tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  9.




ある日、家元が早目に帰宅すると分かっている日に、家元夫人は、家元に優紀を紹介する為、お稽古の後、優紀をディナーに誘った。


優紀は、“厚かましい。”と、断ったが、つくしも誘ってくれたので、断り切れず、御一緒させてもらう事にした。



その日は、いつも、午前様の総二郎も珍しく早目に帰宅して帰って来た。


総二郎の帰りを出迎えた使用人頭のかよも嫌味を言う程で有った。


「総二郎様、今日のお帰りはお早いのですね?」
「嫌味か?」


嫌味で有るのは間違いないのだが、更に、嫌味を言うかよで有った。


「いえいえ、そんな事は有りません。
 が、いつも午前様なものですから…。」


何時もながらに、“嫌味ったらしい祖母さんだよ。”と、思う、総二郎で有った。


「今日は予定がキャンセルになったんで帰って来たんだよ⤵。
 で、誰か来てるのか?
 ダイニングが騒がしいようだが…。」


『優紀』の事を総二郎は知らなかったのかと、改めて思うかよで有った。


「ああ、祥一朗様のお知り合いのお嬢さんがお茶を習いに来られて居て、家元夫人のお弟
 子さん何ですよ。」
「はぁ~??
 お袋はつくし以外、弟子は取ってなかっただろ?」
「ええ、そうでしたが、つくし様のご友人と成れば、訳が違いますでしょ?」


つくしは、“友達が出来ない。”と、嘆いていたと思っていたが…。


「はぁ~??
 つくしに友達が居たのか?」
「まあ、失礼でございますね。
 とっても、仲が宜しいのですよ。」


『つくしの友達なら、会って見るのも悪く無いな。』と、思った総二郎は、ダイニングで食事をする事にした。


かよ、俺の食事も有んのか?」
「ございますよ。」
「じゃあ、ダイニングで食べるから、用意してくれ‼」


かよは珍しい事も有るものだと思っていた。


「承知しました。」


総二郎は、ダイニングに入って行った。
家元夫人は、総二郎の早い帰宅に嫌味を言いながらも、優紀を紹介する事は忘れなかった。


「あら、総二郎じゃないの?
 早いお帰りね?」


『どいつもこいつも…。』と、総二郎は、思っていた。
自分自身の行いを忘れている総二郎で有った。


「早く帰って来たら、いけないのかよ⤵、この家は?」


つくしが突っ込んできた。


「誰もそんな事は言ってないでしょ?
 総兄がいつも…、う~ん、否、毎日か?
 午前様で帰宅するから、そう言われるんでしょ?」


つくしのツッコミにタジタジの総二郎で有った。


「うるせ~よ、つくし‼」


総二郎とつくしが喧嘩に成りそうだったので、家元夫人が話題を変えた。


「此方ね、祥一朗のお知り合いのお嬢さんで、つくしの親友の『松岡優紀』さんと仰る
 の。
 つくしと一緒にお茶のお稽古を受けて貰ってるのよ。
 つくしより上達が早くて、つくしより上のお免除を取得しているのよ⤴。」


総二郎は、感心していた。


「へぇ~、そりゃあ、凄いんじゃねぇ⤴。」
「ええ、そうなのよ⤴。」


つくしは、尽かさず、優紀が総二郎の毒牙に係らぬ様、総二郎を牽制し始めた。


「優紀、総兄みたいな『女たらし』の毒牙に引っ掛かったりしたらダメだよ‼
 要注意人物なんだから…⤵。」
「つくし、お前な、兄貴に向かって言う言葉かよ?」
「兄貴の事だから、言うんじゃない。
 親友が兄貴の毒牙に引っ掛からない様にする為に…ね‼」
「………」


総二郎は、随分な言われ様だなと、自分自身の行いを棚に上げて思っていたので有った。





 

打ち上げ花火…<つかつく>  1.





<大塚愛さんの ♪プラネタリウム♪ を聞いている時に、“打ち上げ花火”のフレーズと歌
 詞のイメージが私の中でリンクしていて、前々から妄想していました。  
 お盆の入り日で、『精霊送り』の時期に、この様な文面を投稿して居る事をお詫びしま
 す。   今回、投稿してみましたが、かなり重い文面です。  
 ご興味のお有りな方がいらっしゃいましたら、覗いて見て下さいませ。>



