tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

誤解だ…(好きなのに…(続編))<総優>  5.


<一部、ショッキングな内容が含まれています。  不快を与えてしまいましたら、お詫び致します。>



【恋人 編】


桜子は優紀を置いて帰って来た事を頻りに気にして居た。


「あのまま、優紀さんを西門さんの傍に置いて来て良かったと思います?」
「えっ、何でだ?」
「あきらさんは知らないでしょうが、夜な夜な苦しんで嗚咽を溢していた優紀さんを知っ
 ているというのですか?」
「………」
「優紀さんの気持ちをあきらさんがご存知でしたら、優紀さんを置いて来なかったとは思
 いますが、優紀さん、相当、自分自身の気持ちと葛藤していたと思いますよ。」


あきらは其処まで、優紀が苦しんでいるとは思わなかった。
でも、あきらは二人の絆に掛けたい…、そう言う心情でいた。




メープルの司のキープの寝室にて…総二郎はベッドで寝ていた。


<俺(総二郎)は何か優紀に守られているような気がしていた。
 優紀の小さい可愛い手が俺の髪の毛を撫でてくれている…、そんな気がしていた。
 夢現の中、優紀が傍に居てくれているような、安心するような、夢見心地になってい  
 た。>


目が覚めた時、総二郎は自分の目を疑った。
優紀がベッドの端に座って総二郎の髪の毛を撫でていた。
“嘘だろ、まだ、夢の中か?”って、総二郎は自分自身を疑わずにはいられなかった。


「優紀…か?」
「目が覚めました?」
「俺、幻想でも見てるのか?」
「本物ですけど…。」


優紀は総二郎を見詰めていた。 
総二郎はどうしたら良いのか分からなかった。


「どうしたんですか?
 黙ったままで…。」
「………、優紀だよな?
 もう会えないと、思ってた。
 俺を許してくれ。
 俺、昔の俺に何回、失望したら良いんだろうな?」


“優紀、俺を、今の俺を見てくれ。”と、総二郎は必死で心の中で叫んでいた。


「反省しているんですか?」
「昔の俺にムカついている。
 もう、優紀とは終わりなのか?
 俺、優紀とは終わりたくない…。
 俺な、優紀が居ねぇと、ほんと、ダメだって、悟ったんだわ。
 俺を許してくれねぇか?
 高校の頃の俺に言いたいわ。
 “何で、優紀の気持ちに気付かねぇ振りして、優紀にのめり込むのが怖くて素っ気ない
 態度で振ったんだ”ってな。」
「………」


優紀は黙ったまま総二郎を唯、見ているだけだった。
総二郎は更に畳み掛けようとしていた。


「優紀??」
「それって…。」
「そうだ、高校の頃の俺は気付かない振りをしていたけど、本当は、優紀の事が気に成っ
 て仕方がなかったんだ。
 あの、優紀の初めてを貰った後からも、他の女とそう言う『コト』をしていても優紀の
 残像を探してた。
 馬鹿だよな、司に忠告されているのに、司をあざ笑って、司を馬鹿にしてた。
 本当に最低最悪な男だと思う。
 自分がそう思うんだから、間違いない。
 でもな、今は、優紀だけで、それ以上でもそれ以下でもない。
 優紀だけなんだよ、優紀が居ないと、俺、死んだも同然なんだよ。」
「………」


“その付けが今だよ。"って言いたかったが言えなかった。
『3回ルール』とは、俺の為だけに俺が勝手に作った、俺の為の俺だけのルール。
それは、『3回ルール』を肯定するようなものだから…。
過去の出来事で有っても、もう、優紀を傷付ける訳にはいかない。
優紀、俺を許してくれとは言えない。
でも、俺を捨てるとは言わないでくれ。
頼む、優紀…。
俺の気持ちが通じたのか、優紀は泣きながらではあったが、ぽつりぽつりと話し始めた。


「私ね、あの女性と総二郎さんが何か有ったって聞かされたようで…。
 過去の事なのに、分かっているのに、目の当たりに聞かされて動揺したんです。
 高校生の頃の私は総二郎さんに相手にもされていなかったって自覚しているし、高校生
 の頃の私はあの方に負けてたんだって思ったら、今は、総二郎さんから愛されていると
 いう自信も何もどうでも良くなって…。
 勝手に傷付いて居たのかも…。」


