tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

慕情そして恋情…<つかつく>  24.




<司side>


俺は、翼と親子の会話をするのは、何年振りに成るだろうか?


一応、つくしにも、俺のNY出張の時に、翼と親子の会話をして来る事は伝えて於いた。


「つくし、今日、親父から、翼の件で連絡が有った。」
「お義父様から?」
「ああ。
 俺も親父と初めてじゃねぇかってくれぇ、翼の事で親子の会話をしたわ。」
「良かったじゃない。」
「ああ。
 でも、何か照れるな。」
「うふふ。」


つくしは笑っていた。
その笑いの意味は分からねぇが…。


そして、NY出張の日が来た。


「司、翼の事、頼んだわね。」
「ああ。
 つくし、俺、親の役割、果たせるかな?」
「司、翼の父親でしょ⁉
 自信を持ってよ‼」
「ああ、そうだな。」
「うん、そうだよ。」


こうして、俺は、息子の翼の居るNYに出張で渡米した。




<翼side>


父さんと、仕事をするのは初めての事。
如何なるかは分からないが、父さんの仕事の仕方を盗もうと思っていた。


「翼、今回の仕事、宜しく頼むな‼」
「父さん、此方こそ、宜しくお願いします。」
「翼坊っちゃん、ご無沙汰しておりました。」
「西田さん、父さんがお世話になっています。
 此方こそ、宜しくお願いします。」


何か、緊張する。
親子としても、久し振りだけど、父さんの事だから、俺の仕事振りを観察するだろうし…。


父さんの仕事の仕方を俺も観察しよう‼




<司side>


翼の仕事振りを見れる、絶好のチャンス。
どれだけ、成長してるか、楽しみで仕方ねぇ‼



「副社長、そろそろ、時間でございます。」
「ああ、分かった。」


俺は、翼と一緒に、リムジンに乗った。
リムジンの中は、翼と俺のプライベート空間に成る。
一応、親子の会話をしてみようかと、考えてみる。


「翼、そろそろ、日本での仕事も考えてみては如何だ?」
「如何いう意味?」
「NYと日本じゃあ、仕事の仕方も違う。
 将来、お前は、NYだけじゃなく、日本の仕事も覚えて行かなければならねぇ‼
 それが、道明寺HDの後継者の役割だ。
 お前は、世界を股に掛けて仕事をしてぇみたいだが、世界の中には日本も入る。
 親父と考えて、連絡くれ‼」
「分かった。
 日本での仕事は父さんと出来るって事?」
「ああ。
 今回、俺がNYに出張して来た訳は、其処に有る。
 親父の命令だ。」
「そうか…。
 だから、父さんがこっち(NY)に来たって訳か?」
「そう言う事だ。
 親父も色々、考えての事だろ⁉」
「だから、祖父さんから、父さんの“仕事振りを勉強しろ‼”って、言われたんだ。」
「親父の仕事の遣り方と俺とでは、また、違ぇ所が有るからな。」
「まあ、父さんの仕事振りも勉強させてもらいます。」
「ああ、お手柔らかにな‼」



早速、翼の仕事振りに舌を巻いた俺と西田だった。


やっぱり、伊達に、親父に鍛えられてねぇってか。
『俺も、うかうかしてられねぇな。』と、悟った一日だった。




切な過ぎる二人…<総優>  7.




総二郎と優紀は、F2&T2が居るで有ろうカラオケ店に向かった。


そして、総二郎は、あきらをLINEで呼び出した。


『あきら、外にちょっと、出て来てくれ‼
 そのカラオケ店から、程近いカフェで待ってる‼』


あきらは、総二郎と優紀が居るで有ろうカフェに入って来た。


「よっ、総二郎‼
 優紀ちゃんとの話しは付いたか?」
「優紀は、納得して居ねぇが、取り敢えず、話しは出来た。
 俺は、今から、忙しく成ると思う。
 司に出来て、俺に出来ねぇ事は、何一つねぇと思う。
 そうだよな、あきら⁉」


