tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

記憶の上書き…<総優>  6.




<一部の表現に、不快に感じるで在ろう言葉が入っています。
 お詫びします。>



<優紀side>


私は、西門さんに背を向けた状態で、西門さんに声を掛けた。


私は、逆上せ出して、“此れは、ヤバい‼”と、思ったからだった。


「西門さん、申し訳ありませんが…?
 私、上がりたいので…。
 私が、其処を通る時だけ、私に背を向けた状態で、後ろを向いて居て下さいません
 か?」


でも、西門さんは、飛んでも無い事を私に言い出した。


「其れは、出来ねぇって言ったら…?
 優紀ちゃんは、如何する?」
「………えっ??」


私は、思わず、後ろを振り向きそうに成っていた。


私は、慌てた。


西門さんは、何を仰ってるのだろうか?


そう思って居た時、更に、西門さんは、驚愕する様な言葉を私に投げ掛けて来た。


「俺と優紀ちゃんは、お互いの裸を見るのは、此れが、最初って訳じゃねぇよな?
 高校の時に、経験済みだろ?
 だから、そんなに恥ずかしがる事、ねぇだろ?
 それに、『入浴中』の札、入り口に掛かってなかっただろ?
 此処(カナダの別荘)に、着いた時、司が、言ってたろ?
 此処(地下の温泉風呂)に入って来たのが、俺で良かったと思ってよ‼」
「………」


私は、咄嗟に、言葉が出なかった。


で、私は、すっかり、忘れてしまっていた。
そんな事を、道明寺さんが仰って居た事を…。


だったら、私にも、『非がある』って事、何だよね?


でも、西門さんから、聞き捨て成らない言葉を言われて、驚愕してしまって居た。


「でも、優紀ちゃんの身体、あの頃より、大人の女性の身体付きに成って来たな?」


私は、思わず、夢中で、お湯を西門さんにぶっ掛け続けてしまって居た。



<総二郎side>


「おいおい、優紀ちゃん?
 ごめん、ごめん。
 だから、止めろ…って?」
「………」


何も言わねぇで、目を瞑りながら、無我夢中で、俺に湯を掛けてくる優紀ちゃんを止めさせる為に…俺は、湯船に近付いた。


そして、優紀ちゃんの両腕を掴んだ。


上から、優紀ちゃんの胸は、丸見え。


此れって、生唾もんだよな?


“態とじゃねぇから、許せ‼”と、俺は、心の中で、叫んでいた。


「だから、分かったから…?
 優紀ちゃん…?」


優紀ちゃんは、眼を瞑りながら、必死に、俺に言って来た。


「お願いですから、湯船から出たいんです。
 腕を離して下さい。」


で、優紀ちゃんの両腕を離して遣り、俺は、其の隙に、湯船にまだ浸かったままの優紀ちゃんの背後から、抱き締めた。


優紀ちゃんは、驚愕しているのか、ビクともしねぇ‼


で、声を掛けて遣った。


「俺は、もう、優紀を俺から離さねぇ‼
 俺は、優紀が、好きだ‼
 此の状況で言うのは、間違ってる事位ぇ、俺だって、分かってる。
 けど、今、言わねぇと…。
 どうせ、優紀は、また、何も無かった事にすんだろ?
 優紀…?
 まだ、俺の事、好きだろ?」
「………」


俺は、優紀に答えて欲しくて、また、確認した。


「如何なんだよ、優紀…?」


優紀は、頷いてくれた。



だから、俺は、更に、畳み掛けた。


「俺も、優紀と一緒に、湯船に浸かって良いか?」


優紀は、頷いてくれた。


だが、一旦、優紀を、少し、湯船から出させて遣った。
ほんとに、逆上せて居たんだろうな?
優紀の顔が、真っ赤に成って来て居たからだった。


そして、俺は、脱衣所のミニ冷蔵庫からウォーターを出して来て、優紀に渡して遣った。


そして、優紀は、ウォーターを口に含んだり、逆上せて火照った身体を冷やして居た。


その間、俺は、身体を軽く洗う為、少し、優紀から、離れた。


で、優紀の顔の赤味が取れて来た所で、俺は、優紀の腕を持って、優紀と一緒に湯船に浸かって遣った。


勿論、俺の太腿に、優紀を向かい合わせに座らせた状態で…。


そして、俺は、優紀を抱き締めた。


で、俺は、言って遣った。


「俺等、また、一から始めねぇか?
 あの時は、悪かった。
 今、思えば、俺に覚悟が足りなかったわ‼
 今なら、優紀を守れる覚悟は出来たから、俺の傍に居てくれねぇか⁉」


優紀は、泣いて居るのか?
優紀は、俺のデコルテ辺りに顔を埋めたまま、顔を上げ様ともしねぇ。


だから、痺れを切らして、俺は、態と、優紀の顔を無理矢理、上げて遣った。


やっぱり、優紀は、泣いて居た。


だから、優紀の答えが欲しくて、優紀に訊いた。


「優紀、返事は…?」


小さい声だったが…答えてくれた。


はい。」と…。



だから、しっかり、優紀を堪能させてもらった。


この場合、仕方ねぇよな?