「ごめんな、何回も、俺の失態の昔の出来事で優紀を苦しめて。
 なあ、俺を許してくれとは言えない。
 でも、俺を捨てないでくれねぇか。
 俺な、優紀が俺を求めてくれねぇってだけで、歩道橋から飛び下りようとしていたらし
 いんだ、酔っ払っていたから覚えてないんだけど…。」


なぁ、優紀、俺って、最低最悪な男だよな。
でも、優紀にとって、最高の男で居たい。
ダメかな?






もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>53.


【花沢つくし 編  53.】


つくしから話しを聞いた類は、花沢パパにフランスからTELで話しをした。


「父さん、つくしに何したか、分かってる?
 今回の事は遣り過ぎだよ。
 破談って、言われたら、如何するつもりだったの?」
「言われる訳、無いだろ。
 司君の父上は私の親友なんだ。
 司君は私の息子である類の親友だ。
 破談に成る訳、無いだろ。」


父さん~、やっぱり…か?


「父さん、やっぱり…、何も分かってなかったんだね?
 はぁ~⤵。」


俺は父さんの息子として、情けないよ。
ほんとに、もう。


道明寺のおじさんに、直接、謝るのは気が引けるけど…。
親の不始末は長男の俺が償うのは、当然、何だよね、静?


TELするしかないね。
はぁ~⤵。← by 類  (心の溜息)


「道明寺会長の携帯で宜しかったでしょうか?
 花沢類と申します。」
「おお、類君か?
 久し振りだね。
 う~ん、私の番号は何処で…?
 あぁ、孝からかね?」
「いいえ、大変、失礼かと思ってんですが、司君から聞きました。」


類君もフランスで活躍していると、聞いているが…。
私にTELを掛けて来るとは…。


「ほう、そうだったのか?
 で、私に何の用だい?」
「はい、先日は、父が司君に大変、失礼な事を仕出かしたようで、申し訳ございませんで 
 した。
 つくしから聞きました。」


類君もしっかり長男の役目を果たせるように成って来たとは…。


「君が父親に代わって謝りのTELかね?
 類君、君は良い男に成って来たようだね。
 良い伴侶を得たからかな?」


静、しっかり、おじさんにはバレているみたいだね。
静の差し金だって…。


「あっ、有難うございます。」


「類君と静さんの気持ちに免じて、孝を許すよ。
 まあ、孝とは長い付き合いだから…な。」
「おじさん、有難うございます。
 これからも、つくしを宜しくお願いします。」
「承知した。」


“あっ、私とした事が…、忘れる処だった。”と、保は類にお祝いを伝えた。


「で、この度はおめでとう‼
 男の子だったようだね。」
「はい、有難うございます。」
「類君、益々、頑張りなさい。
 静さんに宜しくな。」
「はい、頑張ります。」


孝、『親は無く共、子は育つ』って、良く言ったもんだな。
息子は伴侶次第で、こうも変わるもの何だと、初めて知ったよ。
もう、政略結婚の時代じゃないな。


保は、類のTELを受けて、孝にTELを掛けた。


「おお、保か?
 久し振りだな。」
「ああ、孝、俺が何でTELしたか、分かるか?」
「………」


やっぱり、お前には分かる訳、無いか…。


「類君からTELが掛かって来たよ。
 先日の司の件で…な。」
「………」


何も言えない孝であった。


「類君は良い男になったようだな。
 孝は、司とつくしさんに、“まだまだ、負けないぞ。”って、指し示したかったかも知れ
 ないが、若い司とつくしさんの二人には、『ドン引き』だったようだぞ
 (号笑)。」
「………」


孝には見えていないが、保は笑い転げているように感じた笑い方だった。


「つくしさんが、“実家に帰りたくない。”って、言っているようだぞ。
 道明寺としては、つくしさんに道明寺邸に来てもらっても構わないがな。」
「………」


「俺は孝とは、長い付き合いだから良いが…な。
 楓には印象は悪いぞ。」
「………」


「つくしさんと拗れないうちに、早目に和解しろよ。」
「ああ…。」


孝からは一言も反論は無かった。
当然か…。




誤解だ…(好きなのに…(続編))<総優>  4.


