tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>52.


<本日も2話連続投稿です。 51.と 52.が、かなり短めですので、ご了承下さい。>



【花沢つくし 編  52.】


優紀と桜子は、こんなつくしを見るのが初めてなので、動揺してしまった。


「優紀さん、先輩、涙流しながら寝ているんですが…?」
「こんな、つくし、見るの、私でも初めてだよぅ~。」
「ほんとに、如何したんでしょうね?」


つくしの様子をじーっと見ていた司が、総二郎とあきらに声を掛けて、T3の居るテーブルの方に来た。


司がT2に声を掛けた。


「つくし、寝てしまったんか?」
「ええ、涙流しながら…。」
「………」


桜子がつくしを心配して、司に聞いて来た。


「道明寺さん、先輩、如何しちゃったんですか?」
「まあ、ちょっと…な。
 つくしから聞いて無いんだよな?
 つくしが喋らない話しを、俺がべらべらと喋る訳にいかないだろ。」


『あのくそ親父』とは仰っていましたが…。」


司は自棄に冷静に話しした。


「つくしからすりゃあ、そうだろうな。」


「初めて見る先輩だったので、優紀さんも私もびっくりだったんですけど…。」


司がつくしの代わりに謝って見せた。


「ビビらして、悪かったな。」


優紀と桜子は、二人で顔を見合わせながら、司の言葉に驚愕していた。


「「えっ?? 
  大丈夫ですよ。」」


司が一応、説明した。


「これは花沢家、家族の問題だから、俺でも中には入れないんだよ。
 つくしが類に連絡して、話ししたみたいだから、花沢の親父さんに類から話しが入るだ
 ろうし、類からは、“父さんに話ししてみる。”って、俺に連絡が来たから、直ぐにで
 も、解決出来るだろうと思っている。」


優紀と桜子は、更に驚愕していた。


「其処までの事、何ですね…。」
「まあ、花沢家にしたら、そうだろう…な。」


初めてのつくしの荒れように、総二郎とあきらは放心状態になってしまっていた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。