tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく>54.


【花沢つくし 編  54.】


私には、憧れているお姉様がもう一人居る。
司のお姉様 椿さん。


椿お姉様は私達が高校生の頃から、私達の付き合いを誰よりも応援してくれ、『いつでも、私はつくしちゃんの味方よ。』と、励ましてくれた方。


椿お姉様が居なければ、私達の付き合いは何処かで破綻していたと思う程…。
(お互いの記憶喪失で、縁が無くなったとかじゃなくて…。)


一旦は、お互いの記憶喪失の為、縁が切れてしまっていたけれど、『ずーっと、心配していたのよ。』と、泣きながら仰ってくれた。


だからこそ、椿お姉様には頭が上がらない。


私には、二人のお姉様が居る。
全く違うタイプのお姉様。
どちらのお姉様も、私の憧れのお姉様。
巡り会えた事に感謝したい。



そんな時に椿お姉様が急に、帰国して帰って来た。


「つくしちゃん、やっと、私の本当の妹になってくれるのねぇ~。
 お姉様は嬉しくてよぅ~。」


また、当然のように抱き締められ、一瞬、気が遠くなりそうになった。
椿お姉様の毎度の代名詞。
もう一度、慣れて行かなきゃ…なぁ⤵。


「椿お姉様、息苦しいです。」
「あらあら、また、やっちゃったぁ~。
 ごめんなさいね。
 つくしちゃん、大丈夫??」
「………、ぜはぁ、ぜはぁ。
 はい、何とか、大丈夫です。」


椿お姉様は、人の話しは聞いちゃあいない…。


「つくしちゃんに会えて嬉しいわ。
 本当に、司と結婚してくれるのね?
 お姉様は嬉し過ぎて、嬉し過ぎて…。」
「はい、有難うございます。
 色々、ご心配をお掛けしました。」


やっぱり、人の話しを聞いていない…。


「類も静ちゃんと入籍したんですってね。
 男の子のお子さんも生まれたんですってね。
 つくしちゃん、良かったわね。」
「はい、有難うございます。」


椿お姉様は、何も言わないけれど、私達F4&T4の事を本当に心の底から心配していてくれたんだと思う。
感謝しか無い…ねぇ。


「ところで、つくしちゃん、結婚式のドレスは決まったの?」


「その事で、司も色々、手を尽くしてくれているんですが…⤵。
 実は、私の母は、お義母様と私の高校生の頃の確執の件で、未だにお義母様の事を余り
 良く思っていないようで…。
 今は、お義母様から可愛がって頂いていると、いくら話ししても、私の母は、お義母様 
 を受け入れる事が出来ないらしく、話しが一向に進まないんです。」


やっぱり、椿お姉様は、心配してくれていたんだぁ~。


「やっぱり…、そんな事だろうと思っていたのよ。
 どうせ、父親同士も親友なのに、ほったらかし状態じゃないの?」
「はい、男親には、分からないとか何とか言われました。」


雲行きが怪しく成って来た?


「やっぱり…ねぇ。
 私が居なきゃあ、何も始まらないのよね。
 分かったわ。
 此処は私に任せなさい。
 私はいつも、つくしちゃんの味方よ。
 つくしちゃんには悪いようにはしないから安心してね。
 善は急げ…ねぇ⤴。
 じゃあ、送る事が出来ないけど…、此処でね‼
 つくしちゃん、気を付けて帰ってねぇ~⤴。」


椿お姉様は、言うや否や、姿が見えなくなった。
ほんと、変わり身が早い。
こんな事を言って居られない。
早く、司に連絡しなければ…。


「司、今、大丈夫?」
「おぉ、どした?」


落ち着いてる場合じゃなかった。


「さっきね、椿お姉様が帰国して帰って来られたの。
 “お義母様とママとの間を取り持つ。”って、帰られたの。
 止めなきゃ、大変な事が…、取り返しの付かない事が起こりそうで怖いんですが…?」
「はぁ~??」


つくし、お前は、学習能力は無しか?


「お前、姉貴に何を言ったんだよ?
 姉貴に何、相談してだよ?
 お前、懲りないヤツだよなぁ~⤵。
 毎回、大変な目に合っているというのに、何時になったら、学習するんだよ。」


椿お姉様の暴走癖、本当にすっかり、忘れていた。
これが無ければ…、何だけど⤵。


「椿お姉様の暴走癖をすっかり忘れていたの?
 司、如何しよう?」
「はぁ~⤵。」
「そんな、溜息付かなくても…。」
「溜息くらい付きたくもなるだろう。」


ほんと、何やってんだよぅ~。


「取り敢えず、姉貴、止めて来るわ。」
「お願いします。」


かくして、椿の暴走は止められたのであろうか?







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。