tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

打ち上げ花火…<つかつく>  3.





<司side>


俺は、約束の4年を道明寺に捧げ、全うして、日本に帰国して帰って来た。
あいつに会えると、胸躍らせて帰国したのに、あいつとは連絡が取れないで居た。


仕方なく、あきらにTELして、F3と集まる事に成った。


あきらが口火を切った。


「司、牧野は今、何処に居て、如何しているか?
 俺達でも、見付け出す事が出来なかったんだ。」
「如何いう事だ。」
「牧野が高2の2月、牧野の親父さんのリストラの為に、牧野は、英徳を自主退学して、
 その後、行方不明になってんだ。
 警察にも要請を掛けたが、“分からなかった。”の、一点張りで、きちんと調べられた形
 跡もねぇんだ。
 怪しいのはこの上ねぇが、追跡も遮断されては成す術も無く、諦めるしかなかったん
 だ。
 何か、バックで操作している大人物が居るのではねぇかと思う程、此方の思惑はバレバ
 レなんだ。」
「それが、うちのババアじゃねぇかと…?」


類は被せるように言って来た。


「疑わずにはいられないでしょ?
 今までの、司の母ちゃんなら…。」
「………」


続けて、類が口火を切って来た。


「それがね、この前、静から連絡が来たんだよ。」
「………、静って、フランスだよな?」
「それが、今は、仕事の関係で、イギリスに居るらしいんだ?」
「………」


「静が言うには、“(つくしちゃんを)イギリスで見掛けた。”って、言うんだぁ~。
 牧野の方は、静には気付かなかったみたいだけど…ね。
 “見間違いじゃないの?”って、聞きなおしたら、“妹のように可愛がっていたつくしちゃ
 んを私が見間違う訳、無いでしょ‼”って、反対に怒られたんだよ。」
「………」


俺はこの4年、何故、帰国しなかったのか?
また、俺は自分の母親と交わした約束について、F3に話して聞かせた。



「俺、NYに行って、ババアに確認して来る。
 聞かなくてはいけねぇ事も有るしよ。」
「「「………」」」


あきらが心配顔で確認して来た。


「司、大丈夫なのか?
 そのまま、司の母ちゃんに監禁されるとかはねぇのか…?」
「否、大丈夫だ。
 裏情報も有るしな…。
 取り敢えず、ババアとは一度、対峙しなければならねぇと、思っていたんだ。
 ババアと、向き合って来るよ。」
「「「………、司…?」」」




F3は、顔を見合わせて、司が事件に巻き込まれるんじゃないかと、密かに心配していた。







従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  10.




元々、優紀は総二郎に憧れを抱いていた。
まさか、それが、今日、『生』総二郎に会う事に成るとは想像もしていなかった。


総二郎は、総二郎で、席を立った優紀の後ろ姿を見た時、優紀のミニスカートから見える太腿から足首までのスラっとした細い足が総二郎好みでドキッとしてしまっていたのだ。


また、優紀のプロポーションの良さが目に焼き付いて離れない事に総二郎は、戸惑いを隠せないでいた。


つくしは時間も時間だしと思い、優紀に声を掛けた。


「優紀、送って行くよ。」
「良いよ⤴。
 今なら、まだ、電車も有るし…⤴。」


総二郎が待ってましたとばかりに優紀に声を掛けた。


「こんな時間に一人で帰すのは忍びねぇし、俺が送って行くよ。」
「ダメ‼
 総兄じゃあ、『送りオオカミ』になってしまうでしょ?」
「じゃあ、つくしも着いてくれば良いだろ‼」


つくしが折れた形と成った。


「じゃあ、良いよ⤴‼
 優紀、総兄の車で送ってもらおう‼」


本人ではなく、総二郎とつくしの二人でどんどん話しが決まっていく事に、優紀は驚愕していた。


「………えっ??」


つくしはマイペースで有る。


「良いから、良いから‼」



それで、総二郎は、優紀の自宅の場所をゲットしたのである。


総二郎は、
まだまだ、つくしは甘ぇんだよ⤴‼』
全く、俺(総二郎)の事を理解していねぇ妹分で良かった、
 助かっ‼』
と、心の底から、そう思ったので有った。



それからは、偶然を装うって、度々、優紀を待ち伏せして、総二郎自身に気を向かせようと、躍起になっていた。


つくしにバレるのも時間の問題だろうけど…な⤵。



そんな時だった。


待ち伏せをしていた時に、優紀が変な男共に絡まれていた。


総二郎は、助けに入り、事無きを得たが、優紀は脅えて震えが止まらないようで、号泣し始めた。


総二郎は、優紀を暫く抱き締めて、落ち着きを取り戻して遣った。
そうしてから、何故か、総二郎は、無意識に優紀を車に乗せて、ホテルに連れて来てしまった。
やはり、遊び人の成せる業なのか…?
つくしにバレれば、大変になるのだが…。



