tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きに成ってしまった訳…<あき桜>  22.



<あきらside>


俺は、桜子の祖母さんとの対面を終えれた。
噂通りの意外性を外さない人だったな⤵。
まあ、取り敢えず、了承してもらったし、これからだな、俺らは…。


そんな時、F4の集まりの招集が掛かった。
多分、今回の話題は俺だよな?


「あきら、聞いたぜ。
 お前、親父さんと一緒に三条の祖母さんに会いに行ったらしいな⤴。」
「総二郎、何で、もう、お前に話しが伝わってんだよ?」
「お前さあ、優紀は三条の祖母さんに取って、如何いう存在か知ってんだろ?
 三条の祖母さんからうちのお袋に話しが入って、その話しを優紀がお袋から聞いて、俺
 に伝わって来たんだ。」
「はぁ~、マジか??」


桜子の祖母さんから、直々に話しを流して如何すんだよぅ~?
どうせ、後でバレても一緒だしな‼
まあ、良いか…。


「お前も大変だな。
 お痛も出来ねぇってか‼」
「うるせぇ~。
 総二郎、お前にそっくりそのまま、その言葉、返すわ‼
 しかしよぅ~、其処まで、言われてんのか、俺は?」
「ああ⤵。
 まあ、あの祖母さんだから、嫌味を言わねぇ方が不思議だしよ⤵。」


司は上から、総二郎と俺に言って来やがった。


「まあ、総二郎にしても、あきらにしても、散々、遊んでたから、そんな風に言われんだ
 よ‼
 俺は、つくし一筋で、遊んでねぇからよ‼」


司から上から目線で言われてる総二郎と俺って…。
情けねぇわ⤵。


「「うるせぇ~‼」」


「何方にしても、総二郎もあきらも、三条の祖母さんに盾突くと大変って事でしょ。
 味方に付いている時は心強いだろうけど…。
 厄介な女に惚れたもんだね、総二郎とあきらは…。」


総二郎と俺は類の言葉が正論過ぎて、何も言えなかった。


「「………」」
 


<桜子side>


先輩と優紀さんと私のT3は、今日はF4が集まっているって言うので、集まる事にした。
勿論、滋さんも招集掛けたが来なかった。
と、言うより、返事が無かった。


「先輩、滋さん、如何したんでしょうね?」
「う~ん、ほんと、心配してるんだけどね?」
「何方か、良い方がいらっしゃれば、万事上手く行くとは思うんですが…。」


私達、3人は、考えていた。


「まあ、滋さんに彼氏が出来る事を期待しよう‼」


って事で、私達の話しの決着を見た。



そして、あれから2ヶ月が経った頃、滋さんは、ケロッとして、F4&T4の集まりにも、また、参加するように成った。
あの騒ぎは何だったのと言うくらい普通に…。
如何も、大河原のおじ様の紹介で、彼氏が出来たらしい。


まあ、良かったと言うべきか…。


それからと言うもの、何時もの通りの滋さんだった。


私達も、それぞれ、お付き合いも順調のようだし、やっと、平穏が訪れると、思うと、感無量だわ‼



まあ、それぞれ、婚約発表をするようで、結婚に向けて、それぞれ、邁進しているようだった。


これからは、家族付き合いに成りそうですね‼


と、言う事で、メンバーの皆様…、
これからも宜しくお願いしま~す‼



fin



 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。