tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

浴衣パーティー…<総優>・<つかつく>  3.





浴衣に着替えられたF4とT4は、それぞれ、着替えた部屋から、リビングに出て来た。


司とつくしは、あの時の総二郎と優紀の出来事を思い出していた。


司は総二郎の様子から、何かを感じ取っていた。
また、つくしも優紀の様子から、何かを感じ取っていた。



<総二郎side>


司が俺に声を掛けて来た。


「総二郎、さっきから、松岡ばかり見詰めて、何、考えてる?」
「ああ??
 何も考えてねぇよ。」
「そうか、そんな風には見えねぇけど…?」
「何が言いてぇんだよ?」
「あの日の総二郎は、かなり苛立って居たよな?」
「………」


総二郎は司の言葉を軽くスルーしようとしていた。


「松岡に、あんだけ苛立ってる総二郎の姿を見たのは、あれ以来、後にも先にも、誰も見
 てねぇと思うけど…な。
 あんな姿の総二郎を引き出せたのは、後にも先にも松岡だけじゃねぇのか?」
「………」
「総二郎、松岡に対してのあの頃の気持ちが沸いて来たんじゃねぇのか?」
「ああ⤵。
 司、変わったよな⤴。
 男は好きな女が出来ると、こんなに変わるって言う代表格だろうな、司は…⤴。」
「はぁ~??
 お前もそうなるんだよ⤴。」
「そうだろうな⤴。」


優紀ちゃんの浴衣姿を見て、やっぱり、“高校の時とは違ぇよな…。”って、思えた。
あどけなさが残っていた高校の頃の優紀ちゃん。
そして、色気が出て来て、妖艶さがある今の優紀ちゃん。


やっぱり、茶道・華道・着付け・書道に触れているせいか、浴衣の身の熟しが美しい。
俺は、優紀ちゃんの何を見て来たのだろう?
こんなに、美しく変わった優紀ちゃんに惹かれている俺が居るなんて、考えも付かなかった。


“会えれば良いかな?”くらいにしか思っていなかったのに、惹かれてしまったとは…⤴。
それを司に見破られるとは、思いもしなかった。


優紀ちゃんに何て言おうか?



<優紀side>


私は、皆と離れて、高校生の頃に、西門さんに振られた言葉を言われた、あのお庭を見る事の出来る硝子窓の所に居た。


そんな時につくしが私に近付いて来て、声を掛けて来た。


「優紀、如何したの?
 あの時の事を思い出した。
 やっぱり、今日、来ない方が良かった?
 顔色が蒼褪めて来ているよ⤵。」
「うん、大丈夫だよ‼
 心配掛けてごめんね⤴。」
「良いよ、親友でしょ‼」
「うん、そうだね。
 あの頃の辛かった場所が此処だったから、ちょっと、センチに成ってたのかな?」
「辛かったら言ってよ⤴。
 無理しないでよ‼」
「うん、有難う‼」



<総二郎side>


優紀ちゃんの様子が変なのが分かった⤵。


じーっと、あの庭を見詰めてる、優紀ちゃん…⤵。


やっぱり、あの時の事を思い出してるのか…。
辛そうだよな⤵。


そうさせて居るのは、俺だよな⤵。
後悔しても遅ぇけど、優紀ちゃんは許してくれるだろうか?


俺も司みたいに、好きな女が出来た事で、人間丸事、変われるだろうか?


優紀ちゃんは、こんな俺を許してくれるだろうか?


今の俺は、瞳(め)が優紀ちゃんばかり追い掛けてる⤴。
やべぇよな⤵。
気持ちが爆発しそうだ‼




 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。