tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  11.



<桜子side>


「桜子の気持ちを教えてくれねぇか?」


美作さんから気持ちを聞かされた私は、如何、答えたら良いの?


まだ、私の気持ちは其処まで達してません。』って、正直に言うの?


言える訳無いよぅ~⤵。



<あきらside>


桜子は、桜子自身の気持ちを俺に直ぐには答えてくれなかった。


まだ、気持ちが其処に無いって、物語ってるって事だろ?
避けられてたしな⤵。



<桜子side>


先輩からT4LINEにLINEが入って来た。


『今日、時間有る?
 いつもの所で、会わない?』
『了解‼』
『ほ~い‼』


何か、気分が乗らないなぁ~⤵。


『桜子は?』
『大丈夫です。』


で、集まる事に成った。


先輩から切り出された。


「ねぇ、桜子?
 美作さんの事、如何思ってんの??」


先輩、滋さんはまだ知らないんですよね?
滋さんに突っ込まれますよ?


やっぱり、案の定‼


「如何いう意味なの、桜子??」
「えっ、まあ…。」


如何、答えれば良いのだろうか?


「ああ、美作さんがね、桜子に惚れたらしいの?」


先輩、かなりドストレート過ぎぃ~‼


「はぁ~??」


そりゃあ、そうなるでしょ?


「で、桜子は如何思ってんの?」
「だから、それを今、聞いてんの?」


先輩と滋さん、そんな目で、私を見ないでぇ~~‼
先輩、そんな期待しないでぇ~~‼
自分自身の気持ちが分かるなら、こんなに悩まないでしょ、普通‼


「まだ、自分自身でも自分の気持ちが良く分かっていないんです⤵。
 自分自身の気持ちを理解出来ていないと言うか?
 確かに、美作さんに助けて頂いた時、美作さんに対する印象は変わったと、思います。
 でも、美作さんは『マダムキラー』ですよ。
 自分で言うのも何なんですが、私も、『浮名を流した女』。
 何か、有れば、『やっぱり…?』って、成るんですよ。
 難しいでしょ?」


先輩も何も言えなくなってしまった。
まあ、そりゃあ、そうですよね?





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。