tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

PVアクセスランキング にほんブログ村

忘れていた気持ち…<つかつく>  4.




<つくしside>


今日は、朝から、専務に呼び出されていた。


私は、予想はして居た。


そろそろ、呼び出しが有るだろう事は…?


そして、私は、専務の部屋の前に居た。


【コンコン】…つくしが、ドアをノックした。


「牧野です。」
「どうぞ、入ってぇ~。」


私は、ドアを開けて、部屋に入った。


「何か、ご用ですか?」


専務は、私にソファに座る様に促した。


という事は、話しが長く成るという事だよね?


「そう何よ。
 先方からなぁ。
 催促の連絡が有ったんよ。
 ほんでね、“どないかな?”って、思うてなぁ?
 で、つくしちゃんの気持ちは…?」


私は、予想通りだったので…。
持って入って来たお見合い写真を、テーブルの専務の前に置きながら…お断りを入れた。


「専務、申し訳御座いません。
 此方をお返しします。」


専務は、項垂れる様に、私に聞いて来た。


「そう何やなぁ?
 やっぱり、あかんかったんやなぁ?
 つくしちゃんの顔の表情で、何と無く理解はしとったんよ。
 まあ、しゃあ無いわなぁ。
 でも、理由を聞かせてくれへん?」


私は、正直に言う事を止めた。


最もらしい言い訳を専務に伝えた。


「まだ、専務の下で、仕事をさせてもろうて、勉強したいですし…。
 それに、まだまだ、結婚の事は考えられへんかと…。」


専務は、嬉しい様で、残念と言う様な、複雑な顔をして居た。


「そう何やなぁ~。
 じゃあ、しゃあ無いわな。
 良しとしますか?
 まあ…な。
 つくしちゃんを先方に押し付けて、“うちの会社の為に…。”って、言うんも、気が引け
 とったんよ。
 その方がええわなぁ?
 そうと決まれば、先方に伝えとくわなぁ?」


専務は、私の顔の表情を読み取ろうとして居るのか?
私の顔を頻りに見ていた。


だから、はっきり、返事をして於いた。


「はい、宜しくお願いします。
 ご配慮に感謝します。」


で、此のお見合いの話しは、無かった事に成った。


だが、後で、聞いたら、其の企業との提携の話しも無く成ったらしい。


何だか?
私の責任の様で心苦しかったが…?


エリカが、私に言葉を交わしてくれた。


休憩室で一緒に成ったエリカが、私と話しして居る様で、皆にも聞こえる様に話ししてくれて居た。


「つくしに見合い話を持って来た企業の遣り方が可笑しいんちゃうの?
 だって、つくしが、責任を取る必要ないやん。
 つくしの将来やでぇ~。
 もし、一歩、譲ったとしても…。
 一女性社員を餌に、提携を言うて来る何て…?
 其れって、『パワハラ』やん?
 だから、つくしは、気にせんでええよ‼」
「………」


そうなので有った。


実は、この提携話は、営業部も絡んでいた為…。


誰が、噂を流したか?
分からないのだが…。


私が、お見合いを断った事が、噂に成り、会社に居辛く成って居たのだった。


本来なら、“ええ加減にしてぇ~‼”と、怒鳴りたい所だけど…?


関西で、骨を埋める気に成って居た私だったので…。
これ以上、騒ぎを大きくしたく無いと、言うのが理由で、中々、前に出れなく成っていた私だった。


だから、エリカの言葉は、少し、スッキリしたのかも、知れなかった。



<司side>


俺は、あいつの会社内で流れている、あいつの噂話を聞いてしまった。


何故、あいつが、会社の責任を押し付けられて、結婚しねぇといけねぇんだ?


自分等の娘なら分かる。


あいつは、唯の一女性社員だろ?


