tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…(続編・その後)<総優>  20.




【家族 編】


<優紀side>


光紀は高校3年の年末に成ろうとしていたある日、私に相談して来た。


「お母さん、良い?」
「良いわよ⤴。
 何か、有ったの?」


光紀は言いにくそうだった。


「うん、あのね、今日、翼から聞いたの⤵。
 高校を卒業したら、道明寺のおじ様の時みたいに、NYで大学に行きながら、家業の勉
 強をする事に成ったと…⤵。」


私は驚きもしなかった。
道明寺さんの時もそうだったし、そう成るのだろうと思っていた処も有るし、つくしもそう言っていたから…。


それが如何して、光紀は浮かない顔をしているのだろうと、不思議に思っていた。
まさか、光紀…?』と、思った時には、その事の方が驚愕していた私が居た。


「翼君は光紀にだけに言って来たの?」
「ううん、皆の目の前で…⤵。
 後で、蘭に聞いたらね、道明寺のおじ様も高校を卒業して直ぐ、4年間、NYに渡米した
 んだって…⤵。
 つくしおば様は、4年、道明寺のおじ様を待って居たんだって…⤴。
 4年だよ、凄いよね‼
 私は4年も待ってられるかな?」


“ちょっと、待って…。
光紀、如何言う事??”
状態の私だった。


「光紀、翼君と付き合ってるの?」
「ううん、付き合ってないよ。
 でも、翼から、私を“好きだ‼”って、告白されたの⤴。
 でも、告白してくれた時は、まだ、私自身の気持ちに気付いて居なかったんだけ
 ど…、“4年、NYに行く。”と、聞かされて、私自身の気持ちに気付いちゃったの?
 お母さん、如何したら良い?」


“如何したら良い?”と、言われた母親としての私は答えられずに居た。


当事者に成るつくしにも相談出来ない…⤵。



私は意を決して、桜子さんを呼び出し、桜子さんに相談した。


桜子さんには、光紀の思いを話して聞かせた。


「優紀さん、大変ですね。
 兄妹で同じ婚家に成るって事でしょ?
 光紀ちゃんの事もそうですけど、其処も考えなくては…って、事ですよね⤵。」


ほんとだ、そう成るんだ⤵。


悩みが増えてるじゃない⤵。


「やっぱり、こういう事は、先輩と相談してからの方が良いですよ‼
 光紀ちゃんに想いを留まらせる事が出来るなら別ですけど…。
 無理なら、両家で相談した方が、拗れないと思いますし…⤴。」
「そうだよね…⤵。」
「それに、光紀ちゃんは、まだ、幸せでしょ⤴。
 先輩何て、今では信じられないくらい、あの当時は、道明寺さんのお母様から仕打ちさ
 れていて、私達誰もが道明寺さん先輩の4年間を心配したんですから…⤵。」
「そうだったよね。」
「それが、道明寺さんのお母様も厳禁ですよね⤵。 
 先輩が優秀だったと分かると、手のひらを返した様に、4年、経って無くても認め出す
 んですもの⤵。
 驚きましたよ‼」


それは、私も驚愕していた事を思い出した。


「まあ、もう、道明寺さんの代に成っているので、道明寺さんのお母様がしゃしゃり出て
 来るとは思わないですが、先輩も道明寺さんのお母様に相談くらいは掛けるでしょう
 し…。
 優紀さんの悩みが尽きないとは思いますが、優紀さんも西門さんのお母様にご相談した
 ら如何ですか?」
「やっぱり、それが一番、収まる所に収まる、秘策かも知れないね⤴。
 有難う、桜子さん‼」


こうして、私は、覚悟を決めて、お義母様に相談する事に決めた。



そして、兄妹揃っての同じ婚家って事にも成ると言う事で、両家で話し合う事に決めた。
勿論、祖父・祖母に当たる、両家のお義父様・お義母様も立ち合いの下となった。


その結果、兄妹揃っての同じ婚家でも良いと言う事・光紀も高校卒業後はNYの大学に入り、道明寺HDの経営の勉強をするという事に成った。


光紀が翼君とNYに渡米後、私は、光紀に務まるか、些か不安では有ったが、つくしに聞けば、“お義母様の指導の下、あの年で、上手く遣っているみたいよ⤴。”と、言われてしまった。


翼君は、道明寺さんのお父様の指導を受けているようで、翼君光紀は中々、二人で会えないようだったが、恋人としてお付き合いはしているようだった。


こうして、翼君と光紀は、結婚を両家から許され、目出度く、結婚する事が出来た。


つくしとは、お互いの子供の子供、所謂、“孫は共有だね⤴。”って、笑い合っていた。


まさか、こんな日が来るとは思わなかった。


人の人生って、分からないもの何だね⤴。


私の高校生の頃の『暗闇時代』は、やっと、成りを潜める事が出来たように感じている。



これからの私の人生は幸せしか無いのだから…。



fin






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。