<一部、ショッキングな内容が含まれています。  不快を感じられましたら、お詫び致します。>



【恋人 編】


俺は、限界が来て、桜子ん家(ち)の前で、隠れて優紀を待って居た。
そんな時、優紀が帰って来た。
俺は思わず優紀に声を掛けた。


「………、優紀、ごめん、待つのもダメだったか?
 会いたかった。」
「………、今日の処は帰ってもらえますか?」
「………、優紀、俺を信じてくれ。」
「………、すみません、失礼します。」


優紀は、その場を立ち去ろうとしたのを、俺は思わず、優紀の腕を掴んでセイブした。


「待ってくれって、俺の話を聞いてくれ。」
「………」


辛そうな優紀の顔、俺自身、優紀を見るのも辛くなりそうだ。


「優紀、俺は、『3回ルール』を復活させていない。
 俺には優紀が居るのに、復活すると思っているのか?
 復活していると疑われている方が俺は辛いわ。」
「………」


「なあ、優紀、復活すれば、俺が疑われると、分かっているのに、危険を冒してまで、復
 活すると思っているのか?
 俺はもう、優紀だけだ、分かってくれよ…。」
「………、失礼します。」


一瞬の付きを付いて、優紀は三条邸に入って行った。


俺はもうどうでも良くなった。
メープルまで車を走らせ、メープルのバーのVIPルームで一人、酒を、酔っぱらって訳が分からなくなる程、飲んだ。
その後、何故か、歩道橋の上に俺は居た。
そして、訳が分からず、あきらにTELしていたようだ。


「あきらか?」
「どした?
 総二郎、また、酔っ払ってんのか?」
「う~ん、分からん。」
「総二郎、今、何処に居る?」
「歩道橋の上? 飛び降りても良いか?」
「ああ??  
 総二郎、今、何処の歩道橋の上に居る?」
「う~ん、何処の歩道橋の上か、分からん…。」
「取り敢えず、探すから、其処に居ろ、良いな、総二郎?」


俺は取り敢えず、SPに総二郎を探すように伝え、司と類にも連絡した。
総二郎が見付かった時には、酩酊状態で寝て居たらしく、やべぇ状態だった。
俺は桜子にTELして、優紀ちゃんをメープルに連れて来るように頼んだ。



「優紀ちゃん、総二郎を許してやってくれねぇか?
 こんな、総二郎を見るのは俺達でも始めてなんだよ。」
「総二郎はもう松岡無しでは生きていけないんじゃない?」


桜子が優紀の援護に入った。


「皆さん、優紀さんを余り責めないでもらえます?」
「分かっているけどな、今の総二郎を救えるのは、松岡だけだろ。」
「分かってますけど…、優紀さんも辛い訳で…。
 あの女、自慢げに西門さんは、“私のもの”と、言わんばかりに優紀さんに食って掛かっ 
 て…、優紀さんが辛くなるのも当然ですよ。」
「「「………」」」


あれから、何年経っていても、あの女にそう思わせた総二郎も悪いのか?


「私にも分かっています、総二郎さんは今は復活していないと…。
 でも、あの方とそう言う関係だったという事を目の当たりに見せられると、総二郎さん
 とは今までみたいに会う事が出来そうになくて、総二郎さんを信じ切れない私自身が許
 せないんです。」
「「「………」」」


桜子がその場の雰囲気を変えようと、話題を変えた。


「西門さんは今はどちらにいらっしゃるんですか?」
「そこの扉の向こう、寝室のベットに寝かせている。」
「優紀ちゃん、総二郎を任せられないか?」
「総二郎の傍に居てやってよ。」
「………、分かりました。」
「「「サンキューな‼」」」



取り敢えず、総二郎は優紀ちゃんに任せた。


「松岡に総二郎を任せて良かったのか?」
「大丈夫だよ。」
「総二郎は優紀ちゃん冴え居れば、復活するよ。」
「私は優紀さんの方が心配なんですが…。」
「「「………」」」