tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編・その後)<総優>  16.





【家族 編】


<優紀side>


ある日、ママ会が招集された。


議題は、『F4jr男の子軍団の我儘のU○○旅行』。


桜子さんが口火を切って来た。


「皆さん、如何でした?」
「如何もこうも無いわよ⤵。
 先ず、ディ○○ランドに連れて行った事を怒られ、“翼から我儘言われても、静止させ
 て、言う事を聞かすのがお前の役目だろ‼”と、怒られたわよ⤵。
 どの口が、それを言うって、こっちが怒りたいって言うのよ‼
 翼は誰に似たと思っているんだろ⤵。」


つくしは溜息を付きながら怒っていた。
その様子だと、道明寺さんに相当遣られた口かな?


「私も同じです。
 あきらさんが、本気怒りした所、殆んど見た事無くて…⤵。
 F3からは聞いていたんですけど…ねぇ⤵。
 初めて見たのが、私への本気怒りって…⤵。
 ほんと、縮み上がるかと思いましたよ⤵。」
「相当、怖かったのね、桜子さん‼」
「怖いって、言うものじゃ有りませんでしたよ‼」
「どんな時だったか忘れたけど、あきらの本気怒りを見たのは、私でも1回位じゃないか
 しら。
 つくしちゃんは見た事無いの?」
「何の喧嘩か覚えてないですけど…、F4で喧嘩していた時が有って、その時だったか
 な?
 美作さん、マジ怒りしていたと思うんだけど…。
 確かに、美作さんのマジ怒りは、縮み上がるかも‼」


優紀は見た事無いので、聞いてみたかった。


「どんなに怖いの?
 この前、総二郎さんの家元襲名披露パーティーの後、道明寺邸で二次会してくれたで
 しょ?
 あの時、息子達それぞれに、F4が怒っていたじゃない?
 あれ寄り、凄いって事?」
「あの比じゃ有りません。
 3倍くらいじゃないでしょうか?」


優紀は、“わぁ~⤵。”って、驚愕してしまった。


「優紀は如何だったの?」
「かなり、総二郎さん、怒っていたよ⤵。
 “何も無かったから良かったけど、何か有ったら如何するんだ?”って、怒ってたかな
 ⤵。
 F4jr達は、仁君とうちの光紀以外はパパ似でしょ?
 それを頻りに気にしてた。」
「それは、類も同じ。
 その事をかなり怒ってた。
 でも、謝ったから、許してくれたけど…ね。
 “次は無いよ‼”って、言われたのは言われたけど。」
「花沢類はそうですよね?
 相手が理解して居たら、余り、強く怒らない。
 F4の中でもそうだったかな?
 それで、優紀は如何したの?」
「ああ、反論せず、謝り捲り。
 どうせ、反論しても倍返しで怒られるし…。
 その辺は家元に成ってから寄り厳しく成ったかな?」


優紀は諦めていた。
総二郎に刃向かった処で勝ち目が無いのは分かり切っている⤵。
だから、謝るのみ。



家庭円満のコツかな?





 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。