tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  3.




つくしは、女性の担任の先生に寄って、教室に連れて来られた。


教室に着くなり、担任がつくしをクラスの生徒に紹介した。


「今日から英徳学園に編入して来られた『牧野つくし』さんです。
 皆さん、分からない事は教えて上げて下さいね。」


担任はつくしに挨拶をする様、促した。


「桜林女学院から編入して来ました『牧野つくし』と、申します。
 皆さん、宜しくお願いします。」


そして、休憩時間に入った。


その時、つくしの目の前に、リリーズ(浅井百合子・鮎原えりか・山野美奈子)が近付いて来た。


「牧野さんって、『牧野財閥』のご令嬢の牧野さん?」
「そうですけど…⤵、何か?」
「って、事は、西門様の従兄妹でいらっしゃるんですよね?」


この時点で、つくしは面倒くさくなっていた。


「そうですけど…⤵。
 はぁ~⤵、何が言いたい訳?」


沈黙していた筈のリリーズが、突然、耳を塞ぎたく成る様な大きな声で、叫び出した。


「「「………、きゃ~~‼」」」


そんな中、浅井百合子が口火を切った。


「私(わたくし)達、お友達になりたいんですけど…。
 って、言うか、もう、同じクラス何ですし、私(わたくし)達はお友達ですわよね?」


つくしは、呆れ返って言って除けた。


「申し訳ないけど、あなた達みたいな欲の塊の人達とは友達になる気、無いから、そのつ
 もりで居てね。
 それと、私に近付かないでくれる?」
「「「………」」」


つくしの素早い切り返しに何も言えずに居たリリーズだった。


“あぁ~、鬱陶しい人達ね⤵。”と、つくしは思っていた。
友達には慣れそうに無いと、つくしは思ったのであった。


反対に、リリーズはつくしから断られるとは思っていなかった。
寧ろ、自分達と、友達になれる事を望み、大歓迎していると、勘違いをしていたので有る。


悔しがるリリーズで有った。
また、この機会を逃して成るものかとも考えていた。



一方、つくしは、総二郎に言われた通り、昼休憩の時間に成ると、慌てて、F4ラウンジに向かって急いで歩いていた。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。