tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>50.


【花沢つくし 編  50.】


つくしのパパの予期せぬ攻撃を受けてしまった司は大丈夫なのか?
つくしは心配していた。
かなり、放心状態になっていたし…。
此れって、所謂、『肝が冷えた』って、やつよね?



司とつくしは、カフェでお茶を飲んで居た。


つくしは、分かっているが一応、司に尋ねた。


「司、大丈夫?」
「いや、無理か?」
「だよね?
 ごめんね⤵。
 私と結婚する事、ビビった?」
「否、それは無い。
 唯、インパクトがデカ過ぎた⤵。」


つくしは、“当然だよね。”と、言葉を詰まらせていた。


「………、だよね。
 私との結婚に躊躇してないなら、良かった。
 ほんとに、ごめんね。
 あれが我が家、花沢家なの。
 正体を知って、びっくりしたでしょ‼」
「びっくりを通り越して………。」


司は何と言えば良いか分からず、言葉に成らなかった。


司自身が思うに、つくしパパは、類より策士振りはマシだろうと思っていた。
司は、つくしパパを敢えて言うなら、類に毒気を足した感じか…と、思ったのであった。


「「………はぁ~⤵。」」


司とつくしは、同時に溜息が出た…。


司とつくしは、前途多難だと、思っていた。


司は、道明寺家での挨拶の折りの、父親とつくしの会話を思い出していた。
司は、つくしパパの事を事前に父親からもっとちゃんと聞いて於くべきだったと、後悔していたので有った。


また、つくしも、もっと早目に、パパの正体を事前に司に伝えて於くべきで有ったと、後悔していたので有った。


それぞれがお互いに、後の祭りでは有ったが…。




誤解だ…(好きなのに…(続編))<総優>  2.


【恋人 編】


桜子がどうやって女共を成敗したか分からないが、1人の女が戻って来て、少ししたら、慌ててパーティー会場から出て行った。


その後、少ししてから、桜子が優紀を連れて戻って来た。
優紀の様子が可笑しい、完全に俺を避けてる。
目を見たら、泣き腫らしたのか、目が真っ赤だ。


「皆さん、今日は、優紀さんと私、先にお暇しますね。
 申し訳ないんですが、優紀さんがお疲れの様ですので…。
 それと、西門さん、今日は優紀さんをお預かり致しますわ。
 宜しかったでしょうか?
 先輩には先に帰る事を、私からお伝え致しますので…。」


総二郎は優紀が気に成って仕方なかったが、取り敢えず、この場では納得するしかなかった。
「分かった、桜子、優紀を宜しく頼む。」
「承知致しましたわ。
 あきらさん、後で、連絡致しますわ。」


あきらも頷いた。


「分かった。」


事の発端は、レストルームでの出来事に遡る。


桜子は扉の外から全てを聞いていた。


優紀を慰めたが、優紀が引っ掛かっているのは、『3回ルール』の事だった。
今は遣っていないと信じたいが、あの女が言った、「今も遣っていらっしゃるようね?」の一言だった。


もしも、あの女が言った様にまだ、遣っているなら、裏切り行為だけでは済まない。
総二郎は、全てを敵に回してまで、危険を冒すとは、とても思えない。
でも、過去が有るだけに、俄かに信じ難くとも、心の底から信じきれないのが今の優紀の気持ちだった。


だからと言って、総二郎には聞けない、聞いてはいけないと、思う優紀だった。
桜子は、全てをあきらに伝えた。
あきらも、“今はやって無いだろう。”と、言うが、はっきりとした事は分からない。


そんな時、F4の招集が掛かった。
総二郎は、あのまま、1週間、優紀に会って居なかった。
総二郎は、あきらに詰め寄った。


「あの時、優紀の身に何が有ったか、あきらは桜子から聞いてるんだろ?
 何が有ったか教えてくれないか?
 あのまま、優紀に会えてないんだ。
 お袋は三条邸に行ってるみたいだから、会えてる見たいだけどな。
 俺は会わせてもらえねぇんだ、優紀の気持ちが落ち着くまでは…、ってな。」


