tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…(家族編)<つかつく>6.



【道明寺つくし 編】


つよしはすみれを探す為、中学校舎に来ていた。
つよしはすみれを見付け、背後から声を掛けた。


「すみれ‼」


すみれはびっくりして、首を捻って後ろを見た。


「う~ん。
 あっ、つよし君‼
 如何したの、中学校舎に何か、用でも有ったの??」


全くの的外れに、笑いそうになっていた。


「俺はすみれに用が有んの?」
「えっ、私に…??
 何かな??」


すみれは首を捻りながら、何だろうと考えていた。


「すみれは俺の事、如何思う?」
「はぁ~、何、それ??」


つよしは一大決心の告白だというのに、すみれは一切、気付いていないようだ。
此処にも、一人、鈍感少女が居た。



「俺の事、好きかって、聞いてんだ?」
「好きだよ。
 幼馴染でしょ?」


つよしは、すみれの鈍感さに驚愕するしかなかった。


「違う、そうじゃなくて、俺を異性として…だ。」
「はぁ~~??
 分かんないよぅ~~。
 考えた事無いし…。」
「じゃあ、俺の事、これからは意識して見てくれよ‼」
「えっ??
 それって、如何いう意味?」
「俺の事、好きに成って欲しいって事だ。
 俺はすみれを好きだから…。」
「えっ、ええええ~~??」
「じゃあ、そう言う事だから‼」


つよしは言うだけ言うと、その場を立ち去った。
取り残されたすみれは、放心状態だった。
言い逃げって、やつですか…、つよし君??



一方、渚は常に、翔に『ラブラブ光線、発射状態‼』継続中。
クラスが一緒なので、翔の逃げ道無し


「渚、何時も俺、行ってるよな?
 女には興味が無いって…。」
「それは毎回、聞いてるよ。
 でも、渚はそれでも良いの。
 何時かは、翔も、渚を見てくれるように成るかも知れないでしょ?」


翔は困り果てていた。


「ぜってぇい、それはねぇから。
 間違っても、俺は渚には行かねぇ…から。」


それでも、諦めない渚‼


「ほんと、連れないよね、翔は?
 それでも、渚は待てるもん。」
「はぁ~⤵。」


翔は心の声が爆発中で有った。



全く以って、渚は滋そのもので有った。





 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。