tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

春のお彼岸参り【もしも類とつくしが、兄妹だったら】…<つかつく>  番外編




【花沢つくし 編】


<つくしside>


3月21日 春分の日…。



私が、【花沢つくし】だった事が分かって、早8年…。


まだまだ、『牧野つくし』として過ごした歳月の方が遥かに長い。


でも、産まれた時から、私は、『花沢つくし』だったかの様に、今では、馴染んでしまって居る。



で、もう直ぐしたら、私は、『道明寺つくし』としての第2の人生のスタートが始まる。
否、私にとっては、第3の人生のスタートかも…。



第1の人生は、『牧野つくし』として、牧野家で育てられた人生の始まり…。


第2の人生の始まりは、本当の私の父と兄が居る私の郷…。
『花沢つくし』としての人生。


第3の人生の始まりは、私の好きな人の下に嫁ぐ事で、姓が変わる人生のスタート…。
『道明寺つくし』としての人生。


此方は、まだ、始まって無いし、先の事は、如何成るかは分からない。


でも、好きな人と歩める人生にワクワクして居るのは、確か…。



此れを機に、私の産みの親で在る『松村千賀子』…。


その人の下に、“会いに行こう‼”と思った。


そして、私を育ててくれた私の両親だと思っていた牧野家の伯父と伯母…。
そして、弟と思っていた従姉弟の進にも…。


お彼岸のお墓参りとして…“会いに行こう‼”と、思う。




私には、4人の母親が居る事に成る。


私を17年間、実子の進、同様、分け隔てなく育ててくれた、私の伯母に当たる『牧野千恵子』、その人。



そして、私が、『父の元恋人の娘(こ)』と、分かって居ながら、私を受け入れてくれた現在の私の母親『花沢かすみ』、その人。


そして、フランスに居る類お兄様と、TELで話しした時に言われた言葉…。
お兄様曰く…。


「母さんは、実子の俺より、つくしの方が可愛いらしいよ。
 娘が欲しかったらしいからね。
 もう、『実の娘』以上の気持ち何じゃないの?」


私は、幸せなのかも、知れない。


私は、お兄様のその言葉を聞いた時、私の産みの母親が、現在の母親から、許された様な気がしていた。



そして、将来、司の下に嫁いだ時、私の義理の母親に成って下さる『道明寺楓』、その人。


私が、高校生の頃は、司と私の付き合いを反対されていた張本人。


でも、今は…。


「司には、つくしさんしかダメな様ね。」


と、仰って下さる。


近い将来、同じ『道明寺家』の嫁としての立場。


仲良く遣って行けたらと思って居る。



そして、私の産みの母親『松村千賀子』、その人。


私には、顔も知らない、存在さえ分からない…。


でも、死ぬ覚悟で私を産んでくれた母親…。


一生、会う事は出来ないかも知れない。


でも、私は、私を産んでくれた事を感謝している。


私は、産みの母親に似ているらしい。


牧野のママの手紙だけでなく、パパも、言って居た。


「つくしは、『千賀子』にそっくり何だよ。
 容姿だけでなく、性格も、知性も…。
 つくしを見てたら、偶に思い出すんだよ。
 若かりし頃の『千賀子』を…な。」



で、私は、パパとママに、“3月21日にお墓参りに行きたい‼”という事を告げた。


一度、私の記憶が戻って、病院を退院した時に、パパとママに連れられて、牧野家のお墓参りには行って来た。


その時も、実は、産みの母親のお墓参りにも、行きたかった。


でも、言えなかった。


何か…、ママに悪い気がして…。


私を実の娘同然に接してくれる母親に対して、何か、裏切って居る様に感じたからだった。


でも、私だけなら…。
許されるよね?


だから、お彼岸を機会に、“行ってみたい‼”と、思った。



で、其の代わり、SPが就いて来る事・リムジンでの送迎で有る事…。
を、パパとママから、約束させられた。


一度、SPを撒いて居る私だから、“心配だ‼”と、パパとママから念押しをされた。


“私は、小学生じゃないっつーの‼
 私は、一端の大人だっつーの‼”と、言いたかった。


でも、まだ、私は、パパとママにとって、娘で居られる事も、また、嬉しかった。



で、何故か、お墓参りの計画を司に知られていた。


何故だろう?


まあ、大方、パパからだろう事は分かり切って居る。


心配して、司を就いて行かそうという、魂胆は、丸見えだった。


でも、“仕方ないか?”と、知らぬ振りをしていた。



だが、司から、就いて行く宣言をされてしまった。


「お墓参りには、就いて行くからな。
 心配で成らねぇんだよ。
 良いな?
 それに、産みの母親のお墓参りにも行くんだろ?
 牧野家は、俺の存在は知ってるだろうけどな。
 お前の産みの母親は、知らねぇだろ?
 挨拶位ぇさせろよ?」


何ちゅう言い草?


