tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…<総優>  1.

総二郎はF3から“メープルに来い。”と、呼び出された。


到着するや否なや、総二郎はあきらから、
「どした?  その顔色?」と、心配がられた。
「えっ?」と、言われている意味が分からず、首を傾げていると、
「鏡、見て来たら…。」と、類からも言われる始末。


今日は、大学を休んで、ずっーと、邸でボーっとしていた。


優紀に会えなくなって、今日で3週間。
何もする気が起きず、自分でも、“何やってんだ。”って、思うんだから、F3からしたら、“しっかりしろ。”って、言いたいんだろうな。


「つくしがな、“最近の西門さん、何か変じゃない?”って、言ってんだが、“俺は何も知ら 
 ない。”って、言って於いたぞ。」と、司にまで原因を知っているぞと、言わんばかり
 に言われた。
「はぁ??」と、答えると、
「自分で分かってないの?  総二郎。」と、類にまで、言われている俺って。


分かっているに決まってんだろ。
だから、苦しんでんだろ。


もう、どうにでもなれと、「原因は分かっている。」って、答えてやった。


そしたら、司が、
「何なら、昔、Wデートしただろ?  また、するか?
 今度は、俺とつくしが協力してやるぜ。」


上からか?と、言いたいが、勝手に口から出てきた言葉は心にもない言葉だった。
「ああ、宜しく頼む。」


「何時、Wデート、したんだよ~?」って、間の抜けた声が聞こえてきた。


「高校の時にな、俺とつくしを引っ付ける為に、総二郎が松岡にウソのデートを仕掛  
 ける手伝いをお願いしたらしいだよ。
 ウソのデートだったはずなのに、思い掛けず、楽しいデートになったって訳。」


「その後は大変じゃなかったっけ?」
「………、類、思い出さすな。」
「自分から、言ったんじゃん。」
「………」
「おいおい。」


「今度は司と牧野が優紀ちゃんを騙すって訳…か。」
「騙すとは、人聞き悪ぃな?」
「でも、そう上手くいくの?」
「まあ、総二郎次第だろ。」


「どうやって、優紀ちゃんを呼び出すんだ?」


「う~ん!、実は、俺とつくし、婚約したんだわ。 
 そんで、邸で一緒に住む事になったんだわ。」
「どさくさに紛れて、自分の報告?」


「まあ、聞けって。
 で、うちの邸でパーティするからって、つくしに松岡を呼び出させる。
 総二郎と松岡は、うちの邸で散歩しろよ。
 ムード出させてやるからよ。」


「良いのか?」
「良いも悪いもねぇだろ?
 初めて、お前のそんな苦しそうな顔見たら、協力したくなるだろ。」


「司も片思いの苦しさは分かってるんでしょ。」
「まぁ~な。」






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。