tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編・その後)<総優>  12.



【家族 編】


<総二郎side>


月日が更に経ち、優一郎が中学3年に成った頃、重鎮達の満場一致に寄り、優一郎が次期家元襲名をする事に成った。


勿論、優一郎の次期家元襲名パーティーが執り行われる事に成り、一応、優一郎もパートナーを伴う事に成った。


その情報を何処から聞いたんだというくらい、パートナーの打診の依頼がわんさかと入って来た。


その事を踏まえて、俺は優一郎に確認する事にした。


「優一郎、優紀から聞いたよな、襲名パーティーのパートナーの件。」
「ああ、俺の相手、まさか、もう決まってるって、言わないよね?」
「はぁ~、如何いう意味だ??」


優一郎は一瞬、俯いていたが、意を決したように、俺の顔を見て言って来やがった。


「俺、蘭が好きなんだよ。」
「はぁ~??」
「ダメかな?」
「相手が大き過ぎるだろ?」
「俺は、蘭じゃなきゃ、出る気無いよ‼」
「はぁ~??」
「お願い‼
 司おじさんに頼んでみてよ‼」


俺にも、優一郎の気持ちが分からねぇ訳じゃねぇ…。
しかしなぁ~、司、何て言うだろうか?
取り敢えず、言ってみるか?



俺は正当な形で(普通はアポを取って挨拶何ですが…、其処は、幼馴染って事で。)、司にアポを取って、会いに行った。
で、相談を持ち掛けた。


「よう、総二郎、お前がアポ取って挨拶って、如何いう風の吹き回しだ。」
「否、今日は司の親友としてではなく、優一郎の父親として、挨拶に来たんだ。」
「如何いう事だ?」


総二郎は渋りながらも、司に話した。


「否な、優一郎の次期家元襲名パーティーで、優一郎にパートナー同伴で出てもらおう
 と、重鎮から話が出たんだ。
 多分、重鎮が何方かのお嬢さんから頼まれて、優一郎に宛がおうとして居るのは目に見
 えているんだが…。
 重鎮の内で決まっているから覆せないんだよ⤵。」


司は首を捻って聞いて来た。


「総二郎、お前でもか?」
「まあ、そう言う事だ。」
「………」


総二郎は本題に移った。


「そこでだ。
 優一郎のパートナーに蘭をお願い出来ないかと思ってな…。」
「………、本気か、総二郎?」
「ああ、頼めねぇか?」
「まだ、ガキだから、噂になる事はねぇだろうが、優一郎と蘭の周りは騒がしくなる
 ぞ。」


司に話さなければ、埒が明かない事を悟った総二郎は、優一郎の気持ちを司に伝える事にした。


「優一郎が蘭にマジ惚れしたらしいんだ…。」
「はぁ~??」
「マジ、悪ぃ。
 分かってる、司が言いたい事は…?
 でも、叶えて遣りてぇんだ。
 優一郎の父親として…。」
「取り敢えず、蘭と話してからで良いか?」
「ああ、宜しく頼むわ‼」


そう言って、俺は帰って来た。


後日、優一郎のパートナーに蘭で了承が来た。
かなり、牧野が尽力してくれたと、聞いた。
牧野に感謝だな


それからの優一郎のパートナーは常に蘭と成った。
それは、優一郎と蘭が結婚しても、ずーっと続いた。


そう、優一郎のパートナーは、生涯、蘭と成ったので有った。





 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。