男として、此処で終わりはねぇよな?


でも、優紀も、俺を拒まなかった。


だから、良しとした俺が其処には居たのだった。



風呂から上がる頃には、優紀は、歩けない程、ふら付き出した。


俺は、ヤり過ぎたかと、反省する半面、可愛い優紀を見詰めていた。


3ラウンド目には、意識が朦朧としている優紀が、其処に居たのは事実だった。


だが、流石に、此れは、“やべぇ‼”と、俺も感じて、取り敢えず、簡単に服を着せて、抱き上げて、俺は、俺の部屋に優紀を連れて入った。


そして、優紀をベッドに横にさせて、俺も、一緒のベッドに入り、優紀の横に、優紀を抱き締めながら、俺は、優紀と共に眠りに就いて居た。


どの位ぇの時間まで、俺と優紀は眠って居たのだろうか?


朝に、成って居たのだろう?
外が、かなり、騒がしく成っていた様子だった。





忘れていた気持ち…<つかつく>  6.




<つくしside>


私は、あいつが、私に近付いて来てる事を、気付かずに居た。


背後に居るあいつに気付いて、“はっ”と、してしまった。


ほんと、心臓に悪い。
いつまでも、心臓の音が、ドキドキ言って居た。


あいつに聞こえたらと思うと、気が気じゃ無かった。


で、そう思って居た時、あいつに声を掛けられた。


「久し振りだな‼
 元気だったか?」
「………」


何と、答えたら良いのだろうか?
分からずに居た。


そうしたら、あいつは、尚も、話しを続けて来た。


「此れからは、俺の世話役な‼
 聞いてるよな?」


私は、撤回してもらおうと、返事をした。


態と、関西弁を使って遣った。


イントネーションまで、正確に付けて…。


「其のお話し…の事ですが。
 撤回してもろうても良かったですか?」
「撤回しねぇ‼」
「其れって、無理とちゃいますか?」
「何故だ‼」


私は、怪訝な顔付きに成って居たと、思う。


「其れって、職権乱用ちゃいますか?」


あいつは、一瞬で、顔付きが変わった。


「お前なぁ~。
 俺は、お前を取り戻す為に、NYで一人、頑張って、やっと、日本に帰国したんだ‼
 撤回はしねぇ‼
 ったりめぇだろ?
 少しは、俺の気持ちを分かれよ?」


私は、タメ口を叩く程、頭に来ていた。


「何を言うてんの?
 ええ加減にしてやぁ~。
 実際、別れを切り出して来たんは、あんたの方からとちゃうの?
 私は、大阪で、一人、頑張ってるんやから…。
 もう、放っと(ほっと)いて~。」


いう事だけ、言ったから、会議室を出ようと思って居た所に、あいつの腕が、私の腕を捉えて来た。



<司side>


俺は、あいつに言われた言葉より、あいつの話しして居る関西弁に萌えていた。


滅茶苦茶、可愛いじゃねぇか‼


だからだろうか?


堪らず、あいつの腕を捉えていた。


そして、あいつの関西弁を、もっともっと、聞きてぇと思い、あいつに話しする様に促していた俺が其処に居た。


「関西弁、喋ってんだな‼」


あいつは、俺の顔を見ねぇで、話しして来た。


「私には、コテコテな関西弁を喋る大学時代からの連れ(*)が居る(おる)ので…。
 ネイティブに成ってしもたみたいです。
 まあ、言うなれば…。
 “うつってしもた‼”って、処(とこ)でしょうか?」


ほんと、あいつの関西弁には、もう、我慢が出来ねぇわ‼


そう思って居た時、俺は、無意識に、あいつを俺に引き寄せて、抱き締めていた。


其処に、あいつは、俺をもっと、煽る言葉を言って来やがった。


嫌や~、離してぇ~‼」


だから、俺は、もっと、関西弁を喋らそうと、kissをあいつに施していた。


お互いの唇が離れた瞬間、あいつは、俺を制止する言葉を言って来た。


あかんてぇ~。
 そんな事、せんといてぇ~‼
 うち等は、もう、別れてんやからぁ~。」


そう言って、俺の足を踏ん付けて、俺が、痛がっている間に逃げようとして、あいつは、身体事、振り向いた瞬間に、足を取られてこけそうに成っていた。


だから、俺は、素早く、あいつの腕を取って、あいつが、コケる前に助けて遣った。


そしたら、俺が、尚も、萌える言葉を言い出した。


「やっぱり、道明寺も、男の子やな
 ありがと‼」


ダメだ…。


俺、いつ、萌え死んでも良い位ぇだわ‼


俺は、この時、“ぜってぇ、こいつをもう一度、取り戻す‼”と、誓っていた。



<つくしside>


私は、あいつの艶っぽい顔付きが、気に成った。


鼻の下が伸びて居ると言うのか…?