<つくしside>


打ち上げ花火…夏の風物詩
       『空に輝く花』と、言った人が居たとか…。


でも、私は、花火を見る度、切なくなる。



私は、今、関西に住んで居る。
それは、父のリストラの為、東京では父の就職は困難と、両親が判断した為…。


そして、私達家族は、母の伯父を頼って、私が高校3年に進級する前の2月に、関西に移り、生活を拠点にしている。


関西に移り住んで、4年目になる。
私は現在、関西では、最難関国立大学の3年生  20歳。
現在は、京都で一人暮らしをしている。




~~ 打ち上げ花火…。


あれは遡る事、私がまだ、英徳高校2年生だった夏。
私は、あいつと夏の風物詩…(打ち上げ)花火を見に出掛けた。


その帰り、道明寺家のSPが道明寺を待ち伏せしていて、そのまま、NYに連れて行かれてしまった。
私は、道明寺家のSPの素早い対応に唖然だった。


さっき、ほんとについさっき、道明寺と、『来年の夏も一緒に(打ち上げ)花火を見に来ようね‼』って、言っていた処だった。


『ウソでしょ…、信じられない…。』と、言う心境だった。
でも、これが現実なんだよね。


折角、道明寺に見せたくて、貯めたバイト代で買った浴衣を着てみたのに…。
多分、暗くて、良く見えて無かったよね? ~~





そう、あの、夏の日までは、道明寺に対する自分の気持ちに気付いていなかった。
失って、初めて、道明寺への自分の気持ちに気付けた。
いつも遅いんだよね、気付くのが…⤵。



会いたいよ、会いたくて仕方ないよ。
 元気にしてる?
 これから先、
 数えきれない夏をどれだけ数えれば良いのだろうか?




私は、この夏に交換留学生として、イギリスに渡英する事が決まった。
研究員として、そのまま、残る事も可能らしい。
行って見ないと、何とも言えないが、アパートも引き払う覚悟が出来たので、イギリスに残る事も有りかなって、思っていたりもする。




もう、私の手の届かない所に居る、あなたを思い出す事も無くなるのだろうか…?






従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  8.




家元夫人は偶然、通り掛かった際、使用人頭のかよが、息子の祥一朗とTELで話ししている所に遭遇していた。


陰に隠れてTELの話しの内容を聞いていた家元夫人だが、かよがTELの音量を上げて話しをしていた為、話ししている内容が丸聞こえで、話しを聞いていた家元夫人は、何やら思い付いた事が有り、TELで話し終えたかよを呼び止め、提案をかよに持ち掛けた。


かよは驚愕したが、その提案を、結局、受け入れた。


「かよさん、その、祥一朗の知り合いのお嬢さん、私(わたくし)に預けて下さらな
 い?」
「………」


家元夫人が何か良かぬ事を企んでるやも知れないと思い、かよは答えられずにいた。


「かよさん、私(わたくし)に預けて下さったら、悪いようには致しませんわ。
 つくしは、茶道が好きではないでしょ⤵。
 私(わたくし)が教えても、一向に上手く成らないの⤵。
 多分、張り合いが無いからだと思うの。
 如何かしら?
 祥一朗に尋ねて下さらない?」


かよは家元夫人を信用してみようと思った。


「承知しました。
 祥一朗様にお尋ねしてみましょう。」


その後、幾日か経って、かよは、祥一朗に連絡が付き、家元夫人の提案を話しして聞かせ、祥一朗の了承を得る事が出来た。


その事を家元夫人に話しして、了承を得れた事を報告した。


「ところで、その祥一朗のお知り合いのお嬢さんって、何方のお嬢さんなの?」


まだ、家元夫人に伝えていなかった事を詫びたかよだった。


「申し訳ございません、まだ、お伝えしておりませんでしたね。
 何でも、松岡総合病院のお嬢さんだそうです。
 松岡総合病院のお嬢さんはお二人居らして、下のお嬢さんらしいですよ。
 まだ、高校生らしいです。
 お名前を『松岡優紀』さんと、仰るそうです。」


家元夫人は年甲斐もなく、燥いでいた。


「まあ、そうなのね⤴。
 『松岡総合病院』と、言えば、実家の父の主治医の先生の病院だわ。
 父の主治医は院長先生なの。
 じゃあ、院長先生のお嬢さんって事よね。
 やっぱり、縁が有るのよね⤴。」


家元夫人は嬉しそうであった。



あの日から、半年が経った。


つくしと優紀は家元夫人のお稽古を受け、優紀はメキメキと上達し、つくしの持っているお免除より、上のお免除を優紀は取得している程だった。


家元夫人は、私(わたくし)の目には間違いは無かったと思える程、優紀を気に入ったので有る。
密かに、総二郎の結婚相手にと考える程で有った。


また、この半年の間に、つくしと優紀は仲良く成り、名前で呼び合う仲に成り、親友と言っても過言ではない程と成ったので有った。