tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

友達でもなく、恋人ではない…<つかつく>  6.




司とつくしは、仕事だけではなく、プライベートの時間でも、一緒に居たいと司が連絡して来るので、つくしは、仕方なく、会っていた。


相変わらず、友達でもなく恋人とも呼ばず不安定な関係では有った。


そんな時、先日のパーティーの司とつくしの親密さが窺えるゴシップ記事が、ゴシップ誌に掲載されてしまった。
この記事は日本でも掲載されたらしい。




~~ 記事の記載内容…。


道明寺HD 御曹司  道明寺司氏  ついに、結婚か‼
 お相手は、クラウン・コーポレーション  ご令嬢    
 ミッシェル・クラウンさん


先日の道明寺HDの主催パーティーで、道明寺司氏のパートナーを務めたのがクラウン・コーポレションのご令嬢 ミッシェル・クラウンさん
道明寺司氏はパートナーを伴わない事で有名で有るが、この日は、パートナーを伴っての登場に女性達は黄色い歓声を上げていた。
ミッシェル・クラウンさんは今まで、姿を見せた事がなく、この日が世間初のお披露目のような形となった。
俄かに、クラウン・コーポレーションと道明寺HDの間が騒がしくなってきているようだ。 】 ~~



この記事を見たF3はそれぞれ、司に連絡して来た。


偶々、F3がNYに仕事の為、同時期に渡米して来る事になっている。
司は日にちを合わせ、記事のお相手を会わせると、F3に約束をしていた。


類だけは、何と無く気付いているが、確信が持てないので、渡米後に分かるだろと、踏んでいた。


つくしは、司に何も告げられる事無く、メープルのラウンジに来ていた。


そこで、総二郎とあきらとつくしは、驚愕していた。
して遣ったりの司に、やっぱり…。』の類だった。


「「牧野~~。」」
「何で、F3が…???」


つくしは、慌てていた、バレるんじゃないかと…。
思わず、いつもの癖で、『』呼びをしてしまっていた。


「如何いう事よ、司?
 答えなさいよ‼」


司はニヤニヤ顔で有る。


「まあまあ、怒るなって、ミッシェルさん。」
「都合が悪い時だけ、『ミッシェル』呼びしないで~~‼」


F3が司とつくしの様子を見ていて、怪訝な顔付きになっていた。


「「「お前ら二人付き合ってんの?」」」
「否、付き合ってない。」
「「「はぁ~???」」」


首を傾げるF3…。


司は言って除けた。


友達でもなく恋人でもない
 複雑な関係‼」



総二郎は確認した。


「それ以外は…。」


つくしは首を傾げながら、答えていた。


「う~ん、それ以外って…??」
だ・か・ら、『大人の関係か?』って聞いてる?」


つくしは、答えられず、司は、つくしの顔を見ながら、F3に言った。


「………」
「それは、想像に任せるわ‼」


「「「………」」」


F3は不思議だった。
もう、一線は超えて居るで有ろう事は何と無く分かる。
じゃあ、何故、付き合わない??


「お前ら、何故、付き合わないんだよ?」
お互いの家庭環境上って、とこか…?」


類が確認した。


「どちらも、後継者だから…?」
「そんな処だ。
 つくしが、付き合ってれば、後が辛くなるのが嫌だって言うからよ。」
「もう、付き合ってるのも同じだろ。」
「恋人と認めたくないの‼」
「「「なんじゃ、それ??」」」


私は、クラウン・コーポレーションの後継者だからね。」






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。