tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もう、逃げられない…<つかつく>  短編 後編




『つくしさん、お邸で、司と一緒にお住みなさい。』



<つくしside>


あの日、お義母様が仰ったお言葉を同意するかのように、司に寄って『コト』が進められ、道明寺邸で、司と同棲する事に成ってしまった私…。


プライベートも一緒、仕事も一緒…


『私は、常に、司に監視されている様だ。』と、思っていた。


司は、ニヤ気ながら、私に言って来る。


「何が、不満なんだ。
 俺と、四六時中、一緒に居れて…。
 俺が、何時でも、可愛いがって遣るからな‼」


ほんと、司は、分かっていない。
そう言う、男だったね、司は…。
忘れていたつもりじゃなかったけど…。



そして、そんな日から、また、幾日か経ったある日。


お義母様から、連絡が入った。


「つくしさん、今度の日曜日、空けて於いて頂戴‼」
「えっ、何か有るんですか?」
「空けて於いてくれたら宜しい事よ‼」


いつも、此れだ…。
お義母様からの連絡は、用件だけで、後は、『自らで悟れ‼』だもんね


「はぁ~。」


溜息しか、出ない。
まあ、高校生の頃に比べたら…かもね‼



で、日曜日が来た。


部屋に司と居ると、タマさんが、呼びに来て下さった。


「坊っちゃん、つくし、準備が出来たよ。
 ダイニングで皆さん、お待ちだよ。」
「分かりました。
 有難うございます。
 タマさん、一体、何が有るんですか?」
「ダイニングに行ったら、分かるさね。」


やっぱり、タマさんも口留めされてるみたいだ…。
一体、何が有るって言うの??


「はぁ~。」←つくしの心の声。
        俗にいう、溜息で有る。



司と私がダイニングに入って、驚愕してしまった。


司と私は、同時に声を発していた。


「はぁ~??」
「えっ??」


司が、お義母様に聞いていた。


「これは如何いう事だよ?」


ダイニングには、お義父様・お義母様・椿お姉様のご家族がいらっしゃる意味は分かる。
それが、何故、私の両親に進まで居るの?


私は思わず、叫んでいた。


「何故、パパ、ママ、進が居るのよ?」


パパ、ママ、進は苦笑いで有る。


お義母様が、話しに入って来られた。


「つくしさん、今日はね、私(わたくし)がお呼び立てしたのよ。
 司が、牧野家にまだ、ご挨拶して居ないと伺ったから、主人とご挨拶して来たのよ。
 それでね、お邸で、司とつくしさんの婚約お披露目会をしようと言う事に成ったの
 よ。」
「そうだったんですね。
 両親に会って頂いて、有難うございます。」


私の言葉はスルーですか?
そうだった、道明寺家の特長だった。
人の話より、自分自身の話しを推し進めるタイプだった。


「それでね、椿が牧野のご両親にお会いした事が無いと言うので、今日の席を設けたとい
 う訳なの。
 ダメだったかしら?」
「いいえ、お気遣い下さり、有難うございます。
 感謝しています。」
「そう、それは良かったわ。」


と、言う事で、私は司の婚約者と成り、婚約パーティーが開かれ、あれよあれよという間に、結婚式が執り行われ、入籍も済ませ、私は、名実共に、『道明寺つくし』と、成った。


そして、いつの間にか、道明寺HD 専務に成っていた私。



道明寺家からは、もう、逃げられないと、悟った私が其処には居たのだった。



fin




バラバラの果てに…<ALL CP>  6.





<それぞれのご挨拶の会話に関しては、日本語表記を致して折りますが、英語にて挨拶し
 ていると認識してご覧下さいませ。>



それから1ヶ月後、道明寺HD主催のパーティーが開催された。


そのパーティーには、桜庭コーポレーション・花沢物産・美作商事・大河原グループ・藤堂商事・茶道 西門流・旧華族 三条家が招待された。


まだ、司が記憶を取り戻した事、つくしが司のパートナーである事は、メンバーの誰にも知らされていなかった。



司がパートナーを伴ってパーティー会場に入って来た時、会場中だけではなく、F3&T2&静は驚愕していた。
司のパートナーがつくしなのだ。


知らされていないメンバーは当然では有るのだが…。
会場中が驚愕しても当然ではあった。


つくしは、戸籍上、桜庭家の娘で有るので、司にとっては身内という事にはなるのだが、司のパートナーは今まで楓 もしくは 椿 か 無しかの何方かだったのだから…、会場中がこの様な事態になる事は想定内であった。



