな声で言いたい気分だった。


“如何したら、俺(司)の気持ちにつくしは、気付いてくれるんだぁ~??”と、司はつくしに聞きたいくらいだった。


鈍感つくし』を気付かせるには、それなりの覚悟が必要だろう。


“今の所、つくしが気付く確率は0%に近いだろう。”と、総二郎は思っていた。



それから、幾日か経ったある日、司の誕生日パーティーの招待状が西門家にも届いた。
何故か、総二郎とつくしの連名で届いたので有る。


総二郎はつくしに尋ねた。
連名で招待状が届いたと言う事は、司の命令だろうし、司が、“つくしを連れてきて欲しい。”と、言う気持ちの表れだろうと、察したからであった。


「つくし、道明寺家から司の誕生日パーティーの招待状が届いたけど、つくしは如何す
 る??
 行くか…?」
「えっ??
 私、道明寺さんと接点無いよ⤵。
 学校のF4ラウンジで会うくらいでしょ??」


つくしよ、お前、連れねぇな⤵。
司が不憫で仕方ねぇわ…⤵。


「司は来て欲しいと思うけどな…⤴。」


つくしは納得はしていなかったが、総二郎を立てる意味で答えていた。


「じゃあさあ、暇だったら…って事で‼
 ねぇっ⤴‼」


司、つくしの脈は無さそうだな⤵。”と、総二郎は思っていた。



司、許せ‼