tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もう一度、取り戻す…<つかつく>  6.





<表現に一部、不快に感じられるで有ろう箇所が、少しあります。
 不快に感じられましたら、お詫びします。>



司は、つくしの腕を掴んだまま、つくしを応接室に連れ込んだ後、壁側に連れて行き、所謂、『壁ドン』をして、つくしを抑え込み、つくしが逃げられない様に仕向けた。


つくしは、司の拘束から逃れようと必死だったが、司はびくともしない。


その内、司は、つくしの両腕を司の両腕で壁に抑え込んで、つくしの両足の間に司の右足を入れ込んで、完全につくしを拘束して、つくしの顔に司の顔を近付けて来た。


つくしは司から離れようと、もがいたが、拘束が外れる事はなく、反対に、ニヤ付いて来た司が其処には居た。


「つくし、俺から、離れられると思うなよ⤴。
 お前は、俺を捨てた…、その代償は大きい。
 償ってもらうしかねぇよな‼」
「………」


つくしは、何も答えられなかった。


「俺は、社員に公表するからな‼
 お前と俺は、高校の頃から付き合っていた。
 つくしは、あの『4年後、迎えに行きます。』と、メディアで公表した相手だと…。
 『NYと東京での遠距離恋愛は、親父が2回目に倒れた事で、日伸ばしに成っていたが、
  付き合いは続いていた。』と…。
 ババアが了承したんだ。
 つくし、観念しろ‼」


“多分、私が何を言っても、遣ると言ったら遣る男だ。
諦めるしかないだろうけど…。
取り敢えず、今のこの状況を何とかしなければ…⤵。
多分、餌食にならないとも限らない。
今、物凄く、ヤバい状況だよね、きっと⤵。”と、つくしは、心の中で呟いていた。


「何がやべぇだよ⤵。
 心の声が駄々洩れだっつーの‼」


つくしは、“はっ⤵。”と、成り、顔を背けようとしたが、更に、司の顔が近付き阻止された。


「それに今更だろ⤴。
 俺等は何年前に、そう言う関係に成ってんだよ⤴(笑)。」
「其れこそ、何年前の話しよ‼
 ………。」


司はニヤッと苦笑して、つくしの言葉を言わさない様に、つくしの言葉を被せるように、つくしの唇に司自身の唇で塞いで来た。


つくしは、もう、観念するしかなかった。


つくしが、司から解放されたのは、どれ位経った頃だっただろうか?


かなり長い時間、司はつくしと会えなかった日々を埋めるかの様に、つくしの唇に貪り着いた。


深くなっていくkissにも、つくしはオフィスだという事を忘れてしまいそうに成っていた。
司によって、腰砕けのつくしが其処には居た。


司とつくし、お互いが寂しさを抱え合っていたのだろう…。



そんな時だった。


司の携帯が鳴り出した。


司は、
“西田からの呼び出しか?
もう、タイムオーバーか…⤵。”と、観念した。


司は、つくしと約束を取り付ける事は忘れなかった。


「つくし、今日の夜、会えるだろ?
 会えないというなら、広報部まで迎えに行く⤴。
 どっちが良い?
 会えるなら、後で、時間の連絡を入れる⤴。」


つくしは、“会える⤵。”とだけ、司に伝えた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。