tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

取り戻したい…<総優>  3.




<総二郎side>


今日は、司と牧野の結婚式。


優紀ちゃんは来られるかどうか分からねぇらしい事は、事前の調査で分かっていた。
でも、俺の勘では、“ぜってぇ、来る⤴。”と、確信めいたものが有った。
根拠はねぇが…⤵。



もし、優紀ちゃんが来るなら、今度こそ離さねぇ。
優紀ちゃんの気持ちを心を、俺に取り戻してみせる
そう、俺は心に誓っていた。



そして、皆で、部屋に集合している時だった。
事務所のマネージャーという男と一緒に優紀ちゃんは現れた。


一言二言、話しした後、マネージャーは帰って行った。



そんな時だった。
滋が行き成り、優紀ちゃんに抱き着き出した。


「優紀、やっと、会えたぁ~⤴。
 寂しかったんだからねぇ~⤴。」
「ごめんなさい、滋さん‼
 何とか、スケジュール、空けてもらえてぇ~⤴。
 凄いですよね⤴。
 親友が結婚するのが、道明寺HDの副社長と分かっただけで、スケジュール、空けてく
 れたの⤴(爆笑)。」


滋も爆笑しながら、言っていた。


「流石、道明寺HDだよねぇ~⤴(爆笑)。」



桜子が話題を変えてきた。


「優紀さん、何時から東京ですか?」
「実は、もう、東京なの。
 撮影が始まってるの。
 映画、クランクインしたばかりだから…。」


滋が興味津々で聞いていた。


「ねぇ~、優紀。
 ラブシーンは有るの?」


桜子も参戦していた。
俺にとっては聞きたくねぇ話しだった。


「まさか、優紀さん、濡れ場じゃないですよね?」


優紀ちゃんは、沈んだ顔で言っていた。
俺は、優紀ちゃんの顔を見ていて、一瞬、焦っていた。


「もう、清純派では売れる歳でもないから、これからは有るって、言われてるの⤵。
 今はまだ、メーンは張れないから、其処までの要求は無いかな。」


取り敢えずは、ほっとしている俺が居る。


「そう何ですね。
 何か、仕事でも嫌ですよね?」


滋は能天気な一言を言っていた。


「俳優に寄るんじゃないの?
 ねぇ~、優紀⤴。」
「私は、どんな俳優さんでも嫌かな⤵。
 この前、バックヤードから、撮影している先輩のベッドシーンを見たんだけど…⤵。
 “あれ遣るの?”って、思ったら、因果な商売だなって、思ったもんね⤵。」


其れからも、T3は、芸能界について、何やかんやと、話ししていた。


俺は何も発する事が出来なかった。
優紀ちゃんには、そんな事して欲しくねぇし、させたくねぇ⤵。



T3は、“牧野に挨拶して来る。”と、言って、部屋を出た。



T3が出た後、あきらは見透かしたかの様に声を掛けて来た。


「総二郎、一言も話さず、お前、優紀ちゃんばかり見て…。
 やっぱり、気に成るか?」
「あぁ~??」
「お前、今頃、後悔してんじゃねぇの?
 手放すんじゃなかったって⤵。」
「………」


“あきらには嘘は付けねぇな⤵。”と、俺はそう思っていた。


「桜子が言うには、今、スタッフからも凄い人気らしいぜ。
 あの笑顔に癒し系?
 色っぽい顔立ちなのに、笑ったら可愛いとか、ギャップが良いらしいな(爆笑)。
 早くしねぇと、取られちまうかもな?」


あきら…?
ちげぇ~よな⤵。


「あきら、お前、まさか…だよな?」
「はぁ~??
 総二郎、誤解すんなよ?
 俺は桜子好みだ‼」
「まあ、奇特な奴だな⤵。」
「はぁ~??
 人には好みってもんが色々有んだよ‼」


まあ、あきらの趣味だから、俺は何も言わねぇが…⤵。


「なぁ~、あきら‼
 俺、確実に優紀ちゃんに惚れたわ⤴。」
「あんまり、自分の事を言わねぇ総二郎が言うんだから、遣るしかねぇだろ⤴。」
「あぁ~、そうだよな⤴。」



そんな時、類と静がギリギリで披露宴に間に合い部屋に入って来た。



あきらには、優紀ちゃんの話しは、伏せてもらった。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。