tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…(家族編)<つかつく>5.



【道明寺つくし 編】


優一郎は蘭を見掛けて、声を掛けた。


「よう、蘭‼」
「あっ、優‼ 
 何か、有った…?」


蘭は優一郎の事を、幼少期の頃から、『優』と、呼んでいた。


「否、見掛けたから…。
 ちょっと、話さないか?」
「うん、良いけど…。」


優一郎は一大決心して、告白する事にした。


「なぁ、蘭‼
 俺が蘭の事、『好きだ‼』って、言ったら、蘭は如何する?」
「はぁ~、優??
 何、言ってんの?
 そんな態度、今まで見せた事無いじゃん?」


優一郎は、蘭の鈍感さに呆れ返っていた。


「はぁ~、どんだけだよぅ~??
 見せてたんだ‼
 蘭が気付いていないだけだろ…。」


蘭はびっくりで有った。


「えっ、そうなの??」


優一郎は呆れるしかなかった。


「もう、良いや‼
 蘭らしくて良いけどな。」
「『私らしい』って、何よ?」
「鈍感?」
「はぁ~~??」


優一郎はイチかバチか、蘭に聞いてみた。


「罰として、今度の俺のパーティーのパートナー、蘭がしてくれよ?」
「分かった。」


全く以って、蘭はつくしそのもので有る。
優一郎は何とも…。
今後も受難で有った。



一方、仁とやすしは気持ちの決着を就けるため、二人で光紀に会いに、中学校舎に来ていた。
光紀を見掛けて、声を掛けた。


「「よう、光紀‼」」
「えっ、如何したの??
 二人だけ?」
「ああ、光紀に用が有ってな。
 中学校舎に来たんだ。」
「ふ~ん、何の用?」


光紀は警戒していた。


「光紀は翼が好きなんだよな?」


光紀は不意を突かれて、びっくりしていた。


「えっ??」


光紀は何故って、顔をしていた。


「見てたら、分かるよ。」
「そうか、そうだよね⤵。
 肝心の翼君には気付いてもらえてないのに…ねぇ?」


仁とやすしは意を決して聞いて来た。


「俺達、二人の内で何方かと聞かれたら、どっちが好きだ?」
「えっ、それ何??
 何方か、選ばないといけないの?」
「どちらかと、聞かれれば…で、良いからさ?」
「う~ん、選べないよぅ~‼
 だって、何方も幼馴染でしょ?」


仁とやすしは、ゲ・キ・チ・ンで有った。


光紀は、ナイスな切り返しだった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。