優紀をホテルに連れて来てしまった罪悪感からか、総二郎は、優紀に甘い言葉を口走ってしまった。
流石、総二郎の甘い言葉は『女たらし』と、言われる所以だろう。


「優紀ちゃん、今日の嫌な思い出を良い思い出に塗り替えないか?
 俺が塗り替える為に協力するけど…?」


優紀には意味が分からなかった。


「如何やって、塗り替えるんですか?」


総二郎は、優紀を壁側に連れて行き、所謂、『壁ドン』をして、総二郎は、優紀の耳元に甘く囁き出した。


「kissして良いか…?」


優紀は一瞬、何を言われているのか意味が分からないでいた。


「えっ??」


総二郎は、尚も懇願して言った。


「ダメか?
 こんな、『女たらし』の称号を持ってる俺じゃあ?
 俺が優紀ちゃんに一目惚れしたって言ったら、優紀ちゃんは如何する?
 こんな俺の事、引くか?」
「………」


優紀は如何答えたら良いのか、分からないでいた。


「もう一度、聞く‼
 kissして良いか?」


優紀は吃驚していたので答える事が出来ず、首だけで頷いた。


優紀はファーストキスもまだだった為、総二郎のkissに腰砕けになってしまい、総二郎にお姫様抱っこをされ、ベッドに連れて行かれ、そのまま、総二郎と優紀は一線を越えてしまった。


優紀は全ての『初めて』を総二郎に捧げた事に成る。


総二郎は優紀の甘い毒牙に引っ掛かった様で、見事に優紀にのめり込んでしまった。
総二郎は思っていた。


優紀が俺(総二郎)の毒牙に引っ掛かったのではなく、俺(総二郎)が優紀の毒牙に引っ掛かったのだ。』と…。


それからの総二郎と優紀は恋人同士として付き合い、総二郎は、優紀一筋に成っていった。


総二郎は、『女たらし』返上と成ったので有る。



家元夫人の思い通りに『コト』が進行していった







打ち上げ花火…<つかつく>  2.





<司side>


俺はNYに連れて来られて4年目に成る。
大学はスキップして、去年、卒業した。


夏に成ると、思い出す。
あいつと見た(打ち上げ)花火…。


あの日、あいつ、俺に見せる為に浴衣を着て来たんだよな?
凄く似合ってて、可愛かった…。
暗くて良く見える筈無いのに、あいつが着ている浴衣姿のあいつだけは良く見えた。
今でも、良く覚えてる。



~~ NYに連れて来られた時…。


俺はお袋と約束した。


「俺は、道明寺に恩返しする為に此処に残る。
 だから、あいつには、牧野には、危害は加えないでくれ。
 それと、恩返しする期間は4年、4年だけだ。
 俺はしっかり恩返しするから、4年で開放してくれ。
 そして、政略結婚には応じない。」


お袋は約束してくれた。
口約束は、言った言わないになるので、誓約書を書いて、お袋にサインさせた。
だから、これで、4年後には、あいつに会えると、俺は確信めいたものがあった筈だった。
それなのに…。
後で知ったのは、お袋の裏切りにも似た行為だった。 ~~




俺等は、会えねぇのか、会う事すら出来ねぇのか??
 会いてぇよ、会いたくて仕方ねぇよ。
 自分自身で決めた筈なのに…な。




後で知ったあいつの家庭環境…。
あいつの親父さんのリストラ。
疎遠になっていた筈のあいつのお袋さんの伯父と言う親戚のタイミングの良い関西への呼び寄せ話し…。
そして、タイミングの良い時期でのあいつのイギリスへの交換留学話し…。
どれを取っても今なら、分かる筈だ、胡散臭さが…。


お袋の犯した罪は大き過ぎる。


そして、お袋の犯したもっとも遣っては行けねぇ、最大なる罪…。
俺には、もう、償う事すら出来ねぇくらい意気消沈するしかなかった。




打ち上げ花火…夏の風物詩
でも、俺にとっては、罪深い、儚い、二度と手に届かない…。



辛いものに変わりはない。




あいつに会いてぇよ。
 会えねぇなら、俺から迎えに行くか…?