tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

従兄妹物語…<つかつく>・<総優>  23.




あれから、何週間か経ったある日、F4&T4の集まりの招集が掛かった。


もう、バレたって事も有り、滋は集まりに恭二も連れて来た。


「悪ぃな、皆の集まりに参加させてもらって…⤵。」


あきらが恭二に答えた。


「否、良いですよ⤴。
 唯単に、滋の彼氏ってだけで来られても困りますけど、総二郎とつくしちゃんの従兄弟
 妹なら大丈夫ですよ⤴。」


恭二だけでなく滋も礼を言った。


「「ほんと、有難な(ね)‼」」



総二郎が思い出した様に言って来た。


「あっ、そうだ⤵。
 あきら、悪ぃな⤵。」


総二郎は手を合わせ擦り手で、あきらに謝りを入れてきた。
あきらは、何の事か、さっぱり分からないようだが…。


「あっ~??
 何の事だ?」
「うちの巧三が、あきらの妹達と付き合ってるって、この前、聞いた処だったん
 だ。」
「ああ、その事か⤴。
 俺もついこの前、聞いた処だったからお相子だろ⤴。
 パーティーで知り合ったみたいだな⤴。
 共通の会話が俺等兄貴、姉貴の会話だったみたいだな。」


総二郎は申し訳なさそうにあきらに言った。


「うちは大学生だけど、あきらのとこはまだ、高校生だろ⤵。」


あきらは総二郎が安心するように言って除けた。


「お互い分かってての事だろ⤴。
 周りがとやかく言っても仕方ねぇし、俺も人に言えねぇ事もして来たから、まあ、仕方
 ねぇわな。」


つくしはあきらの寛大さに驚愕していた。


「美作さんが寛大で良かったわ⤴。」


類は、“大変そうだな⤵。”と、思っていた。


「へぇ、そんな事に成ってんだぁ~⤵。
 大変だね、兄弟姉妹が居るって…。
 一人っ子で良かったって、つくづく思うよ⤴。」


滋は、寂しそうに言った。


「私は、兄弟姉妹が欲しかったけどなぁ~⤵。」


つくしは大変そうに言った。


「多いのも考えもんだよ⤵。」


滋は、羨ましそうだった。


「多いと楽しそうじゃん‼」


総二郎が参戦した。


「まあ、うちは従兄妹弟で有って、兄弟妹だから、余計、複雑化するんだよな⤵。」


あきらがその場を収めた。


「まあ、取り敢えず、様子を見ようぜ⤴。
 なぁ、総二郎、つくしちゃん‼」
「「有難な(う)‼」」


あきらの寛大さに、恭二も舌を巻いていた。


桜子はあきらの対応・寛大さに、より一層、惚れ直していた。




あの集まりから更に1年が経っていた。


司とつくし総二郎と優紀あきらと桜子恭二と滋は、それぞれ、結婚に向けて準備に向かっていた。


また、進と絵夢巧三と芽夢は、恋人として付き合いは順調に進んでいた様だった。


総二郎は心配していた様だが、西門家牧野家美作家の親達は、それぞれの付き合いを許し、今はまだ、学生では有るが、将来的には結婚も視野に入れての了承で有った。


また、恭二は、祖父の許しを得て、大河原家の婿に入り、大河原グループを滋と共に牽引していく事に成った。



此れで、それぞれの親達は、『将来は安泰』と、確信していた。



また、
それぞれのCPは、その後、結婚し、幸せな結婚生活を送る事に成るのだった。



fin




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。