あきらは、総二郎の瞳(め)に生気が宿って居るのを見て、総二郎の漲る遣る気に、称賛の意を込めて、総二郎に言っていた。


「ああ、当り前ぇだろ‼
 総二郎、納得出来るまで遣り抜けよ‼
 楽しみにしてるわ‼」
「ああ、サンキュー、あきら‼」


あきらは、総二郎と優紀と別れて、カラオケ店に戻って、総二郎の決意を類&T2に話しして聞かせた。


類&T2は、喜んで、“ほっ”と、していた。


また、あきらは、司にLINEで伝え、つくしは、司から話しを聞かされた。
つくしは、心の底から、喜びを爆発させていた。


つくしは、LINEで優紀に伝えた。


『優紀、西門さんを待って居て上げて‼
 それが、西門さんのバロメーターに成ると思うから‼』
『うん、分かった。』


優紀は、密かに、“経験者は語るだね、つくし‼”と、心の中で思っていた。



つくしが司の部屋に行ってしまったので、優紀の部屋で一夜を一緒に過ごした総二郎と優紀は、朝、目覚めた其の日も、夜まで、部屋で一緒に過ごした。


総二郎は、至福の一時だった。


此れからは、総二郎自身、男としての戦いが待って居る。


司に出来たんだから、『俺も遣れば出来ねぇ事はねぇだろう‼』と、自分自身の思いを貫く決心を心に固く誓っていた総二郎だった。




そして、次の日の明け方、総二郎と優紀は、それぞれの地で、自分自身の役割を熟そうと誓い合っていた。


そして、それぞれの地に戻った。


総二郎は、優紀を取り戻す為に…。



総二郎は、東京に戻った途端、両親で有る家元と家元夫人に会っていた。


「家元、家元夫人、お話しが有ります。」
「何だ、改まって…?」
「この度の婚約の話しは無かった事にして下さい。」


家元は怒った口調で、総二郎に、大きな声で威嚇する様に怒鳴っていた。


如何言う意味だ?


総二郎は、躊躇する事無く、総二郎の想いを両親に告白していた。


「私には、高校の頃から好きで、心に決めていた女性が居ます。」


家元夫人は、思い出したかの様に、総二郎に確認して来た。


「それは、何方なの?
 まさか…、更さん?」
「更は、幼馴染で初恋ってだけで、幼い頃の思い出ですよ。」


家元夫人は、“まさか、遊びの相手じゃないでしょうね?”と、勝手に困惑していた。


「じゃあ、何方なの?
 貴方の周りに居た女性って、遊びの方以外で、司さんの婚約者の牧野さん以外、居たか 
 しら?」
「それが、居たんですよ‼
 牧野の幼馴染で親友で、更の高校の時の後輩の女性が…。」


家元夫人は、思い出していた。
嘗て、更が、西門邸に連れて来ていた女性の事を…。


「じゃあ、あの時、更さんに連れて来られた女性…?」
「ああ、そうだ‼」
「貴方、そんな素振りを見せて無かったでしょ?
 それ処か、(西門)邸に来て居た事を、“勝手に来た‼”と、思って、怒っていたわよ
 ね?」


“何で、そんな事まで、覚えてんだよ…。”と、驚愕して居る総二郎だった。


「西門の柵に、放り込む事が怖くて、傷付けるんじゃねぇかと、優紀を遠避けてしまって
 いたんだ。
 だけど、やっぱり、俺が、無理だった。
 優紀しか、居ねぇんだよ、俺には。」
「でも、確か、一般家庭のお嬢さんでしょ?」
「だから、何なんだよ?
 牧野も一般家庭の娘だろ?
 俺は、ぜってぇ、家元と家元夫人を認めさせる仕事をする‼
 だから、認めてくれる時には、優紀をも一緒に受け入れてくれ、頼む‼
 そうしねぇと、優紀が俺を認めてはくれねぇらしいからよ(笑)‼」