そうこうしている間に、パーティーの始まりのアナウンスが司会者より有り、壇上には、道明寺HD 会長、社長、副社長で有る 司、桜庭コーポレーション 会長、社長で有るつくしの兄 浩一が上がっていた。


冒頭、道明寺会長より、挨拶が始まった。


「この度は、我が道明寺HD主催パーティーにお運び頂き感謝申し上げます。
 本日のパーティーは、プライベートではございますが、私共の息子で有り、道明寺HD
 の副社長で有る司の件のご報告を兼ねておりますので、後程、本人で有ります司よりご
 挨拶させたく存じます。
 本日は、桜庭コーポレーションの会長、社長にも壇上に上がって頂いております。
 今後、桜庭コーポレーションと道明寺HDは更なる発展の為、提携を強化する運びとな
 りました事を皆様にご報告致しますと共に私の挨拶と代えさせて頂きます。」


また、桜庭コーポレーション会長の挨拶と続いた。


「この度は、道明寺HD主催パーティー、おめでとうございます。
 このパーティーに私共をご招待下さいましたので、ご挨拶させて頂きます。
 御存じの通り、私共 桜庭コーポレーションの社長で有る私共の息子の嫁は、道明寺家
 のご令嬢で有ります。
 また、私共 桜庭コーポレーションの副社長で有ります娘のつくしが道明寺家の御曹司  
 司君とお付き合いをして居るという事が分かり、本日はパートナーで登場させた次第で
 有ります。
 今後も司君のパートナーがつくしと成るとは思いますが、皆さんに認識して頂けますよ
 う、宜しくお願い致します。」


この内容は、全て、道明寺会長と桜庭会長とが密談した結果の内容であった。


両会長の挨拶終了後には、がっちり握手して、パーティー出席者には、両家の盤石さをアピールした形と成った。


つくしは知らされていないだけに、父親で有る会長の言葉に、驚愕していた。
司とつくしは、付き合っていないのだから…。
司は元さやに戻る気、満々なので、桜庭会長の挨拶の言葉を利用しようとしていた。


この後、司の挨拶へと続いた。


「この度は、我が道明寺HD主催パーティーにお越し下さり、有難うございます。
 弊社の会長より挨拶が有りましたように、今後、桜庭コーポレーションと道明寺HDは
 更なる発展の為、提携を強化する運びとなりました。
 また、桜庭会長よりお話しがございました通り、私 道明寺司は桜庭家のご令嬢で有り
 ます、つくしさんとお付き合いをさせて頂いております。
 姉弟で同じ婚家となりますが、桜庭会長よりご理解を頂戴しております事を感謝してい
 ます。
 また、この機会に婚約致しました事を重ねてご報告申し上げます。」


司はして遣ったりでは有るが、つくしは何も聞かされて折らず、何の陰謀なのかと、疑いたくなっていた。


また、F3&T2&静が、“如何して言ってくれなかったのか?”というような目線をつくしに投げ掛けて来るのが気に成って仕方ないつくしであった。



勿論、パーティー後は、司とつくしを呼び出したF3&T2であった。


先ずは、あきらが先陣を切った。


「司、記憶を取り戻してるんだよな‼」


司は言ってなかった事を思い出し、体裁悪く苦笑いをして言った。


「ああ、悪ぃ‼
 言ってなかったよな(苦笑)。
 前回のつくしの報告パーティーで、俺が倒れた時に、実は、記憶を取り戻していたん
 だ‼」


F3、唖然である。


「「「………、はぁ~??」」」


類が司に苦笑いしながら、尋ねた。


「で、如何やって記憶を取り戻したの?」
「パーティーで、つくしの笑顔を見た時…。
 頭の中で何かが弾けたみたいになって、つくしの記憶が走馬灯のように頭の中で浮かん
 できて…。
 その後、気付いたら、病院のベッドの上だった。」


F3、苦笑いで有る。


滋がつくしに声を掛けて抱き着いて来た。


「良かったじゃん‼
 で、婚約までしてたなんて…。
 何時(いつ)したの、婚約?」


つくしは怪訝な顔になり、司に食って掛かって怒り出した。


「道明寺、私達、何時(いつ)、付き合い出したの?
 で、婚約も何時(いつ)、取り交わしたの?」


司は、負ける気はしていないので、親達の言葉を利用した。


「はぁ~??
 親達が話しを進めてんだよ。
 何時(いつ)、元さやに戻っても大丈夫なんだよ‼
 俺の記憶は戻ってんだ。
 つくしと付き合う事は当然なんだよ‼」


つくしは、怪訝な態度に成っていた。





もう、逃げられない…<つかつく>  短編 前編




<つくしside>


私は、牧野つくし  25歳  道明寺HD 秘書課勤務


本来、私は、弁護士に成るべく、大学4年の時、司法試験を受け、現役合格し、1年、司法修習生に成り、弁護士に成る予定で居た。
一応、1年だけ、道明寺HD 法務部に配属と成り、司法修習生を経て、弁護士資格を取得する成り、秘書課に異動する事に成った。


そして、現在は、道明寺司副社長の専属第2秘書(法務関係を任されている)をして居る。
大学時代に秘書検定も取得していたのが、大きかったらしい。


第1秘書は、言わずもがなの西田専務。


私は、西田専務に鍛えられて、今の私が居ると思っている。


プライベートでは、私の彼氏は、ご存知の道明寺司。



実は、私が道明寺HDに入社した切っ掛けは、魔女? もとい 司のお母様の強要? もとい 要望 に寄るものだった。


私が大学4年の司法試験合格時に、お義母様から呼び出された。


「つくしさん、私(わたくし)が貴女を呼び出した理由、もう、お分かりよね?」
「………」


首を捻っていた私にお義母様は言った。


「貴女が鈍感なのは、良~く知っています。
 ですが、鈍感過ぎます。
 貴女は、将来、上に立つ人間なのですよ‼
 お分かり?
 いい加減、理解なさい‼」


と、言われても、分からないものは分からない。


そう言われても…。
本当に、お義母様の言葉は、理解不能なのだ。


で、いつの間にか、私は、道明寺HDに入社する事に成っていた。


私には見覚えのない、試験を受けていないにも関わらず、道明寺HDからの内定通知書が届けられていた。
完全なるコネ入社…。
否、もしかして、強要入社?


全く以って、意味の分からない状態だった。



私は、高校生の頃に、お義母様から、徹底的に目の敵にされ、あの手この手で、色々な仕打ちを受け続けた。


それが、司がNY行きを決断してからと言うもの、私に何も言わなくなった。


それに椿お姉様に、言ったそうだ。


「司も4年後は、自分自身の遣るべき事は、分かってるでしょ?
 4年後は、司に一任します‼」と…。


椿お姉様曰く…


「母は、素直じゃないでしょ?
 つくしちゃんの事、既に認めているのに、素直に、『認めている。』って、言えないの
 よ。
 本当は、可愛い人なのよ
 つくしちゃん、分かって上げて…‼」


分かっては居るつもりだが、お義母様の余りの変わり様の落差に、驚愕してしまっていた私だった。



それからと、言うもの、私は、道明寺HD主催パーティーだけではなく、パーティーと言えば、司のパートナーは私に成っていた。


また、司の出席の無い日本のパーティーでも、お義母様の秘書として、私は、お義母様にお供していた。


そして、必ず、お義母様は、ご挨拶回りの際、言っているセリフが有る。


「此方、私共 愚息の司の婚約者の『牧野つくし』と、申しますの。
 宜しくお願い致しますわ。」


“いつ、私は、婚約者に成ったんだぁ~‼”と、言いたく成る心境だった。



司は司で、恐ろしい事を言い出した。


「何時(いつ)でも、婚約発表、出来るぞ‼」


私は、溜息しか出ない。


「はぁ~⤵。」



で、お義母様から、恐ろしい事を付け加えられた。


「司とつくしさんのお付き合いは何年に成るのかしら?」
「遠距離恋愛も含めると、8年か?」
「そう、じゃあ、つくしさん、お邸で、司と一緒にお住みなさい。」
「………、はぁ~??
 今、何と仰いましたぁ?」


つくしは驚愕しかなかった。