tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

バラバラの果てに…<ALL CP>  5.




一方、司はつくしの記憶を取り戻していた。


司の様子が、普段と何か違う事をいち早く察知したのは、司の第一秘書の西田だった。
西田は司の幼少期より、司を見て来たのだ。
西田に分からない訳等無かったのだ。


「司様、記憶を取り戻していらっしゃるのでは有りませんか?」
「ああ、さっき、戻った。
 なあ、西田。
 つくしが何故、桜庭家の娘なんだ?」


西田も詳しくは伝えられていないので、まだ、はっきりした事は分からないでいた。


「まだ、詳しくは存じ上げておりません。
 申し訳御座いません。」
「西田、つくしが桜庭家の娘なら、俺とは身内に成る。
 これからの俺のパーティーのパートナーはつくしだ。
 ババアにそう伝えて於け‼」


司のパーティーのパートナーは、楓、もしくは、椿が努めていた。
または、パートナー同伴のパーティーで有っても、パートナー無しでぶっちぎって出席していた。


西田は司がつくしの記憶を取り戻したので有れば、司はつくしから離れないつもりだろうと、踏んでいたので、西田は楓に報告する事を司に了承していた。


取り敢えず、西田は、“会長、社長は、現在、混乱を来たしているだろうが、司様の事はお伝えして於こう。”と、考えていた。



後日、西田は、司の記憶の件を社長に伝えた。


「司の記憶が戻ったので有れば、司がつくしさんに向かうのは当然ね。
 私の方から椿に相談して、桜庭家に打診します。」
「承知致しました。
 司様にお伝え致します。」


楓は、つくしが桜庭家の娘だというならば、邪険に出来る訳等無いと思っていた。
ならば、道明寺HDの為、司につくしを宛がう事にした。



楓は椿を呼んだ。


「椿、司がつくしさんの記憶を取り戻したそうよ。
 司から、“今後のパーティーのパートナーはつくしで…。”と、要請が来たの。
 如何かしら…?」


椿は速攻、返事したかったが、桜庭家の手前、つくしの気持ちを聞いてからだと思い直し、楓に答えていた。


「お母様、もう少しお時間を頂戴出来るかしら?
 つくしちゃんの気持ちを聞いてからで宜しかったかしら?」
「ええ、それは勿論よ。
 宜しくお願いするわね。」


椿は、桜庭邸に戻ると、家族の前でつくしに確認した。


「つくしちゃん、道明寺HDからの要請で、今後の司のパーティーのパートナーはつくし
 ちゃんでお願いしたいそうなの。
 つくしちゃん、如何かしら?」


つくしは怪訝な顔付きで、椿を見詰めて、声を出していた。


「お姉様??」
「あっ、そうよね?
 つくしちゃんはまだ、知らないのよね?
 司が記憶を取り戻したの。」
「………」


つくしは、どう答えたら良いのか分からなかった。
其処へ、兄 浩一が、話し始めた。


「つくし、司君は、今まで、パーティーのパートナーは身内だったんだ。
 司君の身内は、今までは楓社長と椿だけだ。
 つくしも身内に成る。
 憶測はそんなに呼ばないだろう?」
「お兄様、本当に大丈夫だと思います?」


椿は、つくしを宥めるように言った。


「司の記憶が戻ったって事は、司はつくしちゃんから離れるつもりはもうないと思う
 の?
 司の為にもパーティーのパートナーはつくしちゃんにお願いしたいと思っているの。
 お願い出来ないかしら?」


