tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

取り戻したい…<総優>  2.




【プロローグ】


<総二郎side・語り>


優紀ちゃんとは、高校生のあの日以来、本当に会ってねぇ。



あの日………、そう、あの日以来。


俺は、優紀ちゃんと、一度、男女の関係に成った。


優紀ちゃんが俺に好意を寄せてくれて居る事は分かっていたが、優紀ちゃんにのめり込みそうで怖くなり、言ってしまった一言に寄り、あの日以来、本当に一度も会う事は無かった。


「俺は、優紀ちゃんを仲間としてしか見れねぇ‼」


何故、言ってしまったのか…⤵。
未だに俺自身も分かっていねぇ。


優紀ちゃんが入学した大学は、地方の女子大だと、後から聞いた。


あれ以来、全く、音沙汰無しだ。


如何しているかさえ、分からねぇ…⤵。



優紀ちゃんの事が分かったのは、司と牧野の結婚式が有る3ケ月前の事。


俺は関西の茶会の仕事の為、大阪メープルに居た。


其処に、何やら騒がしい光景が瞳(め)入った。


其処で目を疑ったのが、綺麗に成った優紀ちゃんの姿…⤴。


スレンダーで、ミニスカートから覗く足が俺好みの細くきれいなスラっとした足だった。
顔付きも高校生の頃の幼さは何処にもなく、大人っぽい色気を含んだ顔立ちに成っていた。



声を掛けようとしたが、SPらしい男に阻まれた。


話しを聞いて居ると、何やら、優紀ちゃんは地方ローカルのタレントに成っていたらしく、今日は、取材の為、関西に来ていたらしい。


もう直ぐしたら、東京に進出して、全国的に売り出そうとしていたらしい。



まさか、こんな人気者に成っているとは…。
Fanもしっかり就いて居る様だった。



もう、手の届かない所に行ってしまった様で、寂しさが押し寄せて来た。


じゃあ、何故、あの日、優紀ちゃんを突き放す事をしてしまったんだ⤵。


後悔だけが、俺を突き上げて来た。



そう、思っていたが…⤵。
俺に天使が微笑んだ⤴。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。