tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

取り戻したい…<総優>  6.




<総二郎side>


優紀ちゃんに会いたくても、警戒態勢が続く中、中々、会えずに居た。


優紀ちゃんに会いたい病が出て来た俺を見兼ねたあきらが、桜子から優紀ちゃんに連絡してくれる様、話ししてくれていた。


こういう時は、『持つべき者はダチだな‼』と、俺は改めて思っていた。



優紀ちゃんとは、美作邸で会う事が出来た。


あきらは、俺と優紀ちゃんの二人が二人っきりに成れる様に、部屋を用意して於いてくれた。


俺は、優紀ちゃんに優しく声を掛けた。


「優紀ちゃん、今日は無理させてごめんな‼
 大丈夫だったか?」
「はい、大丈夫でした。」


俺は優紀ちゃんの答えを促した。


「俺な、そろそろ、優紀ちゃんの気持ちが知りてぇんだけど…、答えてくれねぇか?」
「………」


此れでも、まだ、答えてはくれねぇんだな?


「ダメか、こんな俺じゃあ?」


優紀ちゃんはやっと、答えてはくれた⤵。


「そう言う意味では有りませんが、私は女優の仕事をしています。
 西門さんは、茶人の方です。
 私と居るだけで、誤解を生じると思うんです。」


優紀ちゃん、何が言いてぇんだよ?


「如何いう意味だよ?
 俺が優紀ちゃんと一緒に居るだけで、何で俺が誤解されるんだよ?
 俺は、優紀ちゃんと離れているだけで、会えねぇだけで、病気に成りそうになったん
 だよ⤵。
 優紀ちゃんに会えねぇ病に成って、ストレスで…⤵。」
「………」
「俺を病気にさせたくねぇなら、付き合って欲しんだ‼」
「………、西門さん、本気なんですか?」
「本気も本気⤴。
 マジ、本気‼」
「………」


また、優紀ちゃんは答えなくなった。


「俺は嘘は付かねぇ‼
 俺は優紀ちゃんが、その気に成るまで、諦めねぇからな‼」
「………、西門さん、それは無理ですよ‼」


俺は優紀ちゃんが、言ってる意味が分からねぇ。


「何で?」
「私と一緒に居れば、今回の様に騒がれます。
 西門さんのお仕事に差し支える事に成ると思うんです。
 だから、私とは、一緒に居ない方が良いんですよ‼」


優紀ちゃん、俺に断わる理由がそれか…?
それなら、俺は、優紀ちゃんを諦められねぇな‼


「優紀ちゃん、そんな理由で断るなよ‼
 親父も、俺の気持ちは、もう、知ってる。
 “早く、公表しろ‼”と、うるせぇ~くれぇだ‼
 俺は、直ぐにでも公表してぇと、思ってる。
 ダメか…、こんな俺じゃあ?」
「………」


何で、答えてくれねぇんだ?


「もう、『3回ルール』も、優紀ちゃんと再会してから、一切、遣ってねぇ‼
 寧ろ、優紀ちゃんと、再会してから、女遊びをしてねぇんだ‼
 半年だぞ‼
 半年も女遊びをしてねぇんだぞ、この俺が…⤴。
 凄いと思わねぇか?
 もう、優紀だけだ‼
 こんな俺じゃあ、ダメか?」
「………」


いい加減、何か言えよ、優紀‼


「なぁ~、何か言ってくれよ‼
 不安に成るだろ?」


やっと、優紀が応えてくれた。


「先ずは、事務所を通してからでも良いですか?」
「分かった。
 それで行こ‼
 それから、もう一度、話し合いをしよう‼」


やっと、事務所に通す事にOKを貰えた。


やっと、此処からだぜ‼
諦めねぇ、ぜってぇに‼





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。