でも、其れも一理あるよね?


だから、就いて来る事を了承してしまった。


満面の笑みで嬉しそうに喜んで居る司の顔を見て、“そんなに嬉しいの?”と、聞きたくなった。


多分、私の恋人として、墓前に紹介される事が嬉しいんでしょうね?
ほんと、『単純、俺様 司様』だわ‼



で、私は、3月21日 春分の日に、司と私の二人で一緒に、牧野家、そして、私の産みの母の墓前に、司との恋人としての復活と、婚約報告をした。


何時の日か、司と私が、結婚する事が決まった日には、また、“報告に来たい‼”と、思って居た。



fin




<つくしが、花沢のパパとママと一緒に、お墓参りに言って居る時の詳細は、下記をご参照下さいませ。>





忘れていた気持ち…<つかつく>  5.




<司side>


あいつが、働いて居る会社に、プロジェクト会議を遂行する様に連絡を入れた。


「明日、プロジェクト会議を遂行したい‼
 予定を頼んだ‼」
“賜りました。”
「後、其れから…。
 専務の第2秘書が、優秀だと、聞いた。
 うち(道明寺HD)との仕事の間、俺に就かせてくれ‼
 大阪の事は、分かって居る様で、分からねぇ所も有る。
 なので、俺の世話役に就けてもらいてぇ‼」
“賜りました。
 専務に、申し伝えさせて頂きます。”


此れで、取り敢えず、あいつも、プロジェクト会議には、出席してくるだろう。


勿論、プロジェクト会議は、あいつの会社で行う。


俺が、あいつの会社に行く等、普通は考えられねぇだろう?


しかし、例え、うち(道明寺HD)で、会議を遂行したとしても、あいつが居ねぇんじゃあ、意味がねぇんだよ。


別に、あいつの会社じゃねぇと行けねぇって、訳でもねぇ。


唯、あいつが、俺には、必要なだけだ‼


だから、じわりじわり、あいつを追い詰める為に、俺は、此の会社と提携打診してんだ。


あいつを俺の手元に入れ込んだ後は、将来的には、あいつが、現在、勤めてる此の会社を傘下に入れる予定では有るが…。



<つくしside>


またもや、専務に呼び出されていた。


嫌な予感しかしなかった。


そして、私は、専務の部屋の前に来ていた。


【コンコン】…つくしが、ドアをノックした。


「牧野です。」
「どうぞ、入ってぇ~。」


入って直ぐ、専務は、上機嫌で、私に対面していた。


「つくしちゃんに頼みが有んのよ‼」


如何も、私の嫌な予感は的中したらしい。


「如何言った用件でしょうか?」


専務は、笑いながら、言って来た。


「つくしちゃん…(笑)。
 そんな怖い顔で、私を見んといてよ?
 言い辛いやろ?」


私は、まだ、内容を聞いた訳じゃないけど…。
一応、謝った。


「申し訳ありません。」


其処で、専務は、話しを進めて来た。


「でね、例のプロジェクト、本格的に始動するらしいんよ。
 その相手企業の支社長さんからなぁ…。
 つくしちゃんを、“お世話役に就けて欲しい‼”って、打診が有ったらしいんよ。
 今度は、お見合いとちゃうから、ええやんねぇ?
 仕事やし…。」


私は、心の中で、溜息しか出なかった。


“はぁ~。”


けど、これも、私にとっては、仕事‼


だから、受け入れるしかなかった。


「承知しました。」


専務は、間髪入れずに、話しを繋いできた。


「ほな、明日、会議やねんて。
 其のつもりで居って(おって)なぁ。」
「………」


私は、専務に、何も言えなかった。



そして、次の朝、プロジェクト会議が始まるまでに、会議室を準備して、余念がない様に、整えて、一旦、会議室を後にしていた。


そして、私は、プロジェクトが始まる時間までには、会議室に入り、一番後ろの席で、先方様が、入って来られるのを、じーっと、待って居た。


そして、私の眼は、『目が点』に成ってしまった。


此れは、如何言う事…?


現在の道明寺HDの支社長は、確か、道明寺HDの役員の筈…?


如何して、道明寺が此処(つくしの会社)に居るの?
如何しても、分からなかった。


私は、プロジェクト会議中、殆んど、頭に何も入って来ない程、動揺してしまっていた。


私は、心の中で、叫んでいた。


“頭にスーッと、何も入って来ない。
 如何しよう‼”と…。


普段の私からしたら、有り得ない事。


会議中に、全ての事を把握する事は、秘書の勤め…。


其れが、何も入って来ない何て…。


それ程、私は、動揺していた。



後で、分かった事だったのだが…。


専務は、道明寺HDの初回の担当者は、『支社長』だと、認識していたらしい。


『副社長』と、聞いて居れば、“此の件は、断って居たかも知れないのに…。”と、心の中で、叫ぶしかなかった私が、其処には居たのだった。



<司side>


俺が、会議室に入って来た時のあいつの驚愕した顔は、面白かった。


瞼が見開き、瞳(め)が、落ちて来そうな程に成ってんぞ‼


まあ、無理もねぇだろうな?