ほんと、私は、困ってしまっていた。


何故なら、久々に、あいつに抱き締められて、私は…?


あいつへの『忘れていた気持ち』を、完全に思い出してしまっていた。



如何しよう?
もう、如何しようも無いのかも…?



<*連れ➡友達・友人の事>





記憶の上書き…<総優>  5.




<総二郎side>


俺は、あいつ等…。
そう、類とあきらの戦略に寄って、俺と優紀ちゃんの二人にされてしまった。


「皆さん、何方に行かれたんでしょうか?」
「まあ、良いんじゃねぇ?
 俺等 二人で楽しもうぜ‼」


優紀ちゃんは、眼を見開いて、俺をじーっと、見てる。


そんな、驚愕する事か?


優紀ちゃんなら、するんだろうな?


今まで、俺は、優紀ちゃんにそんな素振りも見せて来なかったんだからよ。


此れから、如何するよ、俺⁉



で、高校の時、俺と優紀ちゃんは、一緒に、カナダに来たけど…。
あん時も、一応、俺と優紀ちゃんは、一緒に居た様に思うけど…?
俺と優紀ちゃんは、一緒に、滑った記憶がねぇ。


取り敢えず、優紀ちゃんに確認するべきだろうと思い、聞いてみた。


「優紀ちゃんって、スキー滑れるの?」
「上手くは在りませんが…。
 何と無くは…。」
「ふ~ん…?
 じゃあさぁ、一緒に滑ろうか?」
「でも、私、スノボーは、無理です。」
「じゃあ、教えて遣るよ‼
 だから、お出で⁉」


そう言って、俺は、優紀ちゃんに手を差し出した。


優紀ちゃんは、そんな俺に、手を差し出してくれた。
優紀ちゃんには、素直さが在るんだよ。


其処は、牧野の親友だけど、優紀ちゃんは、違ぇんだよな。
司は、大変だな?


で、俺は、優紀ちゃんにスノボーを教えながら、二人のだけの世界を楽しんで居た。


やっべぇ~‼


もう、俺、優紀ちゃんから、離れらねぇわ‼



で、夕方に成り、辺りも暗く成って来た事から、ゲレンデを後にした俺等 F4&T4。


で、それぞれ、着替えて、F4&T4で、ディナーと成った。


俺は、ディナーの後、俺の部屋に入って来た類とあきらに、アルコールを飲みながら、冷やかされていた。


類とあきらは、当り前の様に、今日の俺と優紀ちゃんの事を訊いて来た。


だから、素直に全て話しして聞かせていた。


類とあきらには、心配掛けてんだろうから…。


で、そろそろ、という時間に成ったんで、類とあきらは、それぞれの部屋に戻って行った。


で、俺はと言うと、昼間の事を考えて居る間に、興奮して来たのか?
寝付けなかった。


“身体を温めた方が寝れるか?”と、思い、地下に在る温泉に入る事にした。



<優紀side>


私は、如何しても、寝付けずに居た。


で、道明寺さんが、道明寺家のカナダの別荘に着いた時に…。


「温泉は、24時間、いつでも沸いてる。
 入りたい時に入ってくれて、構わねぇ‼」


と、仰っていた事を思い出し、温泉に入る事にした。


そして、温泉が湧いて居るという地下に向かった。


そして、“ゆっくり、浸かろう‼”と、かなりの時間、浸かって居た様に思う。


逆上せて来たので、そろそろ、出ようとしたら…。


脱衣所からバスルームに入る扉が開いた。


私は、『目が点』に成って、動けなく成ってしまった。


だって、入って来たのは…素っ裸の?


「西門さん…?」


私は、目の持って行く場所が分からず、また、湯船に浸かってしまった。


出るに出れないこの状況に、如何したら良いのか?
悩んでしまった。



<総二郎side>


俺は、『目が点』所じゃ無かった。
『目の保養』…?


嫌々、やべぇだろ?


そんな事を言ってる場合では無かった。


優紀ちゃんは、素っ裸で、動けなく成っていた。


で、急に、優紀ちゃんが、声を発していた。


「西門さん…?」


優紀ちゃんは、慌てて、また、湯船に浸かって居た。


俺に背を向けて浸かった状態。



これ如何すんだ?


俺にとっては、役得…?



で、俺は、優紀ちゃんに取り敢えず、此の状況を詫びた。


「ごめん、優紀ちゃん…?」


何故か、上擦った声で言ってしまった。


俺の本来の気持ちとしては、此の有難い状態を、“謝る気がねぇ‼”って、思ってる事が、優紀ちゃんにバレたか?


少し、不安に思っていた俺が、其処には居た。