総二郎は、楽しそうに、嬉しそうに、総二郎の両親で有る家元と家元夫人の前で話ししていた。


そんな総二郎を見る事は、今まで嘗て、西門家には、無かった事。
こんな楽しそうな総二郎を見る事は、家元と家元夫人は、驚愕しか無かったのだ。


『総二郎が、その好意を寄せている女性で変われるなら、どんな風に変わるのかをお手並
 み拝見とでもしようか?』と、思う家元で有った。




慕情そして恋情…<つかつく>  23.




<翼side>


最近、祖母さんの『結婚攻撃』がピタッと無くなった。


不思議に思って居たら、理由が分かった。


陰で祖父さんが祖母さんを操ってくれていたと、秘書から聞いて知った。


仕事中、リムジンの中で、祖父さんにお礼を伝える事にした。


「会長、社長の『結婚攻撃』が無く成りました。
 有難う御座いました。」
「そうか。
 言わなくなったか。
 翼、私から、質問しても良いか?」
「はい、何なりと…。」




<保side>


私は一応、翼の結婚感を聞いて於きたかった。


「翼、お前は、結婚について、如何思ってる?」
「結婚はまだ、考えられないかと…?
 一応、聞くけど、その質問は、会長として、それとも、祖父として?」
「翼の祖父さんとして…だな。」
「ふ~ん、祖父さんも変わったよな?」


私は怪訝な顔をして翼に聞いていたと思う。
翼に指摘された事にムッとしたのだ。


「私がどう変わったと言うのだ?」
「俺が見た処、祖父さんって、仕事人間じゃなかった?」
「そうだな。
 司の幼少期から学生の頃までは特にそうだったかな?」
「それが、俺に、結婚について聞いて来るなんてな?
 息子と孫ってそんなに違うもん何だな?」
「かも知れないな。
 翼の大人な態度に、初めは戸惑ったが、孫には変わりはないからな。
 だが、蘭や翔とは翼に対してと、また、見ている所が違う様に感じるがな。」
「それって、如何いう意味?」
「蘭や翔は、まだ子供だ。
 だが、翼は一人前の大人だな。
 その違いだろ。」
「ふ~ん、そんなもん。」


翼は、少し、考えてる様子だった。


「翼、楓が心配する気持ちも分からなくはない。
 何時までも、未婚だと、社会の信用性も違ってくる。
 特に、日本はな。」


翼は、思う処が有るのだろう、何か、頻りに考えてる様子だった。




<司side>


珍しく、親父から、連絡が来た。


「何、珍しい事も有るもんだよな?
 親父から、連絡が有るとは…。」
“………”


親父は絶句していた様子だった。


「で、何だ?」
“翼が、結婚に躊躇しているのは、如何も、『父親を知らないで幼少期を過ごしてきた』
 と言うのが有りそうだな?”
「………」


“進君だったか?
 叔父の立場だろうが、『兄貴的存在だった』って言う位、親と言うのは、母親しか知ら
 ずに育っているだろ、翼は…⁉
 だから、翼は兄には躊躇せず成れるだろうけど…な。
 その先の結婚して、夫に成って、父親に成ると言う事に関しては如何して良いのか分か
 らない所が有るのではないのか?
 司は、翼と蘭と翔の父親に成ったんだ。
 其処は私でも成ってない。
 お前には、申し訳無かったがな。
 翼に父親として、如何するべきかの手本みたいなものを教えて遣ったら如何かと思って
 な。
 余計な事だったか?”
「否、そんな事はねぇよ。
 サンキューな、親父‼」
“ああ。
 私が言うべきではないが、親として、頑張りなさい。”


初めてかも知れねぇな。
親父と、親子の会話をしたのは…。
翼を通してでも、何か、擽ったさを、感じてしまった。


俺は、父親として…。
翼に向かって遣るとするか…。