tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

懺悔の日々…<総優>  4.




<不快に成るで有ろう言葉が一部、入っています。  ご了承下さいませ。>



あきらは総二郎を呼び出していた。


「総二郎、ここ最近のお前、何か変だぞ?」
「あぁ~??」
「何か、テンションが低ぇというか…⤵。
 此処の所、全然、女遊びをしてねぇだろ?
 巷じゃあ、“総二郎の付き合いが悪くなった。”って言われてんぞ‼
 何か、有ったんか?」


総二郎はあきらに言うべきか迷っていた。


「なぁ~、あきら。
 会ってはいけねぇのに、会ってしまって苦しんだよな⤵。」


あきらは何の事を言ってるのか、全く理解出来ないでいた。
あきらは首を傾げるしか出来ないでいた。


「はぁ~??」
「優紀ちゃん、覚えてるか?
 牧野の親友の…?」
「ああ、覚えてるけど…。
 優紀ちゃんと会ったってか?」
「ああ、この前の茶会で…。
 京都支部長の姪っ子だったんだ、優紀ちゃん。」


“ふ~ん、そう言う事か?”と、あきらは思っていた。


「どんな風になってたんだ。」
「俺好みに成ってたわ。」


“やっぱり、総二郎らしいわ。
 見てる所はきちんと見てるって言うか、抜け目ねぇって言うか‼”と、あきらは感心していた。


「はは~ん、優紀ちゃんに惚れたんか、総二郎‼」
「ああ、だな‼
 でも、優紀ちゃんには彼氏が居るみてぇ何だよな⤵。
 TELで喋ってる所、聞いてしまったんだわ。
 甘ったるい声出して、甘えてるみてぇだったわ⤵。」
「総二郎、恋煩いか?」
「はぁ~??
 辛ぇよなぁ~⤵。」


あきらは悟っていた。
“当分は、総二郎は再起不能だろう⤵。”と…。



あきらは、“司と類にも話しして、協力してもらった方が良いのではねぇか?”とも考えていた。


「総二郎、司と類にも話しして於いた方が良いんじゃねぇか?
 協力してもらえるかも…だぞ。」
「ああ、そうだな⤵。」


総二郎のテンションが低い事をあきらは、頻りに気にして居たのだった。




京都でお茶会が開催された同じ頃の4月初旬、司は大学を卒業したのを機に3年でNYから帰国する事が出来、つくしの元に帰って来ていた。
現在は、日本支社 支社長の責務に就いていた。
また、つくしとは、既に婚約していて、道明寺邸で同棲していた。
つくしも学業の傍ら、道明寺HDに携わっていた。



あきらと総二郎とで話ししてから半月が経った頃、F4で集まっていた。


その時に総二郎の事が、F2にあきらの口から話された。


「総二郎、じゃあ、何で、あの時、牧野の親友を振ったの?」
「優紀ちゃんにのめり込んでいく俺が怖かったのかも知れねぇな⤵。」
「馬鹿じゃない‼」
「………」


類の言葉に、総二郎は言い返す言葉が見付からなかった。


そんな時だった。


司の携帯に、つくしから連絡が入って来た。


 “もしもし、司、今から、京都に行って来るね‼”
「はぁ~??
 何で、今から、京都に行くんだよ?」
 “優紀の叔母さんから連絡が入ってね、優紀が事故に在ったらしいの?
 詳しい事は分からないの?
 でね、リムジン借りたいの?”
「じゃあ、リムジンより、ヘリの方が良いんじゃねぇのか?
 今直ぐ、ヘリポートに行け‼
 否、待て‼
 ヘリポートに行く前に、メープルの地下に寄ってくれるか?
 詳しい事は、その時に話すから…。」
 “う~ん、何か良く分からないけど、分かった。
  今から、リムジンでメープルに行くね‼”
「了解‼」


司は総二郎の怪訝な顔を見て、言うべきか迷ったが、言わなきゃダメだろと思い伝えた。


「総二郎、落ち着いて聞いてくれよ。
 松岡が事故に在ったらしい。
 詳しい事は何もまだ分からないらしいが…。
 つくしを今から、京都にヘリで向かわせる。
 総二郎が行くなら、俺も一緒に行く。
 如何する?」


総二郎は即答した。


「俺も一緒に連れて行ってくれ‼」
「了解‼
 じゃあ、地下に行くぞ‼」
「ああ。」


司と総二郎は、走ってメープルの地下に向かった。


<司の帰国時期とF3&T4との学年の時期が合わない為、下方修正しています。
 申し訳御座いません。  お詫びします。
                      下方修正  2018.9.15>
 




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。