tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>48.


【花沢つくし 編  48.】


司とつくしは、二人の結婚の許しを得る為と意思を伝えるべく、NYから出張で帰国していた道明寺保・楓夫妻に会う為、つくしは、数年振りに、久し振りに、道明寺邸を訪れた。


其処にタマが待って居てくれた。


「先輩~(泣)。」


つくしは号泣だった。


「何だい、何だい。
 良い大人が…。
 いい加減にしよしよ。」


つくしは泣き止む事が出来ずに居た。


「だって~。
 会いたかったんですもん(泣)。」
「何時でも会いにくれば良いさね。
 歓迎するさね。」
「はい。
 先輩~~(大号泣)。」
「つくし~~(大号泣)。」


つくしとタマは泣き止む事が出来ず、司が呆れて、つくしに先を促した。


「何時まで、何、遣ってんだ。
 ほら、行くぞ。」


タマもつくしにハンカチを渡し、涙を拭かせ、司と一緒に行くよう促した。


「さぁ、行ってお出で。」
「はい、先輩。
 行ってきます。」


保の書斎にて…


楓が口火を切った。


「久し振りだったわね、つくしさん。」


つくしも緊張しながら楓に挨拶をした。


「ご無沙汰致しておりました、楓社長。」


楓は嫌味ではなく、家族と認めた上で、つくしに言葉を発した。


「今日はプライベートよ、つくしさん。」
「失礼致しました。」
「まあ、良いわ、徐々に…ねぇ(笑)。」


保は、場を一掃する意味で冗談を発した。


「早速、嫁いびりかな、楓。」
「あなた‼
 失礼しちゃうわ。」


司は、話しが一向に進まない事に嫌気が刺し、話しを進め出した。


「はぁ~⤵。
 いい加減にしてもらえるか?
 話しが中々、進まないんだが…。」


やっと、保がつくしに挨拶を交わし始めた。


「つくしさん、初めまして…だね。
 つくしさんのお父上の幼馴染で有り、親友で有り、司の父親で有る道明寺保です。」


つくしも挨拶を交わした。


「初めてお目に掛かります。
 父がいつもお世話になっております。
 花沢つくしと、申します。」


保は、司に聞かせる意味でも孝の話をした。


「お父上は相変わらずかな?」
「父の何が相変わらずかは存じ上げませんが、相変わらずの策士です。」
「成程、それだけ聞けば、良く分かるよ。」


つくしは聞きたかった事を聞いてみた。


「やはり、父は兄同様、若い頃より策士だったんですね?」
「DNAは侮れないよ。
 お察しするよ。」
「有難うございます。」


司は父親とつくしの会話に業を煮やすというよりも、話しに入れない事に不貞腐れていた。


「一体、何の話だよ。
 親父、お袋、俺は、つくしと結婚する。」


つくしは呆れながら言った。


「何の決意表明なのよ。」


保は司のフォローをし出した。


「まあ、つくしさん、司は嬉しいんだよ。
 そうだよな、司。」
「ああ。」
「本当に、お恥かしい息子だわ。
 こんな司で宜しかったの、つくしさん?」


つくしは思わず、切り返しして話しした。


「花沢家は策士の集まりですので、司さんで癒してもらっています。」
「成程…ね。
 それは癒されるね。」


司は反論した。


「親父‼」


保と楓は、司とつくしの結婚は既に許していた。


「つくしさん、司を宜しくお願いするよ。」
「はい、有難うございます。
 今後共、宜しくお願い致します。」


つくしはお辞儀をしながら、挨拶をしていた。


かくして、道明寺家のご挨拶は終了した。
高校生の頃では考えられないくらい、あっさりと穏やかに、和やかに、終了した。


次は、司が緊張する番だ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。