俺は、胸糞悪ぃ気分に成っていた。



だから、あいつを此の会社から救い出す為、例の計画の遂行を速める事にした。


で、俺の第1秘書の西田に伝えて居た。


「西田、あの計画を速めて進める事にした。
 準備を頼む。」


西田は、怪訝な顔をして居た。


「まだ、時期尚早かと思われますが…?」


俺は、更に、西田に懇願する様に伝えた。


「あいつをあの会社から、救いてぇ‼
 ダメか、西田?」


西田は、“やはり…か?”とでも、思って居るのだろう?
顔の表情が変わった様に思った。


「賜わりました。」


西田の了承の言葉を聞いて、俺は、初めてかも知れねぇが、西田に礼を言った。


「西田、サンキュな‼」


更に、西田は、怪訝な顔をして居た。




私の独り言




皆様、こんにちは!
amiです。



いつも、『tukatuku-inoti』をご覧下さり、有難う御座います。



今日(3月19日)は、独り言(?)を言わせて下さい。



昨日、帰って来た娘の様子が変だったんです。


で、母としては、やはり…心配で、話しを聞いて遣りました。



で、昨日(3月18日)に友達と旅行社に、数店、言って来たの事。


その理由が…。


嵐のライブ…。


実は、当たったんだそうです。


落選した友達と一緒に行く予定に成ってたとか。


でも、場所がいけなかった。


詳しい場所は言えないですが…。


旅行費用だけで、10万円近く掛かると言われたとの事。


勿論、費用に関しては、私にも相談は有りました。


ですが、此処は、今後の事にも繋がるので、私から費用は出さない条件で、嵐のライブに行く事を咎めないと、当たるか如何か、分からないうちから、私が、言って居たので、費用の件は、却下しました。



それに、娘は、有休を取って、行くつもりで居たそうなんですが…。


間違い無く、1日では、行けない距離。


2日間も、有休を取ってまで行く事が出来るのかも分からない。


また、宿泊出来そうなホテルは、ドーム会場から、電車に乗って、かなり離れた場所に成るとか…。


知らない土地で、迷子に成る事の方が怖いからという理由も有ったそうで…。


友達と相談して、断念したそうです。


娘が、帰る成り、気分は落ち込んで居て、娘からは…?


「気が萎えた。
 遣る気が出ない。」


と、聞かされる始末。


嵐のライブに行けるかもという気持ちだけで、浮上していた気持ちが、終わった。


そんな感じなんでしょう。


けれど、今日、朝、起きて来た娘は、吹っ切ったのか?


ケロッとして居ました。



唯、何とか成んないもの何でしょうか?


人には、その為だけに費用を出せない人も居ると思うんです。


“平等に…。”と、考える事務所の意向も有るだろうとは、思います。


でも、『fan』の立場から言うと、“折角、当たったのに…。”と、言う想いは拭えないと思います。


仕方ないと思って居ても…。



ここ最近、ネットで、事務所のお家騒動が騒がれて居る様ですが…?


気を揉んで居る『fan』も居る事を忘れないで居て上げて欲しいと思います。


うちの家族は、娘の動向で、主人まで、右往左往している始末。


娘の事には、気を揉むのでしょう?


息子は、呆れて居ますが…。



家族にまで、影響する事も有るという事を知って居て欲しいです。



ブログで、独り言と言う名の愚痴を言って、すみません。


私自身にも、何か、遣る瀬無さが残ってしまって…。


嵐の活動休止報道で、『嵐ロス』に成って居た娘を見て来て…。
“嵐のライブに行けるかも…。”と、思い、浮上した娘。


で、行けない事に成ったのに…。
吹っ切ってくれたのは良かったが…。


私は、遣る瀬無さが残って…。


う~ん、切ない。



こんなamiでは在りますが…。


これからも、『tukatuku-inoti』を、宜しくお願いします。



ami




記憶の上書き…<総優>  3.




