tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  16.




つくしは、桜子に言われた事を真剣に考えて居た。


*司の寂しそうな顔辛そうな顔を見ると、此方まで辛くなり、
 胸がキュンと、締め付けられる気がするのは何故だろうか?


*桜子が、言う通り、司を意識しているからなのだろうか?


*此れが好きって事なのだろうか?


つくしでは理解不能で、自分自身では分からなかった。



総兄に聞いてみるべきか…?


「総兄、ちょっと、良い?」
「ああ、良いぞ‼」


つくしは、総二郎につくしの今の心情を話しして聞かせた。


「なぁ、つくし。
 桜子が言う通り、つくしの気持ちはつくしにしか分からないし、自分自身で気付かなけ
 れば意味がない⤴。
 でも、一つだけ言うなら、『一期一会』だぞ⤴。
 つくし、お前なら、その意味は分かるだろ?」


総二郎はつくしにそう言いながら、
右手の人差し指で、つくしの額を小突いて遣った


「………、そうだね⤴。
 総兄、有難う‼
 何か、分かった気がするよ。」


総二郎は嬉しそうに頷いた。


「そうか、じゃあ、良かった‼」



つくしは総兄に相談してみて良かったかも…と、思っていた。


つくしは司に惹かれている自分に漸く気付けたので有った。
でも、まだ司に伝えるのは照れくさくて、言えずに居る自分も、また愛おしく思っていた。


もう直ぐ、F4は高校を卒業して、大学部に進む事に成る。
その前に伝えた方が良いかも知れない。
つくしは、密かに、思いを募らせていた。



とうとう、F4の卒業式の日が来た。


つくしは、何時(いつ)、司を呼び出そうかと、思っていた。



そんな時だった。


F4の卒業パーティーを仲間内でしようという事に成り、道明寺邸に全員(F4&つくし・優紀・桜子)が集まった。


パーティーが始まって、1時間程経った時、つくしは、司を呼び出し、つくしは、つくしの気持ちを司に伝えた。


「道明寺さん、待たせてごめんね‼
 やっと、自分自身の気持ちに気付いたの⤴。
 道明寺さん、私、貴方が好きです⤴。」


司は満面の笑みで答えていた。


「やっと、言ってくれたんだな‼
 サンキューな、つくし‼」


司はそう言いながら、つくしを抱き締めた。


司は、司自身の気持ちに気付いてから、約1年が経つ。


司は、“ほんと、長かったよな⤵。”と、考えて居た。



そして、皆に…、
『つくしがやっと、つくしの気持ちを司に伝えてくれた事』
『司とつくしが恋人として付き合う事』
が、報告された。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。