父親も話しを切り出した。


「つくし、道明寺家と桜庭家が盤石で有ると証明する為にも、つくしが司君のパートナー
 を引き受けてくれれば、桜庭家は尚一層、安泰なんだが…。」


つくしは考えていた。
ご恩を仇で返す訳にはいかない。
ならば、司のパートナーを引き受けようと…


そして、パートナーの件は了承したつくしで有った。






もう一度、取り戻す…<つかつく>  あとがき




皆様、こんにちは!
amiです。



『もう一度、取り戻す…<つかつく>』をご覧下さり、有難う御座いました。


実は、『もう一度、取り戻す…<つかつく>』での楓さんを、企業戦士としての楓さんではなく、本来有るべき姿の母親としての楓さんにしたかったんです。


多分、つくしを認めた楓さんなら、こんな風に成るんでは無いかと…。


また、今回は西田さんにも良い仕事をしてもらいたかった。
と言うのが、本音です。


実は、私はOL経験が無いんです。


所謂、オフィス内での仕事経験が無いんです。


だから、どうしても、オフィス内の様子が分からないと言うのが本音で、避けれるものなら避けたい‼


そんな風に思っている今日この頃です。


なので、もし、間違っていても、大目に見て遣って下さいまし。←タマさん、登場‼



次のお話しに入る前に、一つ小話を入れています。


もし、宜しければ、ご覧下さいませ。



それでは、皆様、これからも、『tukatuku₋inoti』を宜しくお願いします。



ami




もう一度、取り戻す…<つかつく>  16.




司会者が、促し始めた。


「ご静粛にお願いします‼」


実は、記者達は、司がつくしに騙されているという風に話しを持って行きたかったのだ。
ところが、司の母親で有る、あの『鉄の女』が、異を唱えたのだ。


誰も何も言えなかった。


楓は話しを続けた。


「司が約10年前にメディアに残した『4年後、迎えに行きます。』と公言した例の相手の
 女性がつくしさんです。
 つくしさんが、余りにも綺麗に女性らしくなってらっしゃるから、皆様、お気付きに
 成ってらっしゃらないようですわね(微笑)。」


記者に寄って、笑顔の記者、驚愕の記者、苦笑している記者等、様々で有った。
楓は、俄かに楽しんでいるようにも見えた。


「オフレコでしたが、約6年前、私(わたくし)の主人が2回目に倒れた時、司には、“現
 を抜かしている時間はない。”と、申しておりましたので、NYに留まらせ、道明寺HD
 の副社長としての責務を全うさせました。
 つくしさんには、その事を伝えておりましたので、司とつくしさんは別れていた事に致
 しましたの。
 で、司とつくしさんには、そろそろ、けじめを付けさせる気でおりました処、この様な
 事態になったという訳です。」


楓は一息を突き、ウォーターを口に含ませた。
そして、前を見据えて、宣言をした。


「此処で、私共の愚息 司と牧野つくしとの婚約記者会見と致します。」


記者から、歓声が上がった。


記者達にとっては、思ってもいない事だった。


この事に寄り、司の恋人はつくしで有り、婚約者として、世間に周知された。



また、この事に慌てたのはF3だった。


「何故、司だけが…。」


と、成り、また、それぞれのF3の親達も、婚約発表を慌てて行うと言い出した。



この事に寄り、奇声を発し出したのは、世の良家のお嬢様方。


司に続いて、F3もが、婚約発表を行ったのだ。


ショックを起こさない方が可笑しいだろうと、言われていた。


道理で、F4の親達は、お見合いを断る筈だと、良家の親達も納得していた。



道明寺HDでは、社員が、つくしの仕事振りを見て、また、司の婚約者として、つくしに『よいしょ』をし始めた。


つくしは仕事がし難い事、この上なかった。


其処で、前々から考えて居た事を楓は行おうとしていた。
楓の鶴の一声で、つくしは、司の専属秘書になった。


勿論、司の専属第1秘書は、西田。
第2秘書に、つくしを据え置いた。


秘書課の女子社員は、つくしの秘書課への移動に狼狽えた。


何故なら、司のイチャ付き振りが、目障りだったからに他ならない。
仕事に成らないのだ。
しかし、つくしが秘書課に居る事で、司の仕事の効率が極端に上がっている為、周りは何も言えずに居た。


楓もその一人だった。



今日も、司は幸せ一杯、仕事の効率が良く、道明寺HDの業績も鰻上りに上がっていた。



この1年後には、結婚した司とつくしとの間に、待望のつくしの妊娠が発覚するので有った。



やっと、司とつくしは、幸せを噛み締める事が出来たのであった。



fin