総二郎は、あきらから、桜子の伝えて来た全てを話しして聞かされた。
総二郎は怒りを露わにして…。


「俺が今でも『3回ルール』を遣ってると思うか?
 そんな暇ねぇよ。
 優紀にも会いたくても我慢してる時も有るくらいなのに。
 それに、今の俺が全てを敵に回してまで、危険を冒すと思うか‼」
「俺もそうだとは思ったが、女が見たように言ってたと成るとな…俺も言い訳出来ねぇだ
 ろ。」


総二郎はかなり大きな声で、怒鳴るような、叫ぶような言い方で言った。


「何処の誰だよ、そんな出鱈目言ってやがるのは…?」
「○○産業の娘。
 総二郎、お前、昔、“しつこい女が居る”って言ってただろ。
 あの時の女って、○○産業の娘じゃなかったか?」
「って事は、昔の『3回ルール』の女って事じゃん。」
「馬鹿だな、総二郎…、だから、あれ程、言っただろ。
 “何時までもそんな遊びしてたら、後悔する時が来るぞ”って…。」
「………」


あきらは確認するように言った。


「総二郎、これからどうするよ。」
「どうするも何も、“今はしてねぇ”って、説明するしか無いわな。」
「優紀ちゃんがそれで納得するか?」
「させるしかないだろ。」
「てめぇの女だからな、自分で処理するのが一番良いだろうな。」





もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>49.


【花沢つくし 編  49.】


今日は花沢家に挨拶の日である。
司としては、類が帰国して来る前に済まして於きたかったのである。
類に揶揄される事、間違い無いのだから…。


孝から司に声を掛けて来た。


「やあ、司君、久し振りだね。
 よく来たね。」
「お邪魔致しております。」


つくしは心配していた。
司はつくしパパの勢いに押されている。
“大丈夫かな?”と、つくしは、不安に駆られていた。


「まあ、そんな緊張しなくても…。
 司君、手が震えているよ。」


つくしは慌てて、つくしパパをセーブし始めた。


「パパ‼
 司、気にしないで…ねぇ⤴。」
「もう、下の名前で呼び捨てか、つくし?」


司は何も言い出せないでいたのである。


「………」
「パパ‼
 もう、いい加減にして。」


ダメだ。
今日は私のいつもの制裁を欠いている。
何時もの私じゃない…。
パパのツッコミが容赦ない。


『パパ策士』降臨‼ されてしまっている。
これは、ヤバい‼


「司、挨拶、何てもう良いわ。
 行きましょう‼」


孝はつくしを制止した。


「つくし、何だ。
 司君は我が家に挨拶に来てくれたんだろ。
 道明寺家にもつくしは挨拶に行ったんだよな。
 じゃあ、花沢家にも司君の挨拶は必要だろう。
 此方はつくしを嫁に出すんだ、当然だよな、司君?」
「………」


「パパ、恥ずかしいから、もう、止めてぇ~~。」


つくしは発狂し出した。


「大丈夫だ。
 司君は類で慣れているだろ?」
「………」


何が大丈夫なのよ。
何がお兄様で慣れているよぅ~~。
パパ、揶揄しないで‼


司が何も答えられなくなっているじゃないの~~。


「もう、嫌‼
 ママ、挨拶無しで良いわよねぇ?」
「あなた、お止めに成って…。」


司がヤバい‼
パパに遣られている。
如何しよう?
挨拶、処じゃないわよぅ~~。


「司、大丈夫?」
「………」


「ほら、放心状態になってしまったじゃない?
 如何するのよぅ~~‼」
「こんな事くらいで放心状態になるようじゃあ、先が思い遣られるな⤵。」


つくしは如何する事も出来ず、パパを抑えるすべも無く、途方に呉れそうだった。


「パパ、お願いだから、司を苛めないで~。」
「類が居たら、もっと、大変だったんじゃないか?」
「「………」」


心の声が出そうよ、“はぁ~⤵。” ←by つくし



かくして、挨拶、処では無かったが、如何やら、つくしの両親からも結婚は許されているようだ。


取り敢えず、“ほっ”と、するべきか? 否か?
答えを知っているのは、『つくしパパ』のみだ。