tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

好きなのに…<総優>  7.


優紀がお茶を習うようになって、半年が経った。
優紀はお茶の先生から、お茶会のお誘いを受けた。
優紀は、“お稽古を付けて頂いて、日がまだ浅いのに滅相も有りません。”と、お断りしたが、先生は、“何処に出しても恥ずかしくないから、大丈夫よ。”と、連れて行く気で居た。


「はぁ~⤵。」と、優紀は、心の声が小さな溜息に変わった。


お茶会の日…、優紀は、お茶の先生と一緒に西門邸に居た。


「家元夫人、ご無沙汰してましたわね。」
「あら、間宮先生、此方こそ、ご無沙汰しておりましたわ。
 あら、お見掛けした事の無いお嬢さんをお連れでございますのね?」


「ええ、三条の大奥様よりご紹介を受けた、私(わたくし)のお弟子さんですのよ。」
「三条の大奥様から…。」


三条の大奥様とは、桜子のお祖母様の事で有る。
旧華族のご出身で、三条家は現在でも文化枠では、逆らえない重鎮の一人に数えられる方で有る。


「ええ。
 此方は、“松岡優紀”さんと仰るの。」
「優紀さん、此方は、西門流 家元夫人よ。」


“西門さんのお母様。  お綺麗な方…。”


「お初にお目に掛かります。
 松岡優紀と、申します。」


「此方こそ、初めてね。
 宜しくお願いしますね。」


「家元夫人、準備が整ったようです。」
「分かりましたわ、総二郎さん。」


「優紀ちゃん……。」
総二郎は、思わず、声に出してしまった。


「あら、あなた方、お知り合いなの?」
「ああ、優紀ちゃんは牧野の親友だよ。」


家元夫人は、牧野が司の婚約者で有る事は承知している。


「そうだったの?
 でしたら、また、お会い出来そうね、優紀さん。」
「あの~?。」


「では、またね、優紀さん。」


お茶会の最中…、家元夫人は総二郎に小声で小言を言っていた。


「総二郎さん、お顔を引き締めなさい、お顔が緩んでいますよ。
 あなた、優紀さんにお会いしてから、お顔が緩みっぱなしよ。
 もしかして、総二郎さん、あなた、優紀さんの事…、そう、そう言う事。」
「そう言う事って、どういう事だよ。」


居た堪れなくなり、不貞腐れて言えば…。


「総二郎さん、あなた、優紀さんの事、お好きなの?
 でも、あなた、優紀さんからは相手にされていない様ね。
 あなたのようにモテる筈の人が、本気で好きになった方には、相手にされない何て
 ねぇ、癪ねぇ。
 今までの行いのせいかしらねぇ。」


「頼むから、放って置いてくれ。」


「はぁ~⤵。」
思わず知れず、総二郎は溜息を付いていたのであった。


まだ、家元夫人の小言は続く…。


「今までの失態は、そう言う事だったのね。」
「どういう事だよ。」
「恋煩い?」
「………、はぁ~??」


この場に居るのが、居た堪れない。


総二郎は心の中で、嘆いていた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。