予期してねぇ事だろうから…な。



で、初回のプロジェクト会議の終了後…。


俺は、社長から、あいつを紹介された。


『俺の女』、何だから、良~く知ってんだが…な。


「道明寺副社長…。
 此方が、私共の秘書課の牧野と申します。」


で、あいつに俺は、紹介された。


だから、俺は、あいつと、“打ち合わせしてぇ‼”と、言って、社長には、席を外させた。


丁度、西田は、社長の秘書と、今後の日にちの遣り取りで、席を外して居たので、良いタイミングだった。


で、社長が、退席をした後、俺は、会議室の部屋のドアのカギを閉めて遣った。


あいつは、会議後の後片付けをして居る様で、俺の動きには、気付いて居ねぇ様子だった。


だから、俺は、あいつに近付いて、声を掛けて遣った。


「久し振りだな‼
 元気だったか?」


あれからも、SPをあいつに就けてんだから…。
あいつの動きは、何もかも、知ってんだけど…な。


一応、そう言って、つくしに声を掛けて遣った。




記憶の上書き…<総優>  4.




<総二郎side>


そして、牧野と優紀ちゃん、それぞれの卒業式も終了し、カナダに牧野と優紀ちゃんの卒業旅行に同行する日が来た。


司ん家(ち)のPJでカナダの空港に向かい、空港に迎えに来ていたリムジンに乗って、司ん家(ち)の別荘に向かった。



PJの中では…。


離陸直後の司と牧野は、プライベートルームに司が、無理矢理、牧野を連れ込んで、着陸態勢に入るシートベルト着用まで、一切、出て来なかった。


9時間もの間…。
司と牧野は、何を遣って居たのやら??


想像に容易くて、笑けて来そうだった。



で、俺等は…。
F3はF3で固まって、T3はT3で固まって座っていた。



で、リムジンの中では…。


T2は、懐かしい様な顔をして居た。


滋は、如何も、その中に入れないのが不服そうだった。



牧野は、司と別のリムジンに乗っていた。


司は、意地でも、牧野と二人っきりで居てぇらしい。



で、別荘に着いてからの部屋割りも、司は、適当過ぎて笑けた。


「俺と牧野は、同室な。
 お前等は、適当に部屋を使え‼
 一人部屋も、二人部屋も在るからな。」


って、言ったかと思えば、そそくさと、司と牧野は、部屋に向かったみてぇだった。



F3&T3は、全員、呆れた。


けど、類だけは、そそくさと、部屋に向かった。


「俺、1人部屋が良い‼」


俺とあきらは、“だろうな…?”って、苦笑いしかなかった。


で、俺もあきらも、1人部屋に向かった。


T3は、如何も、優紀ちゃんが、1人部屋で、滋と桜子が、二人部屋を選んだらしい。


寝る事以外は、リビングで話しするらしい。



で、着いた日は、時差の関係で、ゆっくりしようという事に成り、それぞれで、過ごす事に成った。


類とあきらが、俺の部屋に来た。


「何だよ?」
「良いの…?
 部屋で、ゆっくりしてて…。」
「優紀ちゃんを呼び出せよ?」


俺は、溜息と共に、愚痴ってしまった。


「はぁ~
 そんな簡単じゃねぇんだよ‼」


類も、溜息を付き出した。


「はぁ~
 何、総二郎らしくないね?
 PJの中で、松岡を誘うのかと思って居たのに…。
 全く、動かないんだもん。
 何、遣ってんの?」


あきらは、苦笑いだった。


「まあ、今、T3は、リビングに居るみてぇだから…。
 行くか?」


で、俺等 F3も、リビングに向かった。


で、他愛も無い話しをするだけだった。



次の日は、スキーをする事に成っていたから、類とあきらに、“此処がチャンスだぞ‼”って、焦らされていた。


遣るしかねぇのかも…な?



で、朝、起きた時、心の準備を整える様に、俺は、覚悟を決めていた。



で、ゲレンデに集合した俺等 F4&T4。


案の定、司は、牧野を独占中。



滋が不服を漏らし始めた。


「ちょっと、司…?
 いい加減、つくしを解放して遣ってよ‼
 T4で遊べないでしょ?」


司は、牧野を開放する気は、全くねぇみてぇだった。


当然だろうけど…な。


「滋は、うるせぇ~んだよ‼
 つくしは、俺んだから、お前等だけで、適当に遊んどけ‼」
「何、其の言い草…?
 いい加減にしてよね?」


まあ、滋の言い分も分かるけどな。



仕方ねぇわな。
この場合、諦めた方がマシだろ?


優紀ちゃんと桜子は、苦笑いだった。


牧野は、諦めてる様だしな。