tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 9.

【花沢つくし 編  9.】


クリスマス・正月・バレンタインデー・皆、それぞれのバースデイと、行事は過ぎ、4月になり、F3・滋は大学2年、つくし・優紀は大学1年、桜子は高校3年になった。


それぞれが忙しくなり、仲間で集まる機会も減ってきていた。
つくしは社交界デビューに向けて、お嬢様教育が本格的に成り、中々皆と会う機会も儘ならない状態が続いていた。


また、F3・滋もそれぞれの家業の仕事が本格的になりつつ有り、親に就いて廻る日々が続き、時間に余裕が出来ないでいた。


唯一、時間に余裕が有るのが、女子大に進んだ優紀と高校生の桜子だけだった。
優紀はバイトをしていたが、比較的、時間は取れる状態ではあった。


二人は、意外にも気が在った様で、時間を見付けては、会うようにしていたのだ。


まあ、優紀は桜子の策士振りに、若干、舌を巻いている節も見え隠れしていたのは言うまでもないが…。



そんな時だった。
優紀と桜子は、相変わらず、女遊びの絶えない総二郎とあきらに表参道で声を掛けられた。


「あれ~、優紀ちゃんと桜子じゃねぇ?  
 珍しい組み合わせじゃねぇ…か?」
「えっ、西門さんと美作さんじゃないですかぁ?
 お久し振りですね。」


「お仕事、お忙しそうですが、まだ、女遊びは止められないみたいですね?」
「それって、嫌みか?  桜子…。」
「そう、取って頂いても構いません。」


「はは~ん、もしかして、嫉妬か?」
「嫉妬な訳ないじゃないですか?」
「良いから、良いから、それなら、そうと早く言えよぅ。
 女なんか誘わず、飲みに連れて行ってやるのによぅ。」


「悪いけど、そういう事だから、また。」
女達「………」


「良いんですか?」
「良いの、良いの、気にしない、気にしない。」
「仲間の方が大切しょ。」
「まあ、そういう事にしておきますか?」



かくして、4人は時々会うようになっていった。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。