tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

kisshug…<つかつく>  5.





<一部ショッキングな内容があります。  不快に感じられましたら、お詫びします。>



<楓side>
楓は、今までのつくしとの経緯(いきさつ)を思い返していた。
事の発端は、司がつくしを好きに成った事に端を発していた。
最初は、つくしからではなく、司からだった。


私(わたくし)は何に拘っていたのだろうか?
私(わたくし)は思い出そうとしていた。
あの娘を憎む様に成った事の発端を…。


司を奪われる事が許せなかった。
自分が気に入った女性を司に宛がえば、何時までも司は私(わたくし)の意のままだと思っていた。
司が変わって行く事が許せなく、変わって行ったのはあの娘の責任だと一方的に責任を押し付けた。
あのタマまで、籠楽したあの娘が許せなく、タマの声にも耳を傾けなかったのは事実。


私(わたくし)のせいだと言うの?
少なくとも、司の親友達はそう思っているって事よね?


司を救い出せるのはあの娘だけ…?
 じゃあ、遣ってもらっても良いかも知れない
 出来なければ、あの娘を完全に司から引き剥がすのみ。』



そう考えた私(わたくし)は、直ぐ様、イギリスに飛んだ。


そして、つくしに会い、司の親友達が言う呪縛を解く事にした。


「つくしさん、司を救い出して欲しいの。
 あなたなら、出来るわよね?」
「………」


「それとも、出来ないとでも、仰るのかしら?」
「………、道明寺社長、あなたは、自分勝手なお方ですね?」
「如何いう意味かしら?」
「道明寺社長は、私に御子息から離れろと、仰った。
 次は、御子息の傍に居ろと、仰る。
 その次は、御子息が回復すれば、また、御子息から離れろと、仰るおつもりですか?
 もしそうなら、初めからお傍に居ない方が良い。
 御子息にはこんなにご立派なご両親が就いていらっしゃって、お医者様もいらっしゃ
 る。
 私には、何のお力にも為れません。」
「………」
「では、失礼致します。」


あの娘に挑戦状を叩き付けたのに…、私(わたくし)に叩き返して来るとは…。
そうだったわね、あの娘はそう言う娘だったわ。


あの娘が、そう言うなら、私(わたくし)で、司を何とかして遣るべきよね。



道明寺総合病院に着いて、直ぐ、医者に会いに行った。


「楓社長、御子息の生命維持の補償を保つ事は、これ以上は難しいでしょう。
 御子息はかなり衰弱されております。
 お声を掛けて差し上げて下さい。」


私(わたくし)は仕事の合間を縫って、三日三晩、司に声を掛けているが一向に反応がない。
医者も成すすべが無いといった感じか?


「楓社長、御子息は何方かお待ちではないでしょうか?
 御子息は楓社長をお待ちではないかと、私は思っておりましたが、違うようですね。」
「………」


私(わたくし)は、何も応える事が出来なかった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。