<総二郎side>


で、牧野と優紀ちゃんの卒業旅行は、『カナダ旅行』と決まった。


で、司ん家(ち)のPJで、司ん家(ち)の別荘滞在と決まった。



俺は、カナダ旅行が、決まってから、数日後に、あきらん家が経営して居るレストランの個室に、何故か、類とあきらに、呼び出された。


そして、俺は、類とあきらから、『カナダ旅行』の事を諭されていた。


“何なんだよ?”と、思う、俺が居た事は確かだった。


「総二郎…?
 これがチャンスだぞ?」
「はぁ~??」
「総二郎…?
 如何いう意味で、俺とあきらに呼び出されたかは、分かってんでしょ?」


俺は、分かってても、知らねぇ振りを押し通そうとして居た。


けど、相手は、上手だった。


「何の事だよ?」
「へぇ~??
 総二郎…?
 ほんとに、分からない訳じゃないでしょ?」
「だから、何の事だよ?」


類とあきらは、呆れた様に、俺を諭し出した。


「あのな、今回も、優紀ちゃんが来んだよ?
 今、総二郎の中では、優紀ちゃんは、唯の仲間じゃねぇだろ?」


俺の気持ちは、あきらと類に、バレて居る事は、重々、分かって居た。


「何なんだよ?」
「ねぇ、総二郎…?
 何で、俺が、旅行先を『カナダ』って、言ったか…?
 総二郎は、分かってるよね?」
「………」


何も、答え様としねぇ俺に、あきらも参戦して来た。


「あのな、俺も、何の為に、あんなキザなセリフを言ってまで、『カナダ旅行押し』した
 か…?
 総二郎は、分かってんのか?」
「………」
「総二郎、お前な?
 此処で、決めねぇと、もう、優紀ちゃんに、総二郎の想いを伝える事は出来ねぇかも知
 れねぇんだぞ?
 それでも、良いのか?」


良かねぇよ。
良かねぇけど…?


言えるかよ…今更?



そうなのだ。


俺は、優紀ちゃんを随分と傷付けて来た。


で、俺が優紀ちゃんを傷付けた最大の俺の言った言葉は…。


「此れからは、仲間って事で、宜しくな‼」だった。


優紀ちゃんは、俺の言葉を守って、ちゃんと、仲間に徹してくれていた。


俺と優紀ちゃんの過去は、誰にも、一切、言わず…。



なのに、優紀ちゃんが、どんどん綺麗に成って行く姿に、嫉妬していた俺が、存在していた。


じゃあ、何故、あの時、俺は、“ちゃんと付き合おう‼”って、優紀ちゃんに言えなかったのか?


だから、今更、言えねぇんだよ。
言えるかよ?


あの頃の事が有る以上、“俺は、『優紀ちゃんが、好きだ‼』”って、言葉を出したくても、俺は、優紀ちゃんに、それ以上、言えねぇんだよ。


だから、類とあきらの行動は、『有難迷惑』に過ぎねぇんだよ。


だからって、俺だけ、カナダに行かねぇって選択肢も、俺の中ではねぇ‼


曖昧な態度で、気持ちで、優紀ちゃんに接してる事も、十分過ぎる位ぇ、分かってる。


けど…だからって?
今更だろ?


如何するよ、俺?


そう思って居た時、あきらが言って来た。


「総二郎…?
 偶には、素直に成れよ?
 いつも、格好良い総二郎だけしか、優紀ちゃんに見せてねぇだろ?
 汗かいてみろよ?
 司みてぇに、じたばたしてみろよ?
 優紀ちゃんに、格好悪ぃ総二郎も見せてみろよ?
 其れ位ぇして、やっとだろ?
 汗もかかない。
 じたばたもしねぇ?
 そん何じゃあ、優紀ちゃんに、総二郎の想いは伝わらねぇんじゃねぇのか?
 これが、最後のチャンスだと思って、遣ってみろよ?」


あきらのこの言葉は、かなり、俺の心を揺さ振って居た。


其れじゃあ、遣ってみますか?



<3、は、少し、短めで、申し訳御座いません。>