tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

浴衣パーティー…<総優>・<つかつく>  1.




<総二郎side>


この4月から、俺等F3は英徳大学4年、牧野は3年、桜子は2年。
で、滋は永林大学4年。
優紀ちゃんは聞いた処に寄ると、女子大3年に成ったらしい。


司は、NYの大学をスキップして、NYの大学を既に卒業したらしい。


司は、メディアに公言した通り、この4月に4年間のNY生活から日本に帰国して帰って来た。


司は、帰国した事に寄り、道明寺HD 日本支社 支社長を兼務する道明寺HD 副社長様だ。


牧野に至っては、牧野が大学2年の年明け直ぐに、教授に提出した論文の詳細が『英徳広報紙』に載り、それが何故か、司の母ちゃんの眼に留まり、牧野は司の母ちゃんに認められる事に成り、今や、道明寺邸で司と同棲し、メープルの企画部に学生乍ら、将来の勉強という事で、特別社員としてバイトをしている。


類とあきらと滋も大学4年に成ったという事で、家業の仕事を手伝っている。


俺はと言うと、“次期家元として自覚ある行動をしろ‼”と、毎日言われる羽目に成り、うんざりしている。


気楽なのは、如何見ても、桜子くらいなもんだろう‼


優紀ちゃんとは、高校の時以来、会ってねぇから分かんねぇが…。



そんな時だった。
久し振りに、【F4&T3LINE】の着信音が鳴った。
発信者は、やはりの滋だった。


『久し振りに会おうよ‼
 唯、会うだけなら面白く無いからさあ、高校生の頃に遣った、懐かしの【寒中浴衣大
 会】を文字って、【清涼浴衣パーティー】をしない?
 で、さあ、場所もあきら君ん家(ち)は如何?』
『俺は構わねぇよ⤴。
 お袋も皆が来たら喜ぶだろうし、久々に、女性陣にケーキを振舞えるって、喜ぶん
 じゃねぇ⤴。』
『滋さん、優紀も誘うの?』
『うん、そのつもりにしてたけど…?
 何か、有るの?
 誘っちゃあ、ダメ?』


牧野は、俺と優紀ちゃんのあの経緯(いきさつ)を知ってるのか?
何か渋ってるよな?


『ううん、そうじゃないけど…。
 もしかしたら、来ないかも…⤵。
 だから、無理に誘わないでね⤵。』
『うん、了解‼』


やっぱり、そうか⤵。
そう言う事だよな⤵。


『つくしは来れるの?』
『うん、大丈夫‼
 司もOKだって⤴。』
類君ニッシー桜子は?』
『大丈夫だと、思うよ‼』
『私も大丈夫です。』
『ニッシーは?』
『ああ、大丈夫だ。』
『総二郎、テンション低めか?』
『否、そんな事ねぇよ。
 いつもと、一緒だろ。』


否、一緒な訳ねぇよな⤵。
優紀ちゃんの名前を聞いて、思い出しちまったんだからよ⤵。
あの日に優紀ちゃんに言った、俺の理不尽な一言…。


あの日、それまで、親にも誰にも外された事の無い、俺のポーカーフェイスを一瞬でも優紀ちゃんに外された事に寄って、苛立って、言わなくても良い言葉を言ってしまった俺…。


あの後も、仲間として、少なくとも接していたのに、優紀ちゃんと一線を越えた事に寄り、会えなくなったんだよな俺は…。


俺の『ファンタジスタ』だった優紀ちゃん…。


今思えば、事ある事に、俺に革命を起こしてくれていたんだよな…。


会えるだろうか?
会えたら、何て言うんだ、俺は…?





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。