tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

記憶を失って…<つかつく>  8.





司には、楓より、古菱家つくしの件が説明された。


その上で、司とつくしのお見合いを執り行う事に成ったと報告された。
司は、信じられない気持ちで居た。


司は、それが本当なら、つくしにやっと、面と向かって会えるんだと心弾ませていた。



そして、司とつくしのお見合いの日取りが決まり、執り行われる事と成った。


場所は、大阪メープル。



つくしは、父親で有る古菱社長より、この事が告げられた。


「つくし、大阪メープルで、食事会が有る。
 つくしも来て欲しいと、先方より打診を受けている。
 そのつもりで居なさい‼」
「えっ、絶対、行かなければダメ?」
「ダメだ‼
 先方には了承してある。
 頼んだぞ‼」
「はぁ~⤵。」


つくしは、溜息しか出なかった。
“多分、お見合いよね?”と、心の中で呟いていたつくしだった。



そして、お見合い当日の日が来た。


司は、昨夜は興奮状態がずーっと続いていた為、眠れず、寝不足気味だったのが、大阪メープルに着いた途端、気持ちがシャッキーンとしていた。


“現金なものね⤴。”と、楓は思っていた。
と、言うより、苦笑いで有る。



和やかに、お見合いは進行していった。


其処に急に、楓がつくしに話し出した。


「つくしさん、大阪メープルのお庭って綺麗なのよ。
 見てらしたら…⤴。
 司に案内させるわ⤴。」
「ですが…⤵。
 ………。」


司が被せる様につくしに言って来た。


「つくしさん、是非、案内させて下さい。
 行きましょう⤴。」


司はつくしの手を取ると、つくしを立させた。


つくしは父親の顔を見たが、父親が頷いたので、司に着いて行く事にした。



司は庭を歩きながら、つくしに話していた。


「つくしさん、強引でしたか?」
「いいえ、大丈夫です。」
「こんな事をつくしさんに言えば引かれてしまうかもですが…。
 俺、つくしさんに一目惚れしたみたいです。
 俺と付き合ってもらえませんか?」
「………」


つくしは答えられなかった。


そんな時に、つくしを呼ぶ声が後方からした。


「つくし~‼」
「耕平さん⤵。
 如何して、此処に?」
「つくしを追って来た。
 つくしに聞きたい事が有って…⤴。」


司は耕平を退治する為、つくしに声を掛けた。


「つくしさん、俺専用の部屋が最上階にあります。
 支配人に誘導させますので、そちらで待って居てくれませんか?
 俺はこちらの方とお話しを済ましてから、部屋に向かいます。」


つくしは少し考えた後、司に答えた。


「分かりました。
 そちらでお待ちしています。」


耕平も食い下がった。


「つくし…?」
「耕平さん、申し訳ありません。」


そう言い残して、つくしは支配人の誘導の下、エレベーターに乗った。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。