tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>52.


<本日も2話連続投稿です。 51.と 52.が、かなり短めですので、ご了承下さい。>



【花沢つくし 編  52.】


優紀と桜子は、こんなつくしを見るのが初めてなので、動揺してしまった。


「優紀さん、先輩、涙流しながら寝ているんですが…?」
「こんな、つくし、見るの、私でも初めてだよぅ~。」
「ほんとに、如何したんでしょうね?」


つくしの様子をじーっと見ていた司が、総二郎とあきらに声を掛けて、T3の居るテーブルの方に来た。


司がT2に声を掛けた。


「つくし、寝てしまったんか?」
「ええ、涙流しながら…。」
「………」


桜子がつくしを心配して、司に聞いて来た。


「道明寺さん、先輩、如何しちゃったんですか?」
「まあ、ちょっと…な。
 つくしから聞いて無いんだよな?
 つくしが喋らない話しを、俺がべらべらと喋る訳にいかないだろ。」


『あのくそ親父』とは仰っていましたが…。」


司は自棄に冷静に話しした。


「つくしからすりゃあ、そうだろうな。」


「初めて見る先輩だったので、優紀さんも私もびっくりだったんですけど…。」


司がつくしの代わりに謝って見せた。


「ビビらして、悪かったな。」


優紀と桜子は、二人で顔を見合わせながら、司の言葉に驚愕していた。


「「えっ?? 
  大丈夫ですよ。」」


司が一応、説明した。


「これは花沢家、家族の問題だから、俺でも中には入れないんだよ。
 つくしが類に連絡して、話ししたみたいだから、花沢の親父さんに類から話しが入るだ
 ろうし、類からは、“父さんに話ししてみる。”って、俺に連絡が来たから、直ぐにで
 も、解決出来るだろうと思っている。」


優紀と桜子は、更に驚愕していた。


「其処までの事、何ですね…。」
「まあ、花沢家にしたら、そうだろう…な。」


初めてのつくしの荒れように、総二郎とあきらは放心状態になってしまっていた。





もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>51.


【花沢つくし 編  51.】


今日は、海外勤務している類・滋以外の久々のF3&T3会であった。


F3はF3だけで集まって座り、T3はT3だけで集まって座っていた。
そして、つくし達T3で近況報告をし合っていた。


「先輩、久々ですね。
 お元気でした?」


つくしは、急に嘆き出した。


「う~ん、ほんと、もう、邸には帰りたくないわ…。」


優紀は心配に成り出した。


「つくし、何が有ったの?」


つくしは、何も答えず、寧ろ、いつもと違い過ぎて、桜子と優紀は引いていた。


「………、ねぇ、今日は飲んで良い?」
「私達は良いですけど…。
 道明寺さんが如何、仰いますかね?
 って、先輩、そんな無茶飲みしたら…。」


つくしは態とか、桜子のアルコール度数の高い、普段、つくしが口にしないブランデーを口に含んで飲んだ。


「つくし、それ、桜子さんの?
 今日のつくし、やばいよぅ~。
 つくし、ほんと、何が有ったの?
 私で良かったら、聞くから…。」


つくしは落ちる前、とんでもない事を口走っていた。


「あのくそ親父‼」


優紀と桜子は首を傾げていた。


「つくし、誰の事?」
「私のパパ‼」
「「はぁ~??」」


優紀と桜子は、驚愕していた。


「つくしのパパって、ナイスガイって、雑誌で有名な方よね?」
「確か、そうだったかと…。
 おじ様のDNAを色濃く受け継いでいるのが、花沢さんだって、言われている筈です
 よ。」


「そんな方が、何故、くそ親父なの?」
「さあ、親子関係は、他人には分かりませんからね?」


優紀は、慌てていた。


「ちょっと、つくし~。
 寝ちゃったね。」


桜子はやれやれと、思っていた。


「少し、このまま、寝てもらった方が良いんじゃないでしょうか?」
「そうだね。
 その方が良さそうだね。」


つくしは寝込んでしまっていた。
つくしの顔をよ~く見てみると、寝ながら、涙を流していた。






誤解だ…(好きなのに…(続編))<総優>  3.


【恋人 編】


<総二郎said>


優紀と会えないまま2週間が経った。
いい加減、俺の精神的にも持たない。


あれから、○○産業の娘のお親父さんの会社は、優紀の一件を知った俺の親父の声で、道明寺HD・花沢物産・美作商事・桜子の祖母さんに寄って、○○産業は成敗された。
だが、4人の親父衆と桜子の祖母さんからは、俺はこっ酷く怒られたのは言うまでもない。
もう、俺は、精神的に参っているから、どうでも良いけどよ。


俺は、“優紀が落ち着きを取り戻すまでは会わさない”と、言われている。
俺と会って、俺の話を聞けば、事は上手く運ぶと思うが、“優紀が会いたくない”と、言っているなら、待つしかないが、俺は限界だつっーの。


また、何時、『優紀欠乏症』が出ても可笑しくないんだよ。


『優紀、いい加減、会ってくれぇ~』と、叫びたい心境だった。


俺は壊れ掛けてるのかも知れない。


言われもない事で疑われている俺って…。
“昔の俺の行いが悪いからだ”って、言われても、今は優紀のお陰で、改心したんだから良かったんじゃねぇの?
あぁ~、仕事したくねぇ~。



<優紀said>


私は、総二郎さんが信じられないから、総二郎さんが嫌なんじゃない。
私自身が総二郎さんの事を信じられないから嫌なんだ。
何故、総二郎さんの事が信じ切れないのか、私自身には分かっている。


「優紀さん、もう、そろそろ、西門さんに会われます?」


桜子さんから、問われた。


「まだ、もう少し、様子を見ても良い?」
「勿論です。
 優紀さんの気持ちが落ち着いてからで、良いですよ。」


ごめんね、桜子さん。
まだ、総二郎さんに会える自信が無いの。
私自身に自信が無いの。
もう少しだけ、時間が欲しい。


それは、あの女性が、過去に総二郎さんと関係を持ったんだと思う。
あの、自信に満ちた顔を見れば分かる。
あの女性が悪いんじゃない。
そうさせてしまった総二郎さんにも懺悔してもらわないといけない